パラオ滞在記(概要) | ふるかわ日出男ブログ
2006-02-09 15:39:33

パラオ滞在記(概要)

テーマ:プロジェクトP

2月4日(土) 名古屋中部国際空港 21:20離陸

         JAL8855


2月5日(日) パラオ国際空港     1:50到着

 PALAU PACFIC RESORTホテルへ移動ホテル到着後就寝。午前中はゆっくりの予定であったが気が逸り, 午後も早めにオプショナルツアーに出かける。

 

☆ ロングビーチ&ジャーマンチャネル&ミルキーウェイ

(海底に堆積している石灰岩他のゲル状化したもので顔面を含む全身をパックする。)

☆ シュノーケリングにて海中散策ー熱帯魚観察 (ライフジャケット着用)


2月6日(月) ジェリーフィッシュレイクツアー

 

☆ロックアイランドツアーとジェリーフィッシュレイク(くらげの湖)(シュノーケル・ライフジャケット着用)

(刺さないピンク色のくらげが乱舞する様は必見の価値あり)


2月7日(火) シーカヤックツアー

 

☆パラオの自然を満喫。マングローブの林をカヤックにて散策。

 ☆洞窟探検ー旧日本軍大里部隊が洞窟の洞穴にて「塩」を作り、 日本軍部隊に供給していた箇所

 ☆石貨ーヤップが石の貨幣を切り出した箇所


2月8日(水) パラオ大統領表敬訪問

 

☆TOMMY E、REMENGESAU,JR PRESIDENTと友好的な 会見が出来ました・

 ☆小室直義富士宮市長の親書、富士山の絵葉書・富士宮市の観光ガイドを渡し 、大変に喜んで頂いた。

 ☆消防自動車の話題になり、私たちが富士宮市民の協力で送った消防自動車が 大活躍していると改めて感謝の意が述べられた。

 ☆パラオ農産業開発株式会社(小松氏)訪問。有機無農薬にて栽培していることに感銘しました。


2月9日(木) パラオ国際空港      3:40 離陸 帰国の途

          名古屋中部国際空港   7:37到着

コメント

《今、浦島太郎の様な楽しい旅であった。旧日本軍の影響が残り、ODA、ジャイカ等々の援助関係の深い親日的な国に再度の訪問を期したい。と思う》


f-hideoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス