当日11時から先生とカウンセリング。
手術の詳しい説明をしてもらい、
私と似た症例の写真を
見せてもらいました。
その後カウンセラーさんから
術後の説明を受け
支払いを済ませました。
モニター価格だったので
30万ちょっとです。
モニターじゃないと+10万程です。

このときにカウンセラーさんから
サプリなども勧められましたが
(全く強制的ではない感じで)
私は全てお断りしました。
予算がなかったと言えばそれまで。笑
ガードルは元々持っていなかったし
事前にどんな物を買えば良いかも
わからなかったので、ガードルは
クリニックで購入しました。
↑の支払いにはガードル代も
入っています。

手術は13時から!
まずTバックの紙パンツに着替え
(事前の毛の処理おすすめ!)
体はタオルで隠します。
そこから顔と脚の写真撮影。
脚も撮られるとは想像しておらず
恥ずかしかった。
その後に先生が私の顔にマジックで
線を描いたり、手術の準備をします。

そして手術台へ。
左の太ももから脂肪を取るので
そこ以外は紙で覆ったり
体全体を消毒されたり、
看護師さんが準備をしてくれました。
両腕は手首あたりでベルトで
ベッドに固定されています。
手術中に夢を見て
暴れる人もいるみたいで。

麻酔は静脈麻酔を使いました。
ぽわーとしてるけど喋れる状態で
手術中はなんかやたら
喋ってた記憶が… (恥)

太ももの脂肪をとっていた時は
なんとなくわかる状態でしたが
その後、結膜から脱脂を
している途中で感覚が戻ってきた…

まず太ももがチリチリしてきて
目のところもすごく引っ張られてる
感覚があって、それがだんだん
痛い!!に変わってきてしまい…

「今って脂肪とってますか?
痛いです…」と先生に伝え
「早いねぇ。麻酔増やそうか。」と
言われたところまでは覚えています。

その後起きたら、紙に覆われてる
右脚が横に曲がってたり
なんかやたら疲れていたり
ん??って状態でした。

どうやら私、
とっても暴れたらしい ( ;∀;)
触ってないのに痛いとも
言ってたらしい…
本当に申し訳なかったです。
ご迷惑おかけしました m(_ _)m

私が目覚めた後に、
太ももから採取した脂肪を
目の下に注入。
自分でも確認しながらの方が良いので
私が目覚めるまで
待っていてくれたようです。
先生曰く、これがすごく痛いとの
ことでしたが、私はまだ麻酔が
効いていたのか(増やした分。苦笑)
全然痛くなかったです。

暴れた時に力んでたから、
手術直後で既に腫れているので
もしかしたら今後すごく
腫れるかもしれないですと
先生から伝えられました。
ちなみにこんな感じ。


手術時間が予定よりも
30分ほど長引いてしまい
(絶対私が暴れたせい…苦笑)
終わるとロビーですでに友達が
待っていてくれました。

クリニック前でタクシーを
拾ってくれて、彼女の家へ。
眠いのもありましたが
とりあえず目を休めていたくて
家に着くまでずっと目を
つむっていました。
経験者の彼女に迎えにきてもらって
ほんっとうによかった…

術後の状態は
個人差があると思いますが、
私はあんな状態だったし、
クリニックから歩いて
たった2分の駅までも
たどり着けたかさえ怪しい。
実家まで帰るなんて到底無理。

ブログを読んでいたら
公共機関を使って何事もなく
一人で帰られた方もいるし、
私の先生はピンピンしてたらしい。

友達のお家についてからは
安心したのかどっと疲れが出て
一時間程仮眠させてもらいました。

つづく