ふたえのりで上手にふたえを作る方法。(経験者編) | mezaik

mezaik

目の印象を変える二重形成品を中心としたアイメイク品を開発販売しています。
自分好みの顔に見せるメイクのコツや使い方のコツなど、「キレイ」のお手伝いをする情報を発信中です。


テーマ:

 

のりタイプでふたえを作るとき、

初心者さんは、ふたえラインの中心にスティックを置き、

ふたえを作ります。

 

ふたえラインの位置をまだしっかり把握していない間は、

このやり方でokですが、自分のふたえラインのベストポジションを

理解したら、別のやり方でふたえを作る方がきれいにできます。

 

mezaik petit のリキッドタイプで説明していきます!

 

ふたえラインが真ん中になるよう上下に液を塗ります。

*まつ毛の生え際から2ミリは開けるようにしてくださいね。

 

 

液が半乾きになったら、液を塗った部分に触れないよう、

目頭をスティックで押さえ、ふたえを作ります。

 

同様に、目尻側もスティックで押さえ、ふたえを作ります。

 

目頭・目尻を押さえるときは、ふたえラインの延長線上であることが必須です。

なので、ふたえラインの位置をしっかり把握していないといけません。

初心者さんには難しい所以ですね。

 

最後に、ふたえを整えます。

 

ふたえを作ったら、目を見開いた状態を5秒~10秒キープして、

しっかり接着します。

 

 

液にスティックを触れずにふたえを作ると、

よれたり、崩れたりすることが少なくなり、美しいふたえができます。

メイク映えもよくなるので、良かったらお試しください^^。

 

 

 

mezaik petit で簡単きれいなふたえ。

 

 

 

mezaikさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス