1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-06-15 19:22:48

ケイタイ料金の滞納で「人格否定!?」

テーマ:不動産取引でトラブルにあわない方法

ワタシなんぞは いまだにガラケーですし


機種変のとき 店員さんから


「どのような機種がよろしいでしょうか?」 なんて尋ねられても


「タダになるヤツでえぇワ」


などと「機械おんち」であることがバレないように


ジジイまるだしの ぞんざいな返答をしております




・・・というふうに 端末にお金をかけないので


月々の支払いは あくまで「通信料」のみ




しかしながら


昨今 端末が高額になってからは 端末購入代を分割払いにし


毎月の通信料とあわせて 支払っている方も少なくないようです




ところが


この「端末代金の分割払い」というのが


いわゆる「クレジット契約」扱いになっていることを


知らない方も多いようで


「電話代の支払いがチョット期日を過ぎちゃった♪」な~んて


軽い気持ちで遅延を繰り返すってパターンも多いようです




でも それ


クレジットの支払いを期日内にできていない


ってことで


信用情報機関の情報上


借りたモノをちゃんと返さない だらしないヒト


として登録されちゃってます




その「滞納扱い」のせいで


「クレジットカードが作れない」 とか


ワレワレ不動産業界にとって深刻な問題である


「住宅ローンが承認されない」 ってことと直結しています




ローンの審査が通らなかった本人は


「車のローンやカードの支払いなんて忘れたことないのに…」


と、思い当たる原因がないようですが


まさか 電話代等の通信料の遅れが


クレジットの滞納として登録されているとは…


あとから ビックリするやら悔やまれるやら




・・・そんなコトご存知の方も多いでしょうけど


ここへきて 「その問題」が顕在化


政府広報でも注意を呼びかけています ←クリック




その政府広報にもありますが


一度 信用情報に「キズ」がつくと


5年くらいは


ローンが組めなかったり カードが作れなかったり・・・




長い時間をかけてマイホームを探し続け


ようやく 気に入った物件と出会い


年収や購入金額から考えると


楽々承認されるはずの住宅ローンが否決されたときなんて


まるで人格を否定されたようなショックを感じる方も・・・


しかも


その原因が「電話代の支払い遅れ」だったなんてことになると


家計(諸々の支払い)を預かっているのが


ご夫婦の一方だったりする場合 もう一方からは


「オマエのせいとちゃうんか!」


なんてことにもなりかねず


マイホーム探しが一転 家庭内のモメゴトにまで発展










・・・というワケで


現在マイホーム探しの真最中ってご家庭は


電話代の支払いに遅れがないか 要チェック!ですぞ






















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-07 19:13:40

スマホで家探しする人はダマされやすい!?

テーマ:不動産取引でトラブルにあわない方法

インターネットが市民権を得てから随分な年月が経ちました


昔のように 実際に事務所や店舗を構えない


ネット上に構えたショップでお買い物なんてことにも


今や 何の抵抗感もありません




ただし その結果


身に覚えのない サイト利用料や


わけのわからない登録料を 不当に請求される


なんて詐欺事件も横行しました




そして ここ数年


そうした ネット市場に更なる変革をもたらせたのが


スマホやタブレットという「持ち出し可能なネットツール」です




今まで「 固定された場所」にあるPCによって構築されてきた


「ネット上のショップ」は


「行けばソコにあるお店」ではないものの


固定されたPCからの発信であったため


いわば 店舗にかかるコストを大幅に削減できる というだけ


消費者からの「信頼」は


「ネット」というツールに対する


「慣れ・不慣れ」に負う部分が大きかったと言えるでしょう




しかしながら


その「ツール」が屋外に持ち出され


固定された所在を必要としなくなったことによって


利用者(消費者)に対し 大きなリスクを負わせることになりました




というのも 長きにわたって


ネット上の事務所や店舗の存在に慣れ親しんだ消費者が


ネット内での様々な取引を 無防備に信頼するようになり


その発信元が実在しないかもしれない


というリスクを理解するに(未だ)至っていないのです




われわれ不動産業界においても


メールによって お客様との商談を重ねる


なんてことは アタリマエにはなってきましたが


それは あくまで


所在が明確な アドレスやURLを前提にしています




ゆえに 免許を持つ業者やその代表者の目を盗んで


一営業マンが勝手な商談を行うなんてことは不可能でした




ところが 昨今は


スマホ、タブレット、LINE等の影響で


悪意を持つ営業マンが


(ひどいときは 勤務実態のない偽名の営業マンまでいます)


最初から最後まで 自身のスマホだけで商談を繰返し


消費者をダマしきる という事案が顕著に




さらに問題なのは


チョットした資料のやりとりまで


会社のファックスやPCを介さずできてしまうという事実


これでは 組織のチェック機能が全く働きません




・・・というように


「持ち出しできるネットツール」はトラブルの温床になりつつあります


貴方もネット上の情報を信じすぎてはいませんか?


しかも スマホに依存しすぎてはいませんか?


もし まさに今 スマホで不動産探しなんかやっちゃってる貴方


そんな貴方に トラブルを避ける方法をお教えします・・・




必ず 何度かは「存在するはずの業者のオフィス」で


「存在するはずの営業マン」と会ってください


または 担当者との連絡を


LINEや担当個人のアドレス(携帯電話も含む)だけでなく


会社のアドレスやHP上の問合せメールでも行ってみてください


さらに お金の支払いは


原則 事務所で行うようにすること


(当然 社印入りの領収証や預り証と交換に)




・・・こういったアナログなリスク回避とセットで利用することによって


最新のツールによる生活は便利で楽しいモノになるのです


・・・今のところはネ






そして 最後に


ワタシは いまだに コイツです


 ↓


 ↓


 ↓















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-09-15 18:39:06

不動産業者に対する「法定研修」って何?

テーマ:不動産取引でトラブルにあわない方法

明日 16日(火)は


不動産協会による 「法定研修会」 があります




同業者の方から


「(法定研修って)行かんなあかんの?」


と 訊かれることも しばしば・・・




で、この 「法定研修会」 なんですが


「行かんなあかんの」 って以前に


ちゃんと 「宅地建物取引業法(以下 『業法』と省略」 に


規定されているんです


だから 『法』 に 『定』 められた 『研修会』


って書いてあるでしょ




以前にも 書いたことがあるかもしれませんが


われわれ 不動産業者が その事業を行なう場合


「法務局に(1000万円を)供託する」 か


「いずれかの (宅地建物取引業)保証協会に


分担金を納め 同協会の社員になる」 か


どちらかです




「保証協会に納める分担金」 は


「1000万円」 より はるかに少額なので


多くの不動産業者は 「保証協会」 に所属しています


ちなみに 当方が所属する保証協会は


公益社団法人 不動産保証協会 といいます






さて


業法 第64条の3には 「保証協会」の業務が規定されています


①社員が取り扱った取引に関する苦情の解決


ワタシが 月に1回くらい 出席している


「苦情解決」業務がこれにあたります


②取引主任者その他 従事するものに対する研修


この部分が 「法定研修」にあたります


(業法の内容に関しては以降を省略・・・)




前述の 「研修」 は


業法で 「保証協会」に対し義務付けられた業務であり


所属する不動産業者に対し


受講を義務付ける 「文面」にはなっていません




しかしながら


(協会が)業法で義務付けられた業務を遂行しようとすれば


運用上 所属する不動産業者にとっても


すなわち (研修を受講することは)義務である


と解釈するのが当然であり


「行かんなあかん!」ものとなります




正直 ワタシ自身も


「取引主任者」 の資格試験(平成4年頃)以来


わざわざ 業法全体を読み返すことなんてありませんが


苦情解決業務のかねあいで


ところどころを 再確認する機会があり


その折々に


「へぇ そうなんや・・・」 感心しております




そんな のんきなコト言うてて どうすんねん


って感じですが


少なくとも 法定研修には 必ず出席しています




ちなみに 明日の研修内容は


1.成年後見制度と財産処分について と


2.高齢者等円滑入居のためのアドバイス だそうです




演題を読んだだけでも あくびが出そうになりますが(失礼!)


そういうワケなので 行ってまいります


















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。