2018年03月15日(木)

「10年ぶりの本は、次女、七海のために書く!」

テーマ:自著本(執筆・出版・書評)

実は今 高2の次女、七海が1月末から1か月半、入院している。
今日も長女、未空と一緒に面会にいく。
いくら仲の良い親子でも、ママの代わりはできない。
低血糖で心拍数は最低ライン、入院しても一向に良くならない状況の中、
何もできない無力感で、毎日仕事が手につかなかった。

 

そこで決断した。
来週からのアラスカ・オーロラの旅の同行をサポートスタッフ美香に任せ、
初めて俺は同行スタッフをキャンセルした。

 

2年前、妻が亡くなった後、数時間後には成田空港に向かっていた。
今まで何があっても仕事を優先してきた。
この仕事を選んだ時から、それは覚悟していたからだ。
でも、娘が死にそうな状況なのに、旅を楽しめるわけがない。
妻の時とはあまりにも状況が違う。

 

今、俺のできることをする!できないことをあれこれ悩んでも仕方ない。
パパの役割を全うする。
俺は、オーロラを見ながら隊員たちと過ごす替りに
娘と過ごすことを選んだ。再び19日から25日まで、オフィスを臨時休業にする。

 

ギリギリの精神状態で迎えた「地球探検隊」22周年。


初めて家庭を優先させ、とことん「死」と向き合って娘と話した結果、
娘が回復に向かった。

 

「俺の人生があと21日間しか残されていなかったら、何をするか」という
ワークを隊員ふーみんと一緒に鎌倉アルプスでやったとき、
「娘に魂の言葉を残したい。20日間で本を執筆したい。
そして、最後の一日は娘たちと過ごしたい」
だった。

 

あの「パパの本、感動したよ」って言われたのは、
入院中の七海から言われたセリフなのだ。
しかも俺に内緒で10年前に出版した本「感動が共感に変わる!」

病院に持っていったのが余計に嬉しかった。

10年ぶりの本は、七海のために書く!

2冊を上梓して、最初から多くの人を感動させようとして書いた本よりも、
たった一人のために書いた本のほうが、多くの人を感動させることを学んだ。

 

娘のために書いた過去2冊の自著本が多くの人の心を揺さぶったように、
これから書く3冊目も多くの人の魂に火をつけると信じている。

 

10年ぶりに執筆する本は、みんなで創り、みんなで売れる本にしたい。
共著として世に出して、長く売れる本を目指したい。
そこで、クラウドファンディングに2度目の挑戦をする。


弱った俺の背中をみんなで押してほしい。

応援・支援してもらえると、泣くほど嬉しい。
 

「地球探検隊」中村隊長

 

※写真は七海が入院する一か月前に撮った写真

いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年03月14日(水)

「今日から再びクラウドファンディングに挑戦!」

テーマ:自著本(執筆・出版・書評)

旅行業界で最も共感できる盟友といえば、
ベルテンポトラベルの高萩徳宗さん。

「めざせ!会社の星、「ガイアの夜明け」など数々のTV出演をしている。
ガイアの夜明けでは、「究極のサービスを目指せ」で、
リッツカールトンと共に紹介された旅行代理店を運営している経営者だ。
「売れるサービスのしくみ」など著書多数。
あの中谷彰宏氏には「サービスの達人」として紹介された、

俺がリスペクトする友人だ。

彼が1年前、初めてクラウドファンディングに挑戦したときに

送ってくれたエール!これは嬉しかった!

【クレイジーな人こそが、世の中に変革をもたらす】

あなたの周りにも「変人」と呼ばれる人がいると思います。

私が懇意にさせて頂いている変人で最たる方は、恐らくこの人。
地球探検隊の中村隊長です。

私(ベルテンポ・代表高萩)も相当な変わり者だと自認していますが、

私の思想など中村隊長の足元にも及びません。 

中村隊長の辞書は「批判」と引くと、「賞賛」と書かれているのでしょう。

何も恐れずに、我が道を信じて突き進む隊長に、多くの人が憧れます。
そして、もちろん、誰も真似できません。

話は変わりますが、私たち旅行業界は、競争が激しく、旅行単価があげられないと、

とにかく数を運んで、航空会社や土産物店などからリベートを受け取ることで、

経営を成り立たせます。新聞広告などで格安ツアーが販売されていますが、

多くはこの「リベート」が収益の原資です。

航空会社とのリベートなどお客様にはどうでも良いことですし、

お土産だって強制的に連れて行かれても、買わなければ良いだけのことです。

安くお得に旅行出来ればハッピーです。何の問題もありません。

ひとつだけ問題があるとするなら、それは「その旅行は単に安いだけで、

人肌の温かさもなければ、情熱もない」ことくらいです。

 行ければそれでいいと考えるなら、それもアリです。

でもね、私、中村隊長を見ているとつくづく思うのです。

・旅ってどこへ行くかも大切だけど、どんな仲間と旅をするのかはもっと大事
・旅は参加者全員が一緒に作るもの。誰が偉いとかはない
・旅は終わってからが(人生の糧の)始まり

私は中村隊長の旅には参加したことがありません。

でも、中村隊長の夢を影から応援したいといつも思っています。 

変人、中村隊長がイキイキと旅を創っている社会は正常な社会だからです。 

アップル創業者のスティーブジョブズの言葉にこんな名言があります。
---
「世の中には、クレイジーな人がいる。社会に合わなくて、反発して、トラブルメーカーで。

いわゆる『出る杭』だ。彼らは、普通とは違う視点から物事を見ることができる。

ルールに縛られないんだ。

そんな彼らを白い目で見ることも、否定することも、けなすこともできる。

でも、たったひとつできないことがある。それは『無視すること』だ。なぜかって、

彼らは“変化”を起こすからだよ。彼らこそ、人類を一歩前に進める力を持っているんだ。

クレイジーと言われてしまう人は、じつは天才なんだ。『自分は世界を変えられる』って

信じているクレイジーな人こそが、本当に世の中に変革をもたらすんだよ」  

byスティーブジョブズ
 ---


まさに、中村隊長ではありませんか。
旅行業界の慣習とか常識とか、そんなことを1ミリも気にしない。

本能で、自分が良いと信じる旅を創り、共にしたいと手を挙げた仲間と旅をする。
ルールを守らないお客、旅を成功に向けて努力しないお客は容赦なく叱る。

私はまだとてもこの境地まで行けてません。(行かなくてもいいけど) 

その中村隊長がまたおかしなことを始めました。
クラウドファンディングです。

旅行費用を参加者が出すのではなく、資金調達と言う形で集める。
意味が分からないですよね。

でも、旅って、参加する当事者だけがするものではない。
私はそう思うのです。

 行かなくても、行けなくても、行った気になって共に楽しむ。
そんな旅のスタイルがあっていいはず。

不思議の国の中村隊長のクラウドファンディングから目が離せません。
業界の人、かたずを飲んで見守っているけれど、誰も真似できないだろうな。 

変人をコピペするなんて、恐れ多くてできません。
私も、隊長の背中を追いかけます。

追いつくのは無理だけど、隊長が飲んで寝過ごしている間に

うさぎと亀理論で追いつけるかも。

高萩徳宗

★地球探検隊のクラウドファンディング(2017年3月)
1年前は、Ready for でクラウドファンデイングに初めて挑戦、目標達成した。

 

その経験値を活かして、
再挑戦のクラファンはCAMPFIREでチャレンジする。


【全国出版10年ぶりの挑戦!】  「最強チームのつくり方」出版プロジェクト
応援・支援してもらえると嬉しいです。


   <成長のヒント>

    いい流れが来ていても
    幸せな環境に囲まれていても
    2つの考え方をしている限り
    偽りの安心感がある
    古い住み家に居座ってしまう。

    その2つの考え方とは
    「しょせん、私の人生は、こんなもの」
    というあきらめ。

    「私って、~だから」
    という決めつ
け。

    古い住み家から外に出なければ
    新しい景色は見れない。
    新たなる出会いもない。
    心から楽しく遊べない。
    真の自分でいられない。

    いくらでも人生は変えられる。
    どれだけでも成長していける。
    幸せをたくさん受け取っていい。
    本音のままに突き進んでもいい。


    必要なことは、ただひとつ。
    自分で自分に
    許可を出すこと。
 
    小田真嘉

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年03月07日(水)

「東京最古の酒蔵で迎えた22周年祭 旅フェス」

テーマ:イベント・講演・セミナー・交流会

3月4日(日)「地球探検隊」22周年祭、
東村山の豊島屋酒造まで足を運んでくれた人たちがいた。
「新宿ならわかりますけど、よくここまで来てくれましたね」
西東京在住の参加者に言われた。本当にありがたい。

初めて「鏡開き」をした。

 

初めて酒蔵の倉庫でトークライブをした。

倉庫でのPWR音楽ライブは想像通り大きく響いた。

 


出店した「とうふバーガーHOPEHOPE」「cafe&bar ethical」も大賑わい!

 

 


何人かの参加者と夢を発表する鏡開きをした。

 


みんなで創り上げるフェスができた。

22歳、大学卒業=今までのサークル活動を卒業し、
これから社会人となって、まともな会社をつくっていく。
そんな所信表明に「見届け人」として集まった人たち。

そして、MCシンマさんが何百人にも声がけして
非公開ページを作成、
俺に、「地球探検隊」に、熱い応援メッセージを
サプライズで用意してくれていた。これにはホント驚いた。

中山マコトさんとのコラボトークライブには
「次の隊長の本は、うちで出版します」
という出版社の方もステージでスピーチしてくれて、
準備中のクラウドファンディングも発表できた。
【全国出版10年ぶりの挑戦!】「最強チームのつくり方」出版プロジェクト、
3月14日(水)公開予定です!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年03月02日(金)

「旅」x「生きる喜び」x「ありがとう!」=希望

テーマ:イベント・講演・セミナー・交流会

こんにちは。
「地球探検隊」隊長の中村です。
 

3月4日(日)に「地球探検隊」は22歳の誕生日を迎える!
過去3年間にわたり大人気の「酒蔵ツアー」の舞台、
東村山の豊島屋酒造にて
「地球探検隊」22周年記念祭を3月4日(日)に開催する。

そこで「地球探検隊」の未来について発表したい。

旅を通して伝えたいこと。
「自分を信じて、未知なるものに恐れず挑戦すること。」

その探検隊スピリットが「生きる力」になるのだ。
俺にとって、旅することが、生きること。

 

他人に期待される人生を生きるのではなく、もっと自分が心から楽しみ、
時に我がままに、自分が望む人生を貫きたい。
そんな気持ちで22年間やってきた。
それが俺らしく生きるってことだから。

これからも「地球探検隊」は、夢と希望を隊員たちと共に実現し、
唯一無二の旅を一緒に創っていく。
人が出会う場を提供し、人と人を繋げ、人生を変える旅を提供していく。

 

22周年記念祭では、俺の「鏡開き」を皮切りに、
自分らしさを宣言したい人、決意表明したい人、告白したい人、
そして再挑戦の意思表明をしたい人、
そんなあなたにもステージで、「鏡開き」ができる機会をつくる。

 

3月4日(日)22周年祭は、「地球探検隊」の未来を占う一大イベントになると思う。


いろいろブレたりもしたけど、初心に戻り再出発する。

「旅」x「生きる喜び」x「ありがとう!」=希望

そんな循環を生み出していく! 


22周年記念祭、笑顔で会おう!

「地球探検隊」隊長 中村 伸一

 

FBイベントページ
 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2018年03月01日(木)

「娘からもらった感激の言葉!」

テーマ:自著本(執筆・出版・書評)

ここ最近で一番嬉しかったこと。


ようやく俺の本を読む気になった17歳の次女が、
「パパ この本、凄く良かったよ。勇気と元気をもらえる言葉、
いくつもメモに書き留めたよ。名言いっぱいあった。」


10年前の自著本、「感動が共感に変わる!(こう書房)」
巻末に書いた、あとがきは「娘たちへ」だった。

 

俺が何も言ってないのに、

自らすすんで読んでくれていたことが余計に嬉しかった。

今まで12年前、10年前に書いた2冊も
娘に残したい言葉を綴った。


次回の一冊も娘たちのために書きたい。
この10年で、こんなにも「書きたい」と思ったことはない。

書くぞぉ―――!!!!!

 

「地球探検隊」22周年祭、尊敬する中山マコトさん
中山 マコト (Makoto Nakayama) とコラボトークライブで、
そんな話もしたい。

 

出版、講演、Youtube・・・今年は徹底的に情報発信する年にする。
それで、ときどき「旅」かな。
そんな旅行会社があってもいい、よね?

 

いいね!した人  |  リブログ(0)