マスカラが落ちて、お疲れクマ顔に見えちゃう。の対策。 | mezaik

mezaik

目の印象を変える二重形成品を中心としたアイメイク品を開発販売しています。
自分好みの顔に見せるメイクのコツや使い方のコツなど、「キレイ」のお手伝いをする情報を発信中です。


テーマ:

 

目を大きく見せるのに、

マスカラは欠かせないけど、油断するとマスカラが目の下に落ちて、

お疲れクマ顔に。。。

 

ウォータープルーフタイプのマスカラを使えば、

落ちることはないけど、専用のクレンジングを使うのは面倒。

できればお湯で落ちるタイプのマスカラでメイクしたい。

 

そんな願望を持つ方にオススメしたい落ちないマスカラの塗り方です^^。

 

1.落ちやすい下まつ毛の目尻には塗らない。

黒目を大きく見せるなら、黒目の上下のマツ毛にしっかりマスカラが塗られていればok。

あえて落ちやすい目尻側には塗らない!

下全体に塗らないことで、メイクに抜け感も生まれて一石二鳥です^^。

 

2.マスカラは重ね塗りしない。

 

重ねると落ちやすくなるので、塗るのは一回。

 

ひと塗りでは長さが足りないときは、

まつ毛の根元には足さず、まつ毛の中間から上に向けて、ひと塗りプラス。

 

 

目幅を拡張したいときは、

まつ毛の上からブラシを入れて、黒目〜目尻のまつ毛を斜め下へ滑らせて。

 

重ね塗りは極力避けた方がベターです。

個人差があると思いますが、私は重ねた分、目の下に落ちます。

 

3.ホットビューラーを使う。

まつ毛が根元からカールしていると、目を閉じたとき、

目の下にまつ毛があたらず、マスカラが落ちにくくなります。

 

通常のビューラーより、ホットビューラーの方が、

まつ毛を根元からきれいにカールしてくれるのでオススメ。

 

マスカラがダマになったときは、ホットビューラーで溶かすこともできるので、

便利です^^。

 

春は出会いの季節。

お疲れクマ顔にサヨナラして、爽やかな出会いをしてください^^。

 

mezaikでパッチリした目にすることも忘れずに♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mezaikさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ