JA11Vの修理入庫です

 

ターボ車なので いろいろなところが心配。

 

 

エンジンヘッドが降りた状態です

オーバーヒートですので水廻りは慎重に確認

 

ウォーターポンプからも漏れてました

 

ラジエーターのフルリビルトの必要あります

武富ラジエーターへ持ち込みです

 

恐らく詰りからのヒートだと思います

ここからヒートが拡大したもよう

 

ガスケット剥がした直後

ガスケット抜けはシールリングギリギリまで迫ってます

危ないところでした

 

アウトレットパイプ周囲もかなりヤバイ

ホースが膨らみ

冷却水が滲んだ痕が 怖い~

 

ヘッド内部はスラッジ大量

ヒートするとこんなに固まってくるんです

 

 

部品発注準備

大量のホースが必要ですが

ホース部品の価格はそんなに高くないです 驚くほどリーズナブル。

 

アウトレットからホース外し開始

ブロック側フランジはまだ大丈夫そうなので再使用候補

見た目はやばそうですが

溜まった汚れが落ちたら これはまだ使えた

 

ラジエーター側のスチール製アウトレット・パイプの方が交換必要でした

 

各部のホースの部品確認をして発注

 

ヒーターホースやバイパスホースなど似たようなホースが山ほど

 

キレイになったヘッド内部の画像撮り忘れです

タペットカバーの外部と内部洗浄できれいになってます

 

ラジエーター等のホースは長さを合わせて切断し取り付ける仕様です

かなり余裕の長さがありますが

あまり長くても 他の部位に接触したり捻じれたりしてれば

後で擦れ等で漏れに繋がるので 余裕持たせて切り合わせをしてます

 

フルリビルトのラジエーターも撮り忘れです

気づけば ヘッドの組付けも完成してた

 

新品のグリルの取付後です

 

テカっているラジエーター装着後の姿が唯一の交換済み写真

 

エンジン始動も楽になった感じで 回ってくれます

ヒート気味で狂ってたであろう

初期設定は暖機中にある程度の自動修正をしてくれます

アイドリングが正常安定するまで

アイドルスクリュウーは弄らず待機

 

その後 データを見ながらアイドルと点火タイミングを合わせて完了です。