「ほぼひとえさん」のアイメイクのコツ。 | mezaik

mezaik

目の印象を変える二重形成品を中心としたアイメイク品を開発販売しています。
自分好みの顔に見せるメイクのコツや使い方のコツなど、「キレイ」のお手伝いをする情報を発信中です。


テーマ:

 

「ほぼひとえさん」は、立体的にメイクするのがポイント。

 

特に気をつけたいのはアイライナーの入れ方!

アイラインを目を開けた状態で見せようとすると、5ミリくらいの太い線になってしまい不自然に。

茶色のジェルやパウダーをまつ毛の生え際からアイホールに向かってぼかします。

濃く狭い範囲でグラデーションをつくり、アイラインのように見せるのが自然に目を大きく見せるコツ。

詳しくご紹介していきますね♪

 

○メイクポイント【茶系の立体メイク】

1.焦げ茶の濃淡でライン効果

まつ毛の生え際に焦げ茶のジェルをのせ、

目を開けた時、影がギリギリ見えるくらいまでアイホールに向かってぼかす。

 

2.ハイライトを中央に

アイライン→アイシャドウ→ハイライトの順で、

徐々にブラウン系の濃い色→薄い色へと重ねていく。

 

3.まぶたに立体感をつくる

ふたえラインが見えない場合は、

アイシャドウの色を重ねることでまぶたに立体感を与えると奥行きのある目元に。

 

○カラーを目元に足したいとき

目元にカラーを足したい時は、狭い範囲にポイントで入れるようにして。

下まぶたや目頭の上下が入れやすくてオススメ。

まぶた全体に明るい色を入れるとはれぼったく見えるので気をつけて。

 

 

 

ほぼひとえさんの魅力は、涼しげな目元。

その良さを引き出してクールビューティを楽しんでくださいね^^。

 

「クールビューティよりパッチリした目のメイクがしたい!」

そんな方には、メザイクでふたえにする「ふたえメイク」もオススメです。

次回ご紹介しますね!

 

 

ひとえ、奥ぶたえ、気になる目の形、自然にchange。mezaik

 

 

 

 

mezaikさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス