突然ですが、皆さんは薬の神様が誰だかご存知でしょうか?

今日、職場のスタッフに聞いてみましたが、だれも知りませんでした(神様ごめんなさい汗)

 

なぜ、このタイミングで薬の神様の話をしているかというと

 

10/17~10/23の期間は

 

「薬と健康の週間」

 

といって医薬品を正しく使用することの大切さ、そのために薬剤師が果たす役割の大切さを一人でも多くの方に知ってもらうために、ポスターなどを用いて積極的な啓発活動を行う週間です。

 

で、なぜ10/17からなのかというとその日は

 

「薬祖神祭の日」

 

といって医薬の神様を祭っている薬祖神社で祭典が行われる日なのだそうです。

 

その薬祖神社に祭られている神様が

 

「大己貴命(おおなむじのみこと)」

 

「少彦名命(すくなひこなのみこと)」

 

の2人なのだそうです。

 

あまり聞いたことない名前だと思いますよね?

 

大己貴命は別の名前を「大国主命」ともいい、「因幡の白兎」のお話で登場する神様なのです。(ほかにも名前は多数ある。)

 

また、七福神の1人でもある「大黒天」と同一であるともいわれています。(神仏習合による)

 

ここまで来れば少しは聞いたことあるかもしれませんね。

 

一方、少彦名命ですが、大国主命のパートナーとなって国つくりをおこなったとされています。

 

その2人と医療はどう関係あるの?というと

 

大国主命は「因幡の白兎」のお話の中で傷ついた白兎に「真水で体を洗い、蒲黄(かまのはな)を敷いて、そこに寝転びなさい。」と諭しました。

 

それが正しい治療法であるということから、医療の神様という性格を得たといわれています。

 

また、少彦名命が突然の病に苦しんだときに、大国主命は大分の「速水の湯」を道後へと導き、手のひらに温泉を作り少彦名命をそこへ浸して湯あみさせ温めました。すると少彦名命はたちまち元気をとりもどし、立ち上がりました。というエピソードがあり、少彦名命も医療の神として知られるようになったのだそうです。

 

いかかでしたか?

 

意外と知らないことも多かったと思います。(私もこうやって調べて初めて知りました)

 

薬と健康について考えたときに、「薬の神様」という存在がある。

 

ということも知ってもらえたら幸いです。

 

多少引用などで間違えている部分もあるかと思いますが、ご容赦ください。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

参考

厚生労働省リンクhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000177928_00003.html

東京薬事協会さま http://www.yakujikyo.or.jp/festival/history.html

やおよろず 大国主命https://yaoyoro.net/%E5%B0%91%E5%BD%A6%E5%90%8D%E5%91%BD.html

少彦名命

https://yaoyoro.net/%E5%B0%91%E5%BD%A6%E5%90%8D%E5%91%BD.html

 

 

原点

テーマ:

 最近、薬剤師さんがブログやSNSを通して情報発信をすることが増えている(私もそうですが^_^)。

 そんな中、自分はなぜブログを通して情報を発信するのか?という問題提起をいただきました。

 改めて考えると「なんでだろう?」と思うわけですが(笑)このブログを始めた時の気持ちに戻って考えてみることにしました。

 

 そもそも自分は何をやっても長続きしない性格で、ブログなんてもってのほか。という感じでした。

 

 そんな自分が情報発信するきっかけになったのがスポーツファーマシストの取得でした。せっかく資格を取ったのだから、アスリートに有益な情報を発信したほうがいいと考えたんですね〜。当時の自分。

 

 結果長続きせず、スタミナ切れ。ネタ切れ。やっぱりブログって難しい…。

 

 そこで、考え方をガラッと変えることにしました。要するに、

 

「誰かのためにではなく、自分のため➕α」の方が続けやすいのかな?と。

 

ここでの➕αというのは、育児や家庭の事情で研修会にどうしても出られないような薬剤師も周りに多く、そんな人たちがふらっと見て何か得られればいいかなぁ?というニュアンスですね。

 

まずは自分のために、研修会で学んだことを備忘録も兼ねてブログに書く。アウトプットを前提にしているのだから、メモの取り方ひとつ取っても相手(この場合は目の前の患者さんも含めて)にわかりやすくというのを意識することになるので自分にとってスキルアップになる。

 

そして、自分が得た知識を共有したい人にブログの存在を知ってもらう。

 

「こないだの研修会、こんな感じだったよ」とか

「仲良しの薬剤師さん集めてこれについてディスカッションしようよ」

など、学びの場を増やす効果もブログは持っているのかもしれないと最近思うようになりました。

 

この記事を読んでいるみなさんの中には、#立てよ薬剤師 の記事を書いている他の薬剤師さんのブログを見てきた方もいらっしゃると思います。自分に合う発信方法を見つけて、一人でも多くの薬剤師さんがブログやSNSを使って情報発信することができるよう、私自身も発信し続けたいと思います。

 

薬剤師の未来に幸あれ

 

まとめ

 

1 研修会などで得た知識を備忘録も兼ねてブログに書く。その際、誰かが見ることも想定すると自然とわかりやすい表現に修正するスキルが身について、患者さん応対にも活かされる。

 

2 家事や育児で研修会に出たくても出られない薬剤師さんが周りにいたら、そのブログを共有することで職場全体のスキルアップが図れる。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

程々の薬剤師

 

9月に入ってだいぶ涼しくなってきましたね♪

 

さて、お盆休みがあったり忙しかったので延期していた薬剤師の自習室をやりたいと思います。

 

今回は論文抄読会もかねて、

 

「1次予防と2次予防ではアドヒアランスはどう変化するの?」

 

というテーマにしたいと思います。

 

お題論文はこちら

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmedhealth/PMH0049434/

 

メタ分析を10分で吟味するチエックシートはこちら

https://s413a98d5aeab440a.jimcontent.com/download/version/1508845546/module/9096274665/name/%E3%83%A1%E3%82%BF%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%AE%E8%AB%96%E6%96%87%E3%82%9210%E5%88%86%E3%81%A7%E8%AA%AD%E3%82%80%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88.png

 

 

シナリオ

 

あなたは、とある薬局の薬剤師さんです。

いつものように患者さんと楽しく会話していると、

「どうしても夕食後が飲み忘れるんだよね〜。これって予防のための薬でしょ?痛くもかゆくもないからさ。」

と。次回残薬を持ってくるように伝えながら患者さんを送り出したあとでふと疑問が。

 

実際にイベントを起こした人と、起こす前の人では、アドヒアランスって変わるのかなぁ?

 

ちょうど先日、ある勉強会で講師の先生が言っていた論文を思い出し、早速調べて見ることにしました。

 

さて、この薬剤師さんは疑問を解決することができるのか?

 

日時 平成30年 9月27日(木) 19時

 

場所 ビッグルーフ滝沢 小会議室1 〒020-0665 岩手県滝沢市下鵜飼1番地15

 

飲食は自由です。

 

各自、論文をダウンロードしておいて予習してみてもいいと思いますが、忙しい方は当日タブレットかパソコンを持参すると

便利です。

 

医学論文に興味がある方なら誰でもOKです。見学だけでもいいですよ。

 

それでは当日お会いしましょう。

 

お付き合いいただきありがとうございます。