アイテープふたえさんが気をつけるアイメイクポイント。 | mezaik

mezaik

目の印象を変える二重形成品を中心としたアイメイク品を開発販売しています。
自分好みの顔に見せるメイクのコツや使い方のコツなど、「キレイ」のお手伝いをする情報を発信中です。

 

せっかくふたえ形成品を使ってパッチリふたえを作ったのに、

「ノリやテープが目立っちゃう(><)」

「ふたえが崩れてきたっ!」

なんて事があると、ちょっと憂鬱になっちゃいますよね。

 

そこで今回はテープで作ったふたえに合うアイメイク方法をご紹介します!

使ったふたえテープはmezaik petit Tape3.5。

 

|アイシャドウでふたえラインを強調する。

 

画像のモデルさんのように、重ため一重さんがテープでふたえを作ると、

まぶたのお肉がちょっぷりプクッと出ちゃうことがあります。

 

そんなときは、ふたえ幅にアイシャドウの濃い色を入れて、

ふたえの形を整えてあげましょう。

 

 

step1.ふたえ幅に濃い色を入れる

step2.テープ上に中間色を入れる。

atep3.アイホールに明かるい色を入れる。

 

テープ上にのせる中間色だけ細かいラメ入のものいすると、

よりふたえが強調されて見えますよ♡

 

注意するポイント。

ふたえラインは極力触れない!

テープの上にのせるアイシャドウは1度塗りがベスト。

テープには粘着剤がついている分アイシャドウがつきやすく、

はがれの原因にもなるので、何度も触れないよう気をつけてくださいね。

 

ファイバーノリでふたえにした時も、

同様の理由で何度も触れるのはNGです★

 

|アイラインは細く入れる

 

アイラインはまつ毛の根元を埋めるように細く入れ、

目尻を少し長めに描きます。

 

アイラインを太く入れると目を開けたときに、

描いたアイラインが見えてしまい、せっかく作ったふたえラインを狭めることに。

 

|まつ毛をしっかり上げてパッチリeyeに。

 

ビューラーでしっかりまつ毛をあげて、

マスカラを丁寧に塗りましょう。

 

ふたえラインにカールされたまつ毛がかかるようにすることで、

ふたラインがさらに強調され、パッチリeyeに見えますよ♡

 

|どんどん進化するふたえアイテム。

メザイクやふたえノリでふたえを作ると、

アイシャドウが盛れなかったり、ハガレやすかったりしたのは過去の話。

 

今はアイシャドウの上からメザイクを貼れる下地材mezaik Fixや、

粘着剤と相性の良いマット系アイシャドウなど、

ふたえメイクを自由に楽しめる商品が次々に登場しています。

 

ご自身の好みに合う商品を見つけて、さらに可愛くなってくださいね♡