本日より、阪急電鉄全線にて
体幹リセットダイエット
ポスターの掲載をいただいております!


今後の予定では、
日本からアジアへ、ヨーロッパ、アメリカ
このダイエットメソッドを広めていきます。


カラダは一つ。直接行ける、行けない所もある。
だからこそ、伝わる1冊があることに
とても心強く感じています。



さて、2016年9月オープンのNYの2店舗
3月末までキャンセル待ちとなりました。。
3月に拡大のためにテコ入れに行ってきます。

ということで今日は
日本とアメリカのダイエット事情
について。

日本女性の80%以上が経験している
リバウンド。

定義が曖昧ですが、
今日はその後のダイエット方法のご紹介です。

日本の場合は食事制限が強く、
代謝が下がる傾向。
アメリカの場合は運動で痩せた後、
カロリーを摂りすぎて太る傾向。


一口にリバウンドと言っても、
全くこの後の痩せ方は異なります。

結論、痩せやすいのは後者のアメリカ。

ダイエット中の食べる量も、
ダイエット後の食べる量も非常に多く、
脂肪も増えるが、筋肉も増えている。

これがリバウンド後の
痩せやすさ
を作っています。


「なら!みんなそうしよう!」
となれば誰も苦労しません。

細さ=美しさが根付いている日本。
忙しさで時間が取れない日本女性。
ここでダイエット中も食事を抑えず、
たくさん運動しよう!
というのは現実的に不可能です。

ならどうするのか???

ここでは糖質がカギを握ります。
まず、アメリカ女性の
ダイエット中の楽しみは?
週に決まった時に
ケーキ、チョコを食べる!


という考え方。しかし、
食事制限重視
もともと筋肉量が少ない
リバウンド後でさらに筋肉が減る
のような日本女性で、
このまま取り入れるのは単に太るだけ。。


ここで大切なのは3つ


○糖質を2回に分ける
→吸収が遅い糖質でも、
リバウンド後の低代謝の時だと
カロリーを使い切れず
しっかり吸収されてしまいます。

1〜2時間の間隔をあけて
2回に分ける
ことで、
血糖値が急激に下がる(脂肪になる)
ことを防ぎ、
吸収を緩やかにします。




○インスリンを有効活用する
→とは言っても、糖質を食べた後に
必ずインスリン。

これは脂肪細胞に血統を取り入れること
血糖値を下げる働きがあります。

この1回目と2回目の間に
無酸素運動(40〜60秒程度の筋トレ)

取り入れること。

血糖がエネルギーを使った
筋肉内へ取り込まれることで、
脂肪になることを防ぎます。

インスリンは脂肪を増やす
同化ホルモンになりますが、
同時に筋肉を増やすホルモンでもあります。

筋肉内に糖質を溜め込む機能が落ちる
リバウンド後ほど、
ここを優先して回復させることが
痩せやすい体質に戻すために効果的です。




○しっかり食べる日を決める
→栄養が足りなくなるのがダイエット。
そして、ほとんどの場合
糖質が足りなくなります。

そして、筋肉を削り等に変えてしまう。
カロリーを減らして脂肪と筋肉が減り、
少し食べるとリバウンド。
これが日本女性のリバウンドです。

そのリバウンド後こそ、
あえてしっかり食べる日を作ることで、
ダイエット中のイライラ、
筋肉分解による停滞、省エネ体質を
改善していきます。

どの程度のリバウンドかもよりますが、
まずは月に1回程度から2週に1度程度
の間隔で食べる日を作るのが目安です。


最後のダイエットにしたい!
と思うのは誰でも当然ですし、
その当然の気持ちに
「最後のダイエットしたいあなたへ!」
と謳うのも業界としては当然。


実はこの言い方が本当に嫌い。
いくら痩せることを謳っても
絶対に最後のダイエットは
訪れないから。

視点が違います。

ダイエットの一番重要な部分は
痩せた後の保ち方。

リバウンドを繰り返しているあなたほど、
体質の戻し方
ダイエットで理想を作る
痩せた後の保ち方
この3点が揃っていることが
痩せない、イライラ、暴食、リバウンド
負のサイクルを断ち切る方法。


・何キロになれば○○ができる!
・お腹が8㎝細くなれば○○ができる!
・姿勢が良くなれば○○ができる!
・○○キロになって好きなもの食べたい!

無数にあるあなたの痩せた後の理想は
痩せた後に体型を保てた時のみ
叶えられるもの。

それこそが本当の意味での
最後のダイエットですね。

ダイエットの普及に
さらに熱が増しました。


~~~~~~~~~~~~~~~
結論、良い!悪い!の
0か100に分けたいのが人間。

○当日は良い悪い?
○朝は食べる食べない?
○ヨガは痩せる痩せない?
その両極端を主張するほど、
注目を集められます。
仕事としてダイエット業界で働くには
もちろんそれ狙い。それも手段です。。

でも実際は、人それぞれ。
一つだけ確実に言えることは
0か100の選択では、
ダイエットの悩みは無くならないこと。

だからこそ、どのくらい?どの程度?
年代やホルモン環境、体質や生活スタイル
あなたが生まれて、
今まで育ってくる過程のなかで
育まれた価値観。
に合わせて知れることが大切。

個々になら100%伝えられることも、
どうしても万人向けになるのもまた事実。

0か100かや、数々やり方を変えてしまうのは
「自分に合って、しっくりくる!」
という感覚を
まだ人生で一度も味わったことがないから。

その度に気持ちも体も疲れきってしまう、
そんなダイエットの悩みを抜け出せるよう
一つ一つがあなたの知識として
蓄えていければ幸いです。




個々にダイエットの基礎知識を
0から学びたいあなたはこちらから↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
0から学ぶダイエット資格取得講座
やる気に満ちてる時と、ない時も
気持ちが安定してる時も、不安な時も
食べすぎて後悔してしまう時も、
あなたを裏切らない痩せ方の知識。



(↓クリック)
【NY,Paris,74カ国認定 ダイエット専門
「オフィシャルモデルダイエット講座」】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「冬のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容の一部をSNS公開




【120万部突破!】日本で1番売れたダイエット本 
ジムに通えない43都道府県のあなたへ。
モデルが秘密にしたがる
体幹リセットダイエット

(↓クリック)