2017年11月18日(土)

夢の国「モロッコに住みたい」

テーマ:モロッコ

今日からモロッコ!

11月27日(月)まで10日間オフィスをクローズする。

22歳の学生から79歳まで幅広い年齢の隊員たち11名で旅をする!

年末年始、最少催行人数に満たないまま、自腹切って参加したからこそ、

今回の旅に繋がった。

年末年始に行ったモロッコの旅を超えることができるのか?

 

最近の俺、頭の中がとっ散らかってるから、

心を整えるため、一人砂漠で瞑想する時間をつくりたい。

隊員たちにも、砂漠で一人になる時間をとりたい。

 

行ってきます!

年末年始に行った隊員あやこのアンケートをシェアする。

 

現地発着ツアーアンケート

お名前:あやこ
ご職業:公務員
年齢:27歳
地球探検隊ツアー: 8回目

 

Q1:今回あなたが参加した現地発着ツアー
ツアー名:モロッコ・サハラ砂漠キャンプの旅

Q2:参加者3名 (男性1名・女性2名/隊長含む)

 

Q3:ツアー中の宿泊場所について/設備・場所・環境など気が付いたこと
・ホテル:どのホテルも素敵、食事も美味しくて大満足。特に、シャウエンのホテルは、

 内装も可愛くて癒されました。
・キャンプ場:ベッド、トイレ、シャワー、想像以上に設備が整っていて快適でした。

 

 

Q4:ツアー中の食事について
・パン、オリーブ、スープ(羊肉、ひよこまめ)、モロッカンサラダ、タジン(羊、ミートボール、チキン)、

ベルベルピザ、果物(リンゴ、バナナ、みかん)などを、食べました。美味しくて、量が多めでした。

昼ご飯以外は、ツアー費に大体含まれていました。

Q5:スタッフ(ファド、ひかる、隊長)に対する意見・希望・感想
・ファドさんは、日本語で話すことができて、助かりました。面白くて、優しい、ベストガイドでした。
・ツアー企画者ひかるさんに、いつか会いたいです。砂漠で2泊できて、幸せでした。
・隊長と初めて旅をして、世界の広さを知りました。世界一の旅を、ありがとうございました! 

次は、宇宙一の旅をしましょう!

Q6:ツアー中の出費 主な内訳は?
・日本円25000円を、現地で両替しました。内訳は、飲食代、お土産代(約7000円:ティシャツ、ストール、

財布、鍋敷き、お菓子)です。

 

最終日余ったお金は、

空港の免税店でお土産(約7000円:ハチミツ、オリーブなど)を買いました。
・10DHが、100円程度で、日本とあまり物価が変わりませんでした。

Q7:持ち物
役に立った物(あると便利だと思った物):ニット帽子・手袋(日本の真冬と同じ格好)、ハンドジェル、

トイレットペーパー、ヘッドライト、酔い止め、サハラ砂漠の砂を入れる容器
不要だった物:ビーチサンダル(冬の砂漠は寒いので、スニーカーが◎)

 

Q8:旅の思い出/感想
1週間でモロッコが大好きになり、住みたくなった。海外8か国目だが、訪れた国の中で断然トップ。

ケニア・タンザニアのサファリの旅の感動を越えた。大自然や出会った人達から、心の豊かさを学んだ気がした。

 

1.サハラ砂漠「死ぬかもしれない」
世界で2番目に広いサハラ砂漠では、ラクダと一緒にお散歩、キャンプ場に2泊、バギーを運転して遊んだ。
ラクダに乗り砂漠に足を踏み入れた瞬間、絵の中に入り込んだような不思議な感覚に陥った。

始めは現実だと受け止められず、景色が歪んで見えるような気がした。砂漠が永遠に続いていそうで、

現実に戻れないような恐怖感を抱いた。神秘的な砂漠で、メンバーとラクダに乗り歩くことは、贅沢な時間だった。


宿泊地のキャンプ場では、各部屋にシャワーが設置してあり、衝撃を受けた。砂漠に泊まることの非日常感、

いつも通り生活できる日常感へ矛盾を感じた。シャワーを浴び終わると爽快感から

「死ぬかもしれない(幸せ過ぎて)」と思った。


砂漠の滑らかで美しい輪郭から、昇る朝日を見た。夕日が砂漠に沈むとき、砂が光に照らされてきらめき、

砂山の陰影が際立ち、見とれた。暗くなるとたき火を囲んで、カナダ人と話したことが楽しかった。

英語があまり話せない私は、会話の内容は薄いけれど、濃密な時間だった。夜の音楽鑑賞会では、

ジャンベという太鼓の音が響いた。たき火の火が消えたら、星空観賞会。砂漠の空には、何故か月が現れず、

星と天の川だけが輝いていた。寝袋を砂の上に敷いて、満天の星空から流れ星を探した。

2日間で流れ星を、20回見た。世界一の星空を満喫した、夢のひとときだった。

 

2.夢の国「モロッコに住みたい」
都市への移動中のドライブでは、都心、田舎、雪山、砂漠など、様々な自然美を目で楽しんだ。特にシャウ
エンは、青色を基調とする建物が密集する街で、印象的である。青色の濃淡が美しく、空に溶け込むようで、

歩いているだけで幸せだった。


フェズでは、染色、陶器の制作の様子を見学した。染色の見学では、人がバスタブ程度のサイズの容器に

皮と染色液を入れて、かき混ぜていた。寒い中、外で素手で素足で働いている人を見て、仕事の意味を考えた。

手工芸の制作過程を見て、物を長い間大切に使おうと改めて思った。


モロッコ料理は毎食、献立に大きな変化はなかったが、全て美味しかった。特に、スープとタジンは、食材、
スパイスやハーブの配合が絶妙で、奥深い味だった。メンバーと一緒に食事を堪能しているとき

「モロッコに住みたい」と、本気で思った。

3.出会い「この世とは…」
ホテルで偶然出会った日本人の旅人と一緒に、昼食を楽しんだ。近くでパーティをしていたスペイン人が、

生ハムを味見させてくれた。

私は嬉しくて「Thank you!」と言いながら握手をすると、肘でグラスを倒してお茶をこぼした。

スペイン人、大爆笑。世界中の人と食を楽しみ、笑顔で繋がっているような感動に浸り「この世とは…。」と、独り言。

生きていて幸せ!と、叫びたかった。気分が、最高に高揚している自分がいた。

 

日本人やスペイン人と出会い、世界の狭さと広さを同時に感じた、至福のランチだった。

メンバーと共に、雄大な自然に感動した幸せな日々だった。ガイドや世界中の人と一緒に笑うだけで、楽しかった。

 

モロッコで出会った全ての人達に、ありがとうと伝えたい。これからも旅をして、

大自然や人に出会うなかで、いろんな自分を知りたい。

またサハラ砂漠でキャンプをしたいし、世界中の国を旅したい。

 

 裸足で歩くのって気持ちいい。

 ちょっと痛かったり、
 ちょっと寒かったりするけれど、

 裸足で歩くのは気持ちいい。

 そこには、安心がある。
 そこには、自由がある。

 でも、今、世の中はそうじゃない。

 だから、私たちは靴をはくしかない。
 靴をはいて、自分を守るしかない。

 その靴底はどんどん厚くなっていく、
 そして、どんどん不自由になっていく、
 どんどん、動けなくなっていく。

 そんなこと、誰も望んだことじゃない。

 裸足で歩ける世界にすること。

 それが、私たちの大きな夢。

 『戦わない経営』―White Flag Management 浜口隆則

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年11月01日(水)

「モロッコ、青の街シャウエン!!!」

テーマ:モロッコ

年末年始に行った30年ぶりのモロッコ。

写真は初めて訪れた青の街「シャウエン」。想像以上に青かった。

 


再び11月に訪れることができると思うだけでワクワクする。

いよいよ参加者限定の秘密のグルーページを今日OPENした!

※宿泊したホテルも可愛くてお洒落!

 

※お世話になった日本語が堪能な現地ガイドファド


11月の参加者は現時点22歳から75歳までの男性6人、女性6人の12名。
残席3名!!!

なんと12年ぶりに参加する隊員もいる。超嬉しい!

 

まだ、まだモロッコを楽しむ隊員、申込受付中!
一緒に遊ぼ!


 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年01月18日(水)

「世界60カ国以上、旅して良かった国は、どこですか?」

テーマ:モロッコ

年末年始、モロッコ・サハラ砂漠、キャンプの旅に行ってきた。

「隊長、世界60カ国以上旅をしてきてモロッコ以上に良かった国はどこですか?」
隊員あやこに聞かれたとき、即答できない自分がいた。

世界一好きな国は、モンゴルと答えていたが、
良かった国を問われて思いつかなかったのだ。

人生でベストな旅だったかもしれない。
それくらいモロッコは良かった。
広大なサハラ砂漠とモロッコという国に惚れ込んだ。

きっと何度行っても飽きない国だと思う。
想像以上に変化に富んだ風景があった。

カサブランカから7時間も長距離ドライブして、
青の街シャウエンにたどり着いた翌日、
モンゴルのような大草原を抜けると、突然、
冬のアラスカのような雪化粧の風景が眼前に広がった。


その後、荒涼とした赤茶けたアメリカ西部のような大地を抜けると
サハラ砂漠へと繋がっていった。

一番印象的だったのはサハラ砂漠で見た星空。
どういう現象かわからないが、
キャンプしていた2日間、月がまったく見えなかったのだ。
月明りの無い砂漠で観る満天の星は、世界一美しかった。

優しい砂漠の民と何を食べても旨い食事も印象的だった。
30年前にモロッコを一人旅したとき、
いったい俺は誰と出会い、何を食べていたんだろう・・・
印象に残った優しい人も食事も思い出せない。
毎回出されるタジン料理もスープもサラダも絶品だった。
ラム、ヤギ、牛、鳥肉・・・タジン鍋を使った料理はすべて旨かった。

この旅で、隊員あやこ、まっきーの2人から毎日のように、
「隊長、このツアーを催行してくれてありがとう!」

て何度も言われた。最少催行人数に達してなくて実施したからだ。

すべてに「ありがとう!」と言いたい旅だった。

今年は、会員組織「みんなの旅」を本格始動させて
一人から催行できる旅を目指したい。

今年もやる!サハラ砂漠、キャンプの旅! 


   <成長のヒント>
   すべての感情は、エネルギー。 楽しい、嬉しい、誇らしい 幸せ、安心、自信…
   そんな前向きなプラスの感情は
   そのまま前に進むために使うのは当然。

 

   怒り、悲しみ、イライラ 不安、不満、心配…
   それらの負のマイナスの感情も 否定しないで受け入れて
   浄化、転換、反転、還元すれば 前に進むための
   莫大なエネルギーに使える。

 

   そもそも マイナスの感情は 前向きに進もうとしているからこそ
   その反動(反作用)として、生まれてくるもの。

   マイナスの感情を変換するカギは 次の言葉。
   「そもそも、求めているのは…」
   「だからこそ…(やる)」
   「それでもなお…(やる)」
   「(それがどうした!)上等!」
   そう言ってみて マイナスの印象をだけを抜き取って
   もとのエネルギーに戻せば 一気に前に進める。
   小田真嘉

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年10月04日(火)

「モロッコ、サハラ砂漠でキャンプの旅」

テーマ:モロッコ

   人は、悲しい思い出をなくすことは出来ないの。
   でも、それよりたくさんのいい思い出を作って、
   楽しく生きることは出来る。
   「また、同じ夢を見ていた」、住野 よる


実は今年、密かに一番楽しみにしている旅!

モロッコ、サハラ砂漠でキャンプの旅。

サハラ砂漠・・・最後の日も、
ラクダに乗ってホテルにチェックインなんて面白いよね!

   サハラに4泊も滞在するツアーなんて、そうそう無いと思います。
   まさに地球探検隊ならでは!
   砂と静寂の世界に浸って、
   みなさんの感性でいろんなことを
   ハートの底から感じていってもらいたいです!  
   現地コーディネーター 岩間ひかる


11月に加えて、年末年始にも追加設定!

A日程(※10月15日募集締切)
日程:2016年11月6日(日)~ 11月12日(土)7日間
日本発着最短日程
2016年11月5日(土) ~ 11月13日(日)9日間

B日程(※11月29日募集締切)
日程:2016年12月25日(日)~ 12月31日(土)7日間
日本発着最短日程
2016年12月24日(土) ~ 1月1日(日)9日間



青の街、シャウエンに行くのも夢のひとつだ!


   私の人生は誰のものとも違います。
   誰のものとも違う、自分の幸せを選ぶことが出来るのです。

   幸せは、あっちからやってくるものではなく。
   こっちから、選んで手にするものだから。

   「また、同じ夢を見ていた」、住野 よる

いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年02月06日(金)

「モロッコ、砂漠でキャンプ!」

テーマ:モロッコ
   自分の中でルールを決めてしまえば、
   悩む暇なんかない。
   「ダブル・フォールト」真保裕一

~青の街シャウエン・リフ山脈トレッキング・迷宮都市フェズ・砂丘でキャンプ~


あの青い街並みを見てみたい!!
そんな単純な想いからモロッコの旅をつくりました。
青い街並みに山も砂漠もスーク(市場)も運が良ければ地中海まで見れちゃう!
色んなモロッコの魅力を詰込んだ、まるで宝箱のような旅です◎
モロッコには可愛い雑貨もたくさんあるんです!!アクティブ女子に一押しのこの旅◎
今年のGWはモロッコに決まり!!一緒にモロッコに行きましょう~♪
同行:山崎 愛(ちっち)

ツアー企画者プロフィール
・ベンアリ アリ
砂漠で生まれ、十代の頃にメルズーガ砂丘でラクダ遣いとして働き始める。
その後は砂漠ガイドをはじめ、モロッコ中を案内するガイド業を経験。
砂漠方面のコネクションが特に強く、旅中に出会った人全てが
友達であるかのような錯覚に陥ること間違い無し!
主にヨーロッパからの旅行者をご案内していたことに加えて、
日本での居住経験が8年あることから、
日本語をはじめとして8カ国語を巧みに操る。
人生で大切なことは、全て砂漠で教わったと自負する砂漠の民。
好きな言葉は”Smile to the life, the life smile to you”。

砂漠への興味が高じて2002年に訪れたモロッコで、
「ここで死んでも良い!」と思うほど美しいモロッコに圧倒される。
同時に人生の伴侶となるアリと出会い、モロッコにとことん惚れ込む。
4年に及ぶ遠距離恋愛、日本での結婚生活を8年経て、
2014年に夢だったモロッコ移住をとうとう実現。
観光の首都の異名を持つマラケシュの旧市街。地元の人が行き交う活気溢れる、
マラケシュっ子の台所的なエリアでDar Mirai という民宿の女将をしながら、
モロッコ旅の達人としてモロッコ旅の魅力を発信中。

こんな2人が心を込めてつくった旅。
面白くないわけがない!

オレも20代の世界放浪中にモロッコを訪れたときの衝撃は今でも覚えている。
あのエネルギーはどこからやってくるのか・・・街全体に活気がみなぎっていた。
車、バイク、チャリ、人、ロバが迷路のような旧市街を行き来する
混沌とした不思議な世界だった。

あなたにとってもインパクトのある国になること間違いなし。



   世の中の全員があなたを
   好きになるなんてことはあり得ない。
   一人でも好きになってくれる人が
   いればいいのよ。

   「人間らしくヘンテコでいい」鎌田實

いいね!した人  |  リブログ(0)