メザイク ファイバー材がはがれてきた時の直し方。 | mezaik

mezaik

目の印象を変える二重形成品を中心としたアイメイク品を開発販売しています。
自分好みの顔に見せるメイクのコツや使い方のコツなど、「キレイ」のお手伝いをする情報を発信中です。


テーマ:

メザイクファイバー材のハシが少~しはがれてしまった。

 

そんな時はメザイク フィッターでお直しできます。

 

やり方。

浮いたファイバーの上から、

ファイバーごと肌に押し当てるようにフィッターを塗ります。

 

指で押さえて10秒~30秒静止。

すると、ファイバー材の粘着力が回復して、

再びしっかり貼りつきます。

 

ただし、このやり方はファイバーがメイクでとても汚れていたり、

オイルがベッタリついていると出来ないので、

その時は、新しいファイバー材を貼りなおしてくださいね。

 

メザイク フィッターは、こんな肌質の方へ向けた下地剤です。

・まぶたが乾燥している

・まぶたが極端にオイリー

・まぶたのキメが荒れている

 

メザイク ファイバー材は、人の脂質と適度に混ざることで粘着力が強化します。

過剰な皮脂や乾燥した肌だと、貼りつきが弱くなります。

また、肌のキメが荒れていると接着面が小さくなり、はがれの原因に。

 

メザイク ファイバー材がしっかり貼りつく条件。

一番良いのは肌のキメが整い、適度な皮脂がある潤った肌状態。

 

メザイク フィッターは、肌をコートすることでキメを整え、過剰な皮脂の分泌や

乾燥を押さえる下地剤です。

メザイク フィッターそのものに粘着力はありません。

フィッター液がしっかり乾いてから、ファイバー材は貼りつけてくださいね。

 

ふたえにするならmezaikで♪

 

mezaikさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス