本日も都内スポーツジムでの
ダイエット講座(4/5回目)


スポーツジムに通う方は
美容、健康情報をたくさん持っています。


意識しなくてもどんどん入ってくる情報。
だからこそ矛盾したり、
やるべき順序が分からなかったりと
「何が合ってるの!?」と迷ってしまう。

今日はこの
何が合ってるの?
何からすれば良いの?
の答えのご紹介です。



止められない、情報の多さ。
でも、これはとても面白いこと。

一つじゃ、???なことも、
異なる土俵のことをつなげていくと、
必ず変わらない共通点が出てくる。

例えば、食事だけでいうと
糖質制限ダイエット
おにぎりダイエット
バナナダイエット
低インスリンダイエット
短期間の断食ダイエット
8時間ダイエット
(↑キリないのでここまで。)

わかりましたか?
ここでは全部に「糖質」に絡んでいます。


制限とおにぎりが相反する。
=どっちがいいのかわからない!
と考えるのが普通です。

でも全て合わせると共通点があります。

0ではなく、摂り過ぎない。
要はそういうことなんですね。

情報とは真面目に研究者が発表したことは
まず世間で広まらない、
メディアにも取り上げられない。
つまらないからです。

だから、尖った言い方になる。
しかし、それら、数集めて足して割ると、
結局、「糖質は適量摂りましょうね。
で収まります。



前置きが長かったですが、
今のあなたに必要なのは
断片的な情報を「点と点を線で結ぶこと

当たり前ですが、
もう!情報量が半端ではない。
その統計から最も共通していたのが
内臓機能

基礎代謝の4割は消化吸収
内臓位置で腸の蠕動回数が決まる
内臓の傾きで蠕動排出が決まる
腹圧が腸の位置を正しく収める鍵
右肩が下がると腸周囲の内圧が下がる
膝が痛いと下腹が出る統計
(↑キリがないのでこのくらいで。)

これらからも内臓機能は
ダイエットで誰しも着目する部位。

深く掘っていくと、
内臓位置を正常に保つ

じゃあ、それなに???

医学書解読のようになるので、簡潔に。

腸は十二指腸から始まり、腹膜の後ろ側に
固定されており、
ここに大十二指腸乳頭があります。

大十二指腸乳頭は膵臓や胆のうと
繋がっており、
膵液や胆汁がそこから分泌されます。

消化液を分泌し、続く空腸、回腸で
蠕動運動、吸収の代謝が行われます。



痩せるかどうかしか興味ないわよ!

それはそうですね。。
これらは僕ら指導者が
根元から理解しておけば良いこと。


では、これらの位置が
変わってしまうことは???

単純明快。全員納得で2つ
腹圧(お腹の筋肉群の収縮力不足)
により内臓を支えられないこと
筋肉の低下で骨盤ー背骨が傾きで
内臓位置が低下すること

この2つが誰も反論できない事実。

繰り返しになりますが、
「腹腔内圧と抗重力筋の萎縮により、
1G負荷への抵抗力が損なわれ〜〜」
というのが論文。。
一般に誰も広めようともしませんよね、、
堅苦しく読みたいと思いませんからね。。


戻ります。あなたは
お腹周りの筋肉の収縮力と
骨盤の傾きを生理的角度(仙骨前傾10度)
に整えれば、
基礎代謝の4割を占める内臓機能は
活発になる!
ということ。

元々のくせにより
頻度や回数は変わりますが、
共通してハズレがない方法の紹介です。


背筋を伸ばし、お腹に手を当てます。

息を吸いながら
お腹をへこませます。
6秒キープで力を抜き
10回目安に繰り返します。



背筋を伸ばし上体を少し前傾
片方の足を伸ばします。

上体を固定したまま
挙がる範囲でまっすぐ足を持ち上げます。

腹圧と大腰筋という
最も内臓位置に関係し、
最も機能が弱くなる2部位の刺激。

これだけ。

何千万の情報でも、共通することを絞ると
たったこれだけ。

逆に他に手を出しすぎるから、
自ら崩してしまうことに。。


選ぶ情報が多いから勝手に複雑になる、、
でも、共通点を見出せば、
これだけシンプルにまとまるんですね。


内臓機能にまつわることには、
ポッコリお腹、幼児体型、脂質で太る体質、
腸の老化、便秘、老け顔

見せ方はキリがないほど出ています。

これさえ知ってれば惑わされない。
どんなに切り口はあっても、
最終的に行きつく先はこの2つ。
これで腸の正常位置は収まります。


情報社会では
こうして断片的に散らかっている情報を
シンプルにまとめていくことが
何よりも重要。
身体の構造自体は
何万年変わりませんからね。

ダイエットの内臓系の情報
ご参考にしてください!


個々にダイエットの基礎知識を
0から学び直したいあなたはこちらから↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
痩せながら学ぶダイエット資格取得講座
やる気に満ちてる時と、ない時も
気持ちが安定してる時も、不安な時も
食べすぎて後悔してしまう時も、
あなたを裏切らない痩せ方の知識。



(↓クリック)
「藁にもすがる想いで
ダイエットしてきたのに、
未だにダイエットに悩むあなたへ」




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「春のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容の一部をSNS公開


(↓クリック)
春のモデル体型ボディメイクダイエット




日本歴代!最も売れているダイエット本


体幹リセットダイエット
【120万部突破!】記念! 
(↓クリック)
「すぐ読み!」
モデル体型をつくる6つの食事方法



「またあの日がよみがえるかな。」

昨年末の金スマで、
3ヶ月一緒だった比企理恵さん。

今もちょくちょくラインしており、
昨日の雑誌でも
コメントのご協力も頂けました。

そして、昨日の比企さんのブログでは、、
「雑誌まだ読んでないですが、
これを読めばまたあの日がよみがえるかな」

ダイエットの本質です。

率直に、誰も永遠とダイエットなんて
してたくありません。

必要なのは、
痩せることで得られることを
具体的にイメージできること。
これが継続にもなるし、
ワクワクした目標にもなる。

毎週直接話してた時期は、
「痩せれば比企さんには
こういうことが起こりますよね!」

と前向きに話せてましたが、
年末から芸能の関係上一切会えてない。

あなたにも当てはまる。

「痩せて私の生活にどう影響するのか?」

こうモチベーションに
影響してしまうこそ。
講座やパーソナルでは、
それを毎週確認できる価値がある。

ブログでも僕は精一杯
そんな価値を届けることを考えてます。
でも、それでも届かない時もある。

それはとても悔しいこと。
それでもそんなあなたのために。
と毎日毎日考え尽くしています。

今日も、痩せることであなたがどうなるか?
それを少しでもイメージ出来るように。

僕にできることはそれしかないから。
あなたの体型の悩みが変わるように。

これからも、
毎日毎日真摯に付き合っていきます。
あなたの体型の悩みがなくなりますように。