ふせ目も美しいふたえライン。

メザイクのファイバー材で崩れずキレイなふたえに仕上げるコツをご紹介します。

 

1.自然なふたえラインを探す

 

まずは、「作りやすいふたえライン」を探しましょう。

 

理想のふたえラインとは異なるとしても、

「作りやすいふたえライン」は、(他人から見たら)「自然なふたえライン」であることが殆どです。

 

まずは、「自然なふたえライン」でふたえを作ることに慣れてから、

理想のふたえラインを目指すのがオススメです。千里の道も一歩から★です。

 

メザイクに付属のハートピンを黒目よりも目尻側にあて

1箇所で、まぶた全体にスッとふたえラインが入る位置を探しましょう。

 

 

2.メイクの上からふたえを作るときはmezaik Fixを使う

 

アイシャドウを完成させてからふたえを作りたい方も多いかと思います。

そんなときは、mezaik fiver材専用下地剤 mezaik Fixが便利♪

 

mezaik Fix

 

mezaik Fix 公式HP

 

メイクをコートして、ファイバー材の接着も補強してくれるので

夜までふたえが崩れない!

 

しかも、ファイバーのハシがはがれてきた時もmezaik Fixを塗って

軽く指で押さえれば、粘着が復活しちゃうという便利なグッズ。

 

メイク直し用にポーチに入れておくと心強いアイテムです♡

 

3.ファイバーはピンと張って貼る

 

メザイクのファイバーは、まぶたの上で伸びて縮むことで、

立体的なふたえを作ります。

 

なので、ファイバー材がピンと張った状態でまぶたに貼ることが必須。

ゆるまった状態で貼ると、縮むことができず、ふたえを作るのが難しくなります。

必ずピンと張った状態でまぶたにあててくださいね。

 

ファイバー材をまぶたに押し付けた後、目を開き、

視線を上にあげて5秒ほど待ってからファイバー材を離すと、より目にしっかりくい込みますよ。

 

mezaik Free fiver 公式HP

mezaik Mix お試しセット 公式HP

 

4.カットするときはmezaik Clip cutterが便利

 

ファイバー材をカットするのにハサミは不要。

専用のメザイク クリップカッターを使用すると簡単です。

 

 

こんな感じで、切りたい場所にクリップカッターをあてて、ファイバーを動かしてカットします。

 

418円(税込)という手に取りやすい金額なので、ファイバーを切るのが苦手という方は

ぜひ試してみてください^^。

 

mezaik Clip cutter  公式HP

 

5.コツをつかむとメイクが楽しく♪

 
ふたえの仕上がりは、コツをつかむだけで格段に変わります。
 
自由にふたえを作れるようになると、メイクの幅が広がって
これまで試さなかったカラーも楽しめるようになったり♡
 
メザイクで行っている無料講習会で、
ふたえを作るコツをお伝えして、最初から完璧なふたえを作れる人もいれば、
何度も練習しないといけない人も。
 
それでも練習し続けると、みなさん最後には格段にふたえの仕上がりが
キレイになって帰られます。
諦めずに練習あるのみ!です。キレイなふたえを手にいれるためにファイトッ!です^^。
 

メザイク 無料講習会