クッキリ深いふたえに見せるテクニック。 | mezaik

mezaik

目の印象を変える二重形成品を中心としたアイメイク品を開発販売しています。
自分好みの顔に見せるメイクのコツや使い方のコツなど、「キレイ」のお手伝いをする情報を発信中です。

 

ふたえラインが深くクッキリ見えると、

目元全体が立体的な印象に見えてきます。

 

mezaikのファイバー材でふたえを作ると、

自然に立体的で深いふたえラインができますが、

のりタイプの二重形成剤を使うと、

少しのっぺりしたふたえラインになりがち。。。

 

そこで、のりタイプ作ったふたえラインを

深くクッキリ見せるワンプラステクニックをご紹介します^^。

 

 

1.ふたえ線を描く。

やり方は簡単。

つくりたいふたえラインをラインシャドー1/4で描くだけ。

カーキブラウンのアイライナーやアイブロウライナーでも代用できます^^。

 

2.ふたえのりを塗る。

ラインシャドー1/4で描いたふたえラインを中心に、

上下2ミリ程度にふたえのりを塗ります。

 

 

3.ふたえを作る。

まぶたを貼り合わせてふたえを作ります。

 

4.クッキリ深いふたえラインの完成。

すると、先ほど描いた線が

ふたえの影に見えるので、クッキリした深いふたえラインに見えます^^。

 

簡単ですが、意外と効果的なテクニックです。

良かったら試してみてくださいね^^。

 

今回使ったふたえのりはmezaik Milky soft

失敗してもやり直せるので、ふたえづくりが初めての方にもトライしやすいかも?

薄付きでキレイにしあげられる透明ふたえのりです^^。

 

目の印象を変えるならmezaikで♪