ふろしきバハンドで風呂敷がバッグに早変わり! | オーロラを観るまでは・・・
風呂敷は結構大好きで多分5、6枚は持っていると思います。なんと、娘が幼稚園の時の用品の持ち運びはエコバッグではなく風呂敷に包んで持って帰る園の方針でした。ちなみに、連絡帳はお帳面でした・・・



それ以来、旅行に行く際には洋服を包んだりしています。流石に、手土産を風呂敷に包んで持っていくことはしておりませんが、あれば大変便利な風呂敷、それを簡単にバッグにしてしまう【ふろしきハンド】をご紹介いただきました。



今回は、牛革の持ち手ち風呂敷がセット! 元々は、タンスの中で眠っている風呂敷や端切れを再利用する事から生まれましたという

このプロジェクト。


日本のいいもの.jp というサイトで購入できるのですが、こちらのサイトは「日本で作られた良質な生活雑貨や伝統工芸品を販売しているサイトで、日本のものづくりにこだわる「作り手」を応援する会社、有限会社カワグチ企画により運営されています→nihonnoiimono.jp

 

ふろしきをバッグとしても利用できる風呂敷と牛革の持ち手のセットは、日本語、英語の説明があり、海外の方へのお土産にも喜ばれそう。



図通りにバッグに仕立ててみました。とにかく、牛革の持ち手に通すだけの簡単な作業なのに、あら不思議、とっても素敵なバッグに変身!



これなら、お出かけの時に使ったり、旅行の際に風呂敷と持ち手別々で入れておいて、いざというときに、ぱぱっとバッグに作り替えることも

できます。



とっても気に入ったので、最近はジムのウェアを入れて行ってますよ。


詳しくは、✴︎