日本だろうと海外だろうと、仕事をしていようといまいと、ふとした時に、どっと疲れを感じることはだれにでもあると思います。

 

海外、特に単身赴任の場合は生活が単調になりがちです。毎日が自宅と会社の往復になったり、会社ではパソコン、家でもケータイ、テレビと、気づけば一日中、目を酷使していたということもあるでしょう。

 

ジョホールバル駐在の場合には、

・暑いのでそもそも疲れやすい

・一年じゅう暖かく、外的な刺激・変化を受けにくい

・屋外を歩けない

・ほっとできる和食にありつけない、現地の食事が口に合わない

・オシャレをして友人と出かけられるようなレストランやバーが少ない

・欲しいものがショッピングモールにないので気晴らしに買い物をすることも叶わない

など、人により疲れを感じやすいポイントはさまざまあると思います。

そうした時こそ運動です。15分でも効果ありと感じています。

 

運動するメリット

・固まった体のコリがとれる

・姿勢がよくなる

・体力がつく

・達成感が得られる

・よく眠れる

・肌にもよい

 

私は、ストレッチ、ヨガ、ジムでの有酸素運動、バドミントンなどをやっています。1分プランクも週に3回ほどやっています。気分転換に加えて、飛行機や車移動の多い出張に負けない体力作りが必要と実感しているためです。

と、エラそうに書いたものの体は固いままですし、バドミントンもちっとも上達しない下手の横好きです。気長にやるのみですね。