静かな心で

天使の知恵とか チャネラーのひとり言とか


テーマ:

介護の仕事をしていると、認知症の利用者さんのお世話をする機会があります。

もともと俺は理性で物事を判断する傾向が強いため、理性的でない人達(子供や感情的な人、認知症の方々など)が苦手でした。

 

だって、話が通用しないんだもん(´ε`;)ウーン…

 

認知症の方とのコミュニケーションはとても難しく、例えば爪を切ろうとしてあげても、猛烈に泣き叫んで拒絶するような場面もあります。

正しさとか理屈とか関係ない。ただ相手が受け入れてくれるかどうかが基準になる時があるんです。

 

ですから、俺がこのお仕事に就いた時も、すごく葛藤がありました。(x_x;)

理性で話し合ったり、本人の意識改革のお手伝いは得意だけど、ありのままの相手をただ受け止めることがこんなにも難しいとは・・・。

スピリチュアルでは『慈悲』という言葉に該当するのかもしれませんが、それを実践するのは本当に本当に難しいんですガクリ

 

 

先輩方に話を聞くと、そういう認知症の利用者さん達を「かわいいラブラブ」と言います。

俺にはそれが理解できないでいました( ̄_ ̄ i)??

 

でも、介護の仕事を続けていき、認知症の方々との付き合いが続く中で、彼ら(彼女ら)の感情の素直さが見えてきたんです虫めがね∑(゚Д゚)

 

彼ら(彼女ら)は、怒る時は凄まじい目をします。

目は心をダイレクトに表現する器官でもあります。

怒った認知症の方の目からは・・・

「てめぇ、殺すぞ!ケツの穴から手ツッコんで、奥歯ガタガタ言わしたろか!」ヾ(。`Д´。)ノムカムカ

 

という気迫を感じます。

これほど純粋な殺意を感じたことはなく、俺はその時、恐怖で立ちすくみましたよ(((( ;°Д°))))

 

でも逆の場面もあります。

何がきっかけかはわからないんですが、急に菩薩様のような笑顔の時もあるし、赤ちゃんのような笑顔の時もあるんです。

人生の中で、『純粋な笑顔ってのは、美しいもんだな』と思ったのは初めてでした。

 

 

人間社会で生きる上では、理性や知性、秩序は必要不可欠です。

だけど、その理性に覆われて見えなくなってしまう『感情の美しさ』があると、日々感じます。

例えその感情が、怒りや悲しみのようなものであったとしても、その感情にこそ『その人の個性』が反映されるからです。

その感情の美しさを表現できるのが『芸術』かもしれませんね。

 

 

俺はずっと、感情があるから人生は苦しいんだと考えていました。

まぁ、ヤバイ機械系の悪役的な考え方ですね(苦笑)

 

でも今は、感情も悪くないって思えます。

それを教えてくれた認知症の利用者さん達に感謝しながら、日々お世話をさせていただきたい(‐^▽^‐)

 

それでも、腹立つことはたくさんありますがね~(^▽^;)

 

ベルお悩み相談などのセッションを受付ています(^~^)

 

・遠方の方、一つの問題を深く知りたい方は ⇒ メールセッション手紙

・自分らしさを探している方、たくさん話したい方は ⇒ 輝弓(キボウ)セッション星

・気付きと癒しの両方が欲しい方は ⇒ Terraさんとのコラボセッションクローバー

 

次元 読んでいただき、ありがとうございました☆-( ^-゚)v

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

シフォンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。