mezaik

目の印象を変える二重形成品を中心としたメイク用品を開発販売しています。
自分好みの顔に見せる、ちょっとしたメイクのコツや使い方などをお伝えしています。


テーマ:

 

同一人物の2枚の写真。

それぞれから、どういった印象を受けますか。

 

メイクは自己表現のひとつ。

「○○な私に見られたい。」そう考えてメイクするのが大事です。

 

左の写真は、知的+ナチュラルを意識したメイク。

右の写真は、少し前に流行った困ったちゃん眉とタレ目キャットラインを使うメイク。

 

大きく印象を左右しているのが眉の形です。

柔らかいアーチなのか、エッヂがあるのか、無いのか。

エッヂがあるほど、「強く(しっかり)」見えますし、

アーチになるほど、「やわらかく(優しく)」見えます。

 

エッヂも無く、アールも無い、斜めに下がった眉の写真は、

意志の無い(弱い)女性に見えますね。

 

細かく言うと、top左の写真はアイラインやふたえラインを眉の形に合わせたりと、

かなり丁寧にメイクしています。

こちらの写真は、いつものメイクに困り眉+キャットラインを取り入れただけ。

手のかけ方が違うので、仕上がりのイメージに清潔感の有無が出ています。

この辺りについては、また別の機会に。

 

 

同じ眉の形を描いても、顔立ち(彫の深さ、輪郭、年齢等)によって、

与える印象は変わります。

なので、「○○な私に見られたい」をメイクで表現しようとすると、

まずは「自分の顔をよく知る」ことが必要です。

 

個人的な感覚では、30代後半以降の女性は「内面のしっかりさ」が顔に現れる方が多く、

眉は柔らかめ+短めの方が良いように思います。色も茶色がかってる方が優しい印象です。

カーキブラウンが黄色人種の肌には合いやすく、オススメのカラーです。

 

雑誌などで、「眉の描き方」が載っていますが、それはあくまで基本形。

描いてみて、「自分の顔に合う」「自分の好きなイメージに合う」ように、

眉の角度や長さを変えてみたり、色を変えてみたり、色々試してみる。

 

そして「鏡をよく見る」これが一番大事!

 

自分の顔がどんな風に見えているのか、いろんな角度から自分の顔を見て、

「自分にとってのベスト眉」を見つけましょう。

 

「雑誌通りにメイクしたのに、何か違う」と思う方は、これが出来ていない事が多いです。

みんながモデルさんみたいに鼻筋通っているわけでも、目が大きいわけでもない。年齢も違うし。

雑誌は、肌質も丁寧に仕上げてあったり、ベースへの手のかけ方が違います。

同じ印象になるわけが無いヽ(;´Д`)ノ

 

モデル協力:ミス成蹊候補2016

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

mezaikさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。