奥二重さんがやりがち!? 目を小さく見せちゃうNGメイク。 | mezaik

mezaik

目の印象を変える二重形成品を中心としたアイメイク品を開発販売しています。
自分好みの顔に見せるメイクのコツや使い方のコツなど、「キレイ」のお手伝いをする情報を発信中です。


テーマ:

 

目を大きく見せたくてメイクしたのに、

なぜか目が小さく見える。。。

そんな経験ありませんか?

 

奥二重さんがやりがちなNGメイクはこれ!

 

1.アイラインが太い。

 

一重さんや奥二重さんは、アイラインは細めに入れるのが鉄則。

 

奥二重さん

太くアイラインを入れると、二重部分がつぶれてしまって、

立体感が消え、一重に見えちゃいます。

アイラインを太くいれたいときは、二重幅をmezaikで広くしてから。

アイラインで塗り潰されない二重幅があれば、太く入れても大丈夫です^^。

 

一重さん

目を開けた状態でアイラインを見せようとして太く描く人がいますが、

目を閉じたとき、不自然になるので、アイラインは細くいれて。

ほんの少しでも二重になるとアイラインが見えてくるので、

まずはmezaikで二重を作ってからメイクするといいですよ^^。

 

 

2.目頭から目尻までアイラインが同じ太さ

 

目頭から目尻まで、アイラインを一気にひくと、

同じ太さになって不自然に。

 

まぶたを指で軽く持ち上げ、まつ毛の下側から丁寧にアイラインを

まつげの隙間を埋めるようにいれると、

まつげの密集感が高まり、目元のフレームラインが自然に強化されて見えます♪

 

3.濃い黒色アイライン

 

メイクしました!感があって、ちょっと歌舞伎メイクのような^^;。

 

4.目尻ラインが短い

 

アイラインは、二重幅より少し長めに描いた方が

目が大きく見えます。

一重さんは、目幅よりほんの少し長く。

 

あまり長く伸ばしても横顔が不自然になるので、

最長5㎜程度にしておきましょう^^。

 

 

5.二重幅全部に締め色のアイシャドウをのせる

 

二重幅をうめるように、アイラインをいれたり、

締め色のアイシャドウをいれると、せっかくの二重の立体感がなくなり、

のっぺりして見えるマイナスメイクに★

 

アイラインは細めに、締め色のアイシャドウ(濃いブラウンやグレー等)は、

アイラインに重ねるように細くぼかしていれるのがオススメです。

まぶたに立体感がうまれて、ぱっちりした目元に見えますよ^^。

 

あなたはNGメイク大丈夫でした?

正しいメイクでパッチリした目元を手にいれてくださいね。

 

目の印象を自然に変えるならmezaikで♪

 

 

 

mezaikさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ