ご受講中の女性が
経営される銀座美容サロンにて。

皆様が体幹リセットを持ちパシャッ!
とアップしてくれました!

こういうの、とっても嬉しい。
経営で外ばかり行ってるので、
わざわざご報告くれたことに感動です!


本日は午前午後を使って
ファッション誌雑誌撮影へ。


雑誌から読む
1年のダイエットの流れとして
秋は食欲の秋の対策
冬は正月太り等
太らないために!
そして
春は薄着に向けて
夏は見える二の腕や脚痩せ
痩せたい!と目標が分かれてきます。

そして今の時期は、春〜夏に向けて
痩せてキレイになりたい!
その中でもピックアップされるのが
ヒップアップ」です。



脚が長く見える!
パンツがキマる!
横から見たラインに女性らしさが出る!

ボディラインの決め手

ここに注目されますが、
エクササイズによって
ヒップにボリュームが余計に出てしまう、
なぜか脚が太くなってしまう等
上の3つのメリットが消えてしまう、
というパターンが激増しています。。

今日はそんな状態に悩まないように
パターン別にヒップアップを
学んでいきましょう。


1.ヒップを作る筋肉
ヒップは
大臀筋→ボリュームの要
中臀筋、小臀筋→高さの要
深層外旋六筋→形の要
(梨状筋、外、内閉鎖筋、大腿方形筋、上、下双子筋)
で構成されています。


2.ヒップのエクササイズの種類
実際にヒップの形を作るには
大きく分けた
これら3つの筋肉のエクササイズの
組み合わせになります。

そして、エクササイズの種類は3つ

OKC (オープンキネティックチェーン)
→足の裏が地面についていない
・ヒップレイズ等

肘を地面に着いて
四つ這いになります。


踵を天井に向けて伸ばします。

CKC(クローズドキネティックチェーン)
→足の裏が地面に固定されている
・スクワット、ヒップリフト等

仰向けになり
両膝を90度に立てます。


カラダと一直線になるまで
ヒップを持ち上げます。


3.体型によるヒップの形
まずは、今のヒップが
どのような状態なのか?

(簡単に、前屈してベタッとつけば
骨盤前傾傾向。
それ以外は後傾傾向で見てください。)

骨盤前傾(身長160センチ未満)
→アヒルタイプ


骨盤前傾(身長160センチ以上)
→桃尻タイプ


骨盤後傾
→ヒップがペタンコタイプ



ここまでが基礎です。

ヒップはカラダで2番目に大きな筋肉で、
立つしゃがむで使う部位なので、
重りを持ってしゃがんだり、
仰向けでヒップを浮かせたりすれば
ボリュームが比較的容易につきます。

しかし、「ちゃんと」選ばないと
・太ももが太くなる
・ふくらはぎが太くなる

と、当初の
・脚が長く見える!
・パンツがキマる!
・横から見たラインに女性らしさが出る!

が感じられなくなります。。


順序として、
1.満遍なくヒップを刺激する準備
脚に太さを出さず、位置を固め、
キレイな丸みを作るには
ヒップの
インナーマッスルの働きを出す。

横向きになり
膝と股関節を90度に曲げます。


上側の膝を45度程度開きます。

(専門職向け↓)

(外閉鎖筋は深層外旋六筋の中で
支配神経が閉鎖神経。
働きとして
股関節屈曲90度以上での外旋。
→中臀筋の働きを高め、
ヒップの高さと形を整える
補助的な機能があります。)

2.骨盤タイプで脚を太くしない
ヒップ種目を選ぶ→

骨盤前傾(身長160センチ未満)
→アヒルタイプは→OKC

骨盤前傾(身長160センチ以上)
→桃尻タイプ→CKC

骨盤後傾
→ヒップがペタンコタイプ→OKC

ヒップの形を
高く、小さく、丸く変えて
脚に無駄に太さを出さないためには
この選択順序が必要です。


あなたのタイプと今のエクササイズ、
これから選ぶものを含め
ご参考にしてください。


大人になるとなぜが、
一度聞いた話には価値を感じなくなります。

例えあなたがそれを、
全く理解してなかったとしても、
例えあなたがそれを、
全くしてなかったとしても、
なぜか人は同じ話には価値を感じない。

そして、常に
「新しい情報、新しい情報」
「聞いた事のない話、聞いた事のない話」
と探してしまう。

だから、いろんな知識は知っている!
けど、情報が多すぎてすぐに飽き、
そこからきちんと特に得られていない。

情報社会のスピーに慣れてしまい
たいていの人は人生に退屈しています。
次々に新しい刺激を求めてしまう。

ダイエットは今日頑張ったから
明日痩せてる!というものではないので、
「頑張り」と「結果」が繋がりません。

ダイエットは2つの考えに分かれます。

○いつも流行りに手を出し、
また次の日は違う方法を試す派。

情報はたくさん持っていることは凄い。
でも逆に、情報が次々に入ってこないと
不安になります。

○一つの物事を一定期間は繰り返す派

自分が今後どのようになりたいかについて
明確なビジョンがあるため、
そのため、むやみやたらに
方法を変えたり情報収集をしない。

そのかわり、
理想と現実のギャップを埋めるために
「今、何が必要か?」を考え、
それに合った情報を自ら探します。

前者は「痩せる答えは外部要因にある!」
と考え軸がなく流されてしまう、

後者は「痩せる答えは自分の中にある」
と確信して行動しています。

あなたはどちらか???

一度再確認してほしいこと。
○これは今、必要だろうか?
○別のものや今やっているものと比べて、
こっちの方が本当に優れているか?
○私の人生にこれは必要なのか?

自分の軸で、必要!と決めたら、
まず自分も頑張るし、もっと良くなれる!
と積極的になれます。

全て受け身で半信半疑、なぁなぁ。
よりも出来る!信じる!良くなる!
と進む方が誰が見ても
変化の速度は速くなりますね?

自分がどうなりたいのか?
そのために何が必要なのか?
これからダイエットあなたも、
今ダイエット中のあなたも、
停滞して悩んでいるあなたも、

ダイエット成功!思い描いた自分!
のために
是非この視点で考えてみましょう!



個々にダイエットの基礎知識を
0から学びたいあなたはこちらから↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
痩せながら学ぶダイエット資格取得講座
やる気に満ちてる時と、ない時も
気持ちが安定してる時も、不安な時も
食べすぎて後悔してしまう時も、
あなたを裏切らない痩せ方の知識。



(↓クリック)
【NY,Paris,74カ国認定 ダイエット専門
「オフィシャルモデルダイエット講座」】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「春のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容の一部をSNS公開


(↓クリック)
春のモデル体型ボディメイクダイエット




日本歴代!最も売れているダイエット本


体幹リセットダイエット
【120万部突破!】記念! 
(↓クリック)
「すぐ読み!」
モデル体型をつくる6つの食事方法