目を大きく見せる目頭切開ライン。ナチュラルにいれるには視線が鍵。 | mezaik

mezaik

目の印象を変える二重形成品を中心としたアイメイク品を開発販売しています。
自分好みの顔に見せるメイクのコツや使い方のコツなど、「キレイ」のお手伝いをする情報を発信中です。


テーマ:

 

アイラインで入れる目頭切開ライン。

目を大きく見せてくれるけど、失敗すると「メイクしてます!」感が強く出ちゃいがち。

 

盛りすぎにならない入れ方をお伝えします。

 

1.ペンシルアイライナーを使う。

 

リキッドで描く人が多いようですが、

目頭切開ラインを描くのが初めての人は、ペンシルがオススメ。

 

目頭の上下キワにペンシルでラインを入れます。

一般的には「くの字に入れる」と言われていますが、

目頭の先端部分には入れず、開けて描いてください。

 

描くときは、目尻の方を見るようにして斜めからペンシルを入れると、

自然なラインが描けます。

 

2.先端にだけリキッドアイライナーをプラス。

 

目頭の先端は、クッキリ小さく入れたいので、

色ののりやすいリキッドアイライナーを使います。

 

目頭の先端にチョンと筆を置くようなイメージで。

このときも、視線は目尻の方を見て、筆を斜めから入れます。

 

ペンシルもリキッドも、

正面から入れると強くラインが入りすぎてしまい、

不自然なラインになるので、「視線は目尻に向け、筆を斜めから入れる」のが、

目頭切開ラインをナチュラルに入れる鍵になります。

 

ナチュラルなのに、目が大きく見える目頭切開ライン。

mezaikと組み合わせて、自然なデカ目テクをマスターしてください♪

 

目元の印象を変えるならmezaikで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mezaikさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ