またまた中断の日光レポートです。

紅葉シーズンも終わってしまった今更ですが、もう少しおつき合いくださいね。



今日ご紹介する輪王寺大猷院(りんのうじたいゆういん)には3代将軍・徳川家光が祀られています。


家康を祀る東照宮が今のような絢爛豪華な社殿となったのは、家康を尊敬する孫の家光が大造替を行ったからなのですが、死後も尊敬する祖父のそばに仕えたい、という家光の願いで東照宮のそばに墓所があるそうなんですよ。



木の実とポーセラーツな日々 


大猷院は東照宮ほど見学者が多くないので、落ち着いて見学でき、私的にはお勧めです。

規模は東照宮より小さいですが、細かい彫刻などの細工は東照宮にもひけをとりません。



木の実とポーセラーツな日々 


最初にくぐる仁王門。

左右に金剛力士像が立っています。



木の実とポーセラーツな日々 


日光山内最大の門と言われる二天門。

表には持国天、広目天が、裏には風神、雷神が立っています。


形も細工も陽明門に似ています。



先を進むと夜叉門があるのですが、私は夜叉門のある風景が日光山内の中で一番好きです。


木の実とポーセラーツな日々 


緑・白・赤・青、4体の夜叉が立つきらびやかな門です。



木の実とポーセラーツな日々 


この燈籠の感じもいいんですよね。



木の実とポーセラーツな日々 

本殿も細かい細工です。


大猷院が落ち着いて見えるのは、社殿に黒が多いせいかもしれません。

黒に金、赤、緑が映えます。


拝殿で説明を聞きました。

天井一面にある狩野派が金をたっぷり使って描いた龍の絵が圧巻です。

拝殿では、現在家光像が公開されています。


残念ながら家光の墓所は非公開です。



木の実とポーセラーツな日々 


大猷院の黒、なかなかいい感じでした。



最後に、二荒山(ふたらさん)神社をご紹介したいと思いますが、時間がなく、ゆっくり見られませんでした。

写真が少なくてすみません。


木の実とポーセラーツな日々 



境内にはご神木や霊泉もあり、日光のパワースポットです。


我が家に必要なのはこれかな~ダウン


木の実とポーセラーツな日々 



1本の杉なんですが、2本の木となってまっすぐ伸びています。

一応、喧嘩が減りますように・・・とお願いしました。

今のところご利益なしですにひひ



次回は、番外編でしょうか。