みなさん、こんにちは!

働き方改革コンサルタントの 「エキサイテイングプロジェクト」 並河 康一です。

→初めましての方は、こちらからプロフィールもご覧ください。

 

どんな感じの人間か?は、ラジオ出演した動画でご覧ください。

(11分ちょっとなので、チャチャっと見れますよ。)

(再生回数が1100回達成!ご覧いただきありがとうございます)

 

 → その1 幼少編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その2 社会人前編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その4 うつ病発症と克服編 は、こちらからどうぞ(公開中)

 → その5 転職活動編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その6 ブラック企業 前編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その7 ブラック企業 後編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その8 起業して 編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 

<今回の記事はここから>

 

社会人6年目にして、2社目の転職をしました。元取引先のお客さまでもあり、仕入先でもある会社さんから有難いことにお声がけいただき、入社することになります。

 

入社は、2000年1月1日付。ミレニアムという言葉がやたらと流行っていた18年前の出来事でした。この歳は、5年間お付き合いしていた彼女と結婚するという決断をした年でもありました。

 

入社して、いま思えば一番アクティブで、機能的で、知識も実力も発揮できていた時期だったなあと振り返られますが、

 

当時は転職して結婚して引っ越ししてと、盛りだくさんで必至でした。30代前半だからこそできた動きかなと思いますね。

 

最初のうちはあまり上司に恵まれなかった時もありましたが、入社3年目にして、私のことを評価して、引っ張り上げてくれる上司に巡り合います。

 

そこからは、その会社で初!というプロジェクトの数々に参加させていただき、そのほとんどの陣頭指揮を執らせていただくことになりました。

 

・ポイント制度の導入

・会員制ホームページの構築と運営

・設計業務での新サービスの開拓を運用

・教育機関の立ち上げと運用

・営業部門の業務改善に伴うフロー検証

・人事制度評価の再構築

・新商品開発

・営業部内の研修会の開催・運営

 

これらのプロジェクトを同時進行させながら、自部署の立て直しという命題をいただきまして、それはそれはめまぐるしい忙しさと勉強の日々でしたが、

 

コレが後の自分の経営コンサル業に行かされているということだけは、疑いようのない事実です。もちろん会社ですので、いろいろな制限もあり、他部署との調整、人間関係などで苦労したことも多かったですが、

 

これにより、交渉力や考察力、判断力、行動力などといった身に付けるべきスキルを獲得できました。

 

この時期に、外部セミナー(トステムビジネスセミナー)に2年間通わせていただき、コミュニケーションスキル・ドラッカーのマネジメント手法・会計スキルの3つについても学ばせていただいたことで、

 

いまご提供しているコンテンツの 「エキサイティングプロジェクトのフルカスタマイズコンサルタントパッケージ」 を作り上げることもできました。

 

5年間かけて、自部署の立て直しと各プロジェクトの対応などを会社として評価していただいたことで、会社として実施していた「新事業の開発」という命題の運用改善に事業部長として抜擢されることになります。

 

事業部長としてまず行ったのが、いわゆるバグ出し。改善しなければならないところを小さなことから列挙して表にしました。ホントに小さなことも含まれていて、例えば、

 

・倉庫の整理整頓

・車の中の整理整頓

 

などといったいわゆる5Sから始まって、数えてみるとその項目は100を裕に超えていました。

 

プラス、管理職とメンバーの信頼性が欠如していることによる不仲・いざこざ、事業部としての目標管理が周知されていないことによる浪費、決定的だったのは、たかだか15人の事業部で創部以来4年間で累積赤字が3億円を超えていることでした。

 

品質重視で経費をいくらかけていいというメンバーもいれば、まったく逆の主張をする人もいて、会議をするたびに収拾がつかないくらい紛糾し、そして問題解決できないまま雰囲気悪く会議がなし崩し的に終了し、部署全体にダメダメ感とあきらめ感が会議を開くたびに満ち満ちていました。

 

そもそも会議を開くことすら、各個人のスケジュール調整ができず、何度もお流れになってしまったりといった具合で、かなりの難局であったことは間違えありません。

 

事業部というのは、基本的に会社内でも独立採算を見られるわけですから、管掌役員はいても、基本的には会社内の独立組織ですので、すべての事象において事業部長の責任において改善なりをしていかねばなりません。

 

会社からは、基本的に赤字の早期解消・黒字化ということを求められますので、はてさてどうしたものやらと途方に暮れる暇なく、次から次へと諸問題が事業部長である私に持ち込まれます。

 

基本的な会社の文化としては、比較的体育会系のノリな部分もあって、「ハードランディング」が当時は主流でした。平たく言うと、人員の削減や設備の廃止、外注化などによって経費を徹底的に圧縮して黒字化にもっていくという手法です。

 

ですが私としては、ハードランディングさせていくことへの躊躇、迷い、様々なしがらみなどを総合的に判断し、納得性の高い改善をしていくために、敢えて「ソフトランディング」を選びます。

 

これが正しかったかどうかは、いまとなっては検証不可能ですし、私としては最善策だと思ってやっていましたが、

 

社内では当然、「手ぬるい」 「甘い」 などといった意見も出てくるわけで、そういう外圧や内圧には自分が耐えてさえいけば、やがて道は開けるものだろうという考えでやっておりました。

 

まだ40歳前後の私としては、自分の精神・肉体の耐久性にはかなり自信もあったので、どうにか行ける!と思っていたのですが、

 

実はこれが、甘かった・・・。

 

人間、企業人としての 「圧」 だけだったらどうにかなるかもしれませんが、それ以外の例えば家族や友人といったプライベートで問題が起こったり、もしくは、企業人としての「圧」があまりにも強くて、自分の耐久力・対応能力を超えた場合、

 

自分自身ではどうにもコントロールできない体調の変化が起こり始めるのです。

 

この続きは、

→ その4 うつ病発症と克服編 は、こちらからどうぞ(公開中)

 

私の紹介内容以外のブログ記事の最新版は

「2018年で【止めた】ものと、残り15年で作るもの」はコチラからお読みください(公開中)

 

※もし内容が良ければ、フォロー(読者登録)をお願いします。

<今回の記事はここまで>

 

※新電力「リミックスでんき」で4人家族の場合は、年間削減額が1万円越えに!

→ お申し込みはコチラからどうぞ。

※1~3月まで「介護」「発達障害」「転職」の講座を開設します。

→ お申し込みはコチラからどうぞ。


<読者の皆様へのご案内>

日本カルチャー協会の横浜関内校と市ヶ尾校で、来年1月~3月まで、3種類の講座を担当させていただくことになりました。

詳しい日程と場所などにつきましては、コチラのブログ記事 → 「来年1月~3月まで講座を開設することになりました。(横浜関内校・市ヶ尾校) をご覧くださいませ。

 

→ お申し込みはコチラからどうぞ。

 

<読者の方へのお知らせ>

当社では、お問い合わせいただいた方とのご縁をとても大切にしています。例え、当社が

対応できない場合でも、それに近しい方や、小職の人脈から、お役に立てそうな会社さん

ご紹介するようにしています。

 

また、お問い合わせいただいてご面談いただけた方とは、クライアントになりそうな方が

いらっしゃった場合には、ご面談いただいたお礼として、必ずご紹介させていただくように

しています。

 

情報収集は、大歓迎です!

 → とりあえず、情報収集してみる。

 

   どんな感じの人間か?は、ラジオ出演した動画でご覧ください。

    (11分ちょっとなので、チャチャっと見れますよ。)

   

 

コピーライティング好調です!どんな記事を書くのか?は、以下をご覧ください。 

→ 経営者側が「ブラック企業」と呼ばれないために、最低限備えておきたい5つの事

 

コピーライティングのご依頼は、こちらからどうぞ。

→ コピーライティングの見積りを依頼する。

 

  → その1 幼少編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その2 社会人前編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その4 うつ病発症と克服編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その5 転職活動編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その6 ブラック企業 前編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その7 ブラック企業 後編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その8 起業して 編 は、こちらからどうぞ。(公開中

 

 → プロフィールは、コチラからご覧ください。

 

※もしお読みいただいて、内容が良ければ読者登録をお願いいたします。

 

ブログを紹介し合って人気ブロガーになれる 【アメクリップ】

 

ポチッとしていただけたら嬉しいです!


人気ブログランキング

 


にほんブログ