ふたえノリで二重を作った後にアイシャドウを塗ろうとすると上手くできなくて困る。こんな経験したことがある方も多いのでは。

 

アイシャドウをキレイにのせるコツがあるんです。

今回はその方法をご紹介します。

 

|アイシャドウをのせるタイミング

 

アイシャドウをつけるのは、ふたえを作った後。

 

以前の記事でもご紹介しましたが、

ふたえノリの部分には出来るだけ触れないようにするのが大事なポイントです。

 

メイクをするとふたえノリをつけたところがよれちゃう。ちょっとしたコツで解決できる!?

ふたえノリ「失敗あるある」を避けるには。

 

 

|ふたえノリと相性の良いアイシャドウ

 

腕にふたえノリを塗ってから、

パール多め・パール少なめ・マット(パールなし)を重ねてみました。

 

          使ったふたえノリ:mezaik petit Futae LIAQUID          

 

画像だと少し分かり難いのですが、肉眼で見た時にノリ有りと無しで、

見え方が一番変わらないのはパール少なめという結果に。

 

パール多めもあまり変わらないように見えますが、パールのテカリが目立ちます。

 

今回使ったのはパウダータイプのアイシャドウ。

クリーム系よりパウダータイプの方がふたえノリとの相性は良いです。

 

|アイシャドウを楽しんで♡

 

コツさえマスターすれば、ふたえノリの後もアイシャドウをキレイに塗れます。

二重メイクはメイクの幅が広がるのが素敵なところ。

 

ぜひアイシャドウも楽しんでくださいね♪

 

どんなふたえノリ(ふたえアイテム)が自分に合うかわからない。

そんな人は、目のタイプ診断を受けてみましょう。

 

          目のタイプ診断