メイクをするとふたえノリをつけたところがよれちゃう。ちょっとしたコツで解決できる!? | mezaik

mezaik

目の印象を変える二重形成品を中心としたアイメイク品を開発販売しています。
自分好みの顔に見せるメイクのコツや使い方のコツなど、「キレイ」のお手伝いをする情報を発信中です。


テーマ:

 

 

ふたえノリを使ってから、

アイシャドウを重ねると、ノリの部分にアイシャドウが過剰について

よれて汚くなっちゃう。

 

メイクがよれていると、不潔感が出てしまって、

せっかく可愛く二重にしてメイクしても台無しに(>-<)。

 

でも、大丈夫。

ちょっとしたコツで、よれずにメイクを仕上げる方法をお伝えします!

 

1.ふたえノリを塗る。

自分が作りたいふたえラインを中心に

アーモンド型にふたえノリ(ここではmezaik petit ふたえリキッドを使います)

塗ります。

 

このとき、

まぶたを貼り合わせたい部分にだけ適量を塗るのが1つめのポイント!

 

「二重を作りやすいよう広めに塗っておこう。」なんて考えて広めに塗ると、

二重を作ったときノリ部分が外側(アイシャドウをのせる部分)に出てしまい、

ヨレの原因に。

 

同じ理由で、多めにノリを塗ると、不要なノリが貼り付き部分から外側に押し出され、

これまたヨレの原因に。

 

ノリを塗るのは1エリア1刷毛で十分。

アーモンド型に塗るなら2刷毛というところでしょうか。

 

 

2.二重を形成する。

 

ふたえノリは触れるほど、ヨレやすく、汚くなりやすいです。

 

二重を作るときは1で塗ったノリ部分に触れず、

目頭・目尻だけを押さえて二重を作るのが、2つめのポイント!

 

基本の二重形成の方法は、付属スティックで作りたい二重ラインの真ん中をおさえるやり方を

推奨していますが、自分の二重ラインの位置が分かってきたら、

このやり方に変えてみて。

 

目尻をスティック。目頭を指で押さえて、

外側にグイッと引っ張る感じで二重を作ると上手くいきやすいです^^。

 

3.アイシャドウをのせる。

 

1.2のやり方で二重を作ると、

ノリが表(アイシャドウをのせる部分)に出て来ないので

ヨレずにきれいなメイクができます。

 

自分自身の二重の位置やノリの適量を分かっていないと難しいですが、

慣れたらトライしてみてくださいね。

 

 

ふたえノリが苦手な人は、より自然なファイバータイプもオススメです^^。

目元の印象を変えるならmezaikで♪

 

mezaikさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ