アイラインが太すぎたり、アイシャドウが腫れぼったくなったり。

一重さんはアイメイクに苦労しがち。かわいい目にしたい、という願いはかなわないのでしょうか。

いえいえ、目をかわいく見せるポイントがあるんです。

 

mezaikを使って二重をつくりアイメイクを楽しむ方法も♡

 

 

| 一重をいかすアイラインの長さ太さは?

 

ついつい太くひきがちなアイライン。

一重さんがアイラインを太くすると、逆に目が小さく見えちゃうマイナス効果が(><)。

アイラインは目尻にだけ、ほんの少し足すのが正解!

まつ毛の生え際から延長上に3ミリを目安にアイラインを足して。

目幅を大きくみせてくれます^^。

 

 

| アイシャドウはどう入れる?

 

一重さんのグラデーション幅は、二重さんよりも狭め。

aのまつ毛の生え際に濃い色をアイライン替わりに細く入れ軽くぼかします。

bに中間色を入れ目を開けたとき少し見えるようにします。

ここを広く入れてしまうと、目が腫れぼったく見えるので気を付けてくださいね。

cにはハイライトをのせて、グラデーションを自然になじませて。
 

| 忘れちゃいけないのが下まぶたメイク♡

 

dの涙袋にハイライトをのせて上下のバランスをとります。

目に抜け感を残したいので、アイラインはあえて入れないのがポイントです♡

 

| 一重をメザイクで二重にアレンジ!

 

一重メイクだけでなく、二重メイクも楽しみたい!

そんな時はメザイクを使って二重にしちゃう方法も♡

今回使ったのはmezaik petit tape3.5

ファイバーやノリでは二重にならない重ため一重さんにおすすめしたいアイテムです。

両面強粘着の幅広テープで、自分好みの太さに伸ばして使えるところが便利です♪

 

| mezaik petit tape3.5の仕上がりは?

 

画像のモデルさんは以前ふたえノリを使ったことがあるそうですが、

まぶたが戻ってきてしまい、ふたえにならず諦めたそう。

 

そこで今回はメザイクプティ テープ3.5を短めに伸ばし、ふたえを作ってみました!

貼り付けた直後は、ふたえラインが浅く、まぶたが戻ってきてましたが、

時間が経つごとに徐々にくい込んで、しっかりふたえになりました!



| 一重メイクもふたえメイクも楽しもう♡

 

mezaikシリーズのテープがファイバーは、

時間が経つほどに、まぶたにくい込み自然なふたえを作ってくれるのも嬉しいところ。

崩れないふたえを作るポイントさえ押さえれば、夜までキレイなふたえをキープできますよ♡

 

アイテープふたえさんが気をつけるアイメイクポイント。

崩れないふたえを作るポイント。