こんにちは!
モデルボディメイクトレーナーの
佐久間健一です。


家では目に入るところに、
コンビニでも、目に入ったら手に取り
隙間時間にチョコチョコ食べてしまうお菓子

お菓子=太る、ダイエットの敵。
と言う認識が普通ですが、
長所を活かせば、
ダイエットの味方になることも!

今日はこれからの時期に足りないものを
補うテクとしてご紹介です。



お菓子=カロリーの塊??
例えばチョコレート。
糖質と脂質の塊で高カロリー!
と代表的な敵とみなされています。


しかし、糖質と脂質はダイエットで
食欲を抑える
脂肪の分解を抑える
という働きがあります。

これはダイエット中の制限や停滞に対し、
ストレス解消、停滞突破
優れた効果を引き出してくれます。




リバウンドはお菓子を食べれないストレス!
食事制限してるのに、停滞している。
という状況は辛いもの。
これは脂肪の分解、燃焼が
うまく行われていない
ということ。


その原因は2つ
脂肪の分解過程で必要な糖質が不足
脂質不足により食欲が増してしまう

良かれと思い我慢することが、
逆にダイエットの妨げになっている。
この誤解を解くことで、
これからのダイエットを
スムーズに変えていくことができます。





脂肪燃焼に役立てる!お菓子の活用方法
先にも書きましたが、
脂肪は分解→燃焼の順で減っていきます。
この過程では必ず、糖質が必要になります。


また、この不足で痩せるはずが痩せない。
そのストレスは
安定ホルモンのセロトニンを減らし、
直接食欲へ繋がってしまう。

食べたい、食べたい!を我慢すればするほど
痩せない時期は長引いてしまいます。
今日はあえて、お菓子を活用する
停滞、ストレス突破方法です。

和菓子よりも洋菓子を選ぶ
カロリー的に和菓子の方が良い!
と思われがちですが、
必要なのは糖質と脂質。

食欲を抑える安定ホルモンの生成には
糖質と乳製品が必要です。

饅頭や羊羹よりも、チョコやクッキー等
糖質も脂質も含まれるものを選びましょう。


食べるなら2回に分ける
→もちろん、カロリーが高く糖質も多いと
血糖値を急上昇=脂肪を増やしやすい
デメリットもあります。

ここでは内臓のカロリー消費を増やすこと。
糖質と脂質が多いと、
それだけ消化吸収に時間がかかります。

3時に食べるより、2時30分と3時30分に
小分けすることで、消化吸収時間が延び
それだけ消費されるカロリーも
多くなります。


我慢すれば良いというものではない。
いかにストレスを小さくするか
痩せやすさは決まってきます。

今だけ痩せれば良い、ではなく
ずっとキレイを保ちたい!
と思うならなおさらです。


ダイエット中にお菓子は敵!
でも気づくと食べてしまい罪悪感、、

なあなたはご参考にしてください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
0から学ぶダイエット資格取得講座
1人の時も不安にならない。
〜ほっとできる強みの知識〜

○痩せよう!と思ったら誰よりも早く痩せられる
○時、場所を選ばず痩せられる!
○食事の場で無意識に痩せる食べ方が出来る



(↓クリック)
【NY,Paris認定 ダイエット専門
「オフィシャルモデルダイエット講座」】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「冬のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容の一部をSNS公開


(↓クリック)
冬の!モデル体型ボディメイクダイエット




【120万部突破!】ミリオンセラー! 
ジムに通えない43都道府県のあなたへ。
モデルが秘密にしたがる
体幹リセットダイエット



(クリック↓)
詳しい書籍内容はこちら