みなさん、こんにちは!

働き方改革コンサルタントの 「エキサイテイングプロジェクト」 並河 康一です。

→初めましての方は、こちらからプロフィールもご覧ください。

 

どんな感じの人間か?は、ラジオ出演した動画でご覧ください。

(11分ちょっとなので、チャチャっと見れますよ。)

(再生回数が1000回達成!ご覧いただきありがとうございます)

 

 → その1 幼少編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その2 社会人前編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その3 社会人後編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その4 うつ病発症と克服編 は、こちらからどうぞ(公開中)

 → その5 転職活動編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その6 ブラック企業 前編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その7 ブラック企業 後編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その8 起業して 編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 

<今回の記事はここから>

昨日12月25日は、電通 元社員の 高橋まつりさん の 命日です。

 

この日を契機に、日本のビジネス界では 一気に 「働き方改革」 「ブラック企業」 という言葉が広まりました。

 

我々ビジネスパーソンが、決して忘れてはならない日なので、昨年に続いて稚拙ですが起稿させていただきます。

 

今年は、企業だけでなくスポーツ界もハラスメントが横行していることが、ようやく明るみに出た年でした。

 

スポーツの場合は、それはそれで苦しい思いをされているとは思いますが、高橋まつりさんの場合は 「死」 ですから、そのことは、常にリマインドしていかねばならないと強く感じでおります。

 

過去3年の間、一部ネットでは、「それでも死んだ彼女が悪い」的な発言も目立ちます。

 

仮に百歩譲ってそうだったとしても、もしそういうご意見の方の息子さんや娘さんが会社のパワハラやモラハラ、セクハラなどといったハラスメントで死を選んで、実際に死んじゃったらどうでしょうか?

 

たぶん、その現実を受け入れられず、所属していた企業に対して激しい憎悪を持ち続けるのではないでしょうか?

 

なおそれでも彼女が悪いという人は、企業や組織、団体に「居てはいけない人」だと私は思いますし、そういう方は、是非パワハラが正義であるようないわゆる「本職」の方へ行っていただければみんなが幸せになれます。

 

組織である以上、複数人人がいれば、気の合う人もそうでない人もいるでしょう。それでも、自分のため、会社のために細かいことには目をつむり、逆に時には意見を戦わせ、そしてチームが目的とする売上と利益を獲得するというのが、唯一の正しい姿であるべきです。

 

それ以外のマネージャーやチームリーダーは、直ちに辞めてもらうか勉強し直してもらうかしない限り、そこの組織や会社に所属する人たちは一生報われません。

 

部下は上司を選べません。上司は部下を選べます。

 

この差は非常に大きいです。

 

だからこそ、経営層がマネージャーやチームリーダーが適正なマネジメントを実行できているのかを常に観察し、正しい方向へと導くのが、彼らの仕事なのです。

 

朝から机で日経新聞を長々と読んだり、上得意様の社長や役員に暇に任せてあいさつに行ったり、部下の営業同行で上司風を吹かせたり・・・。

 

意味のない仕事という名の暇つぶしをしている人が多すぎます。

 

ましてや、チーム組織の長が部下にパワハラ、しかも執拗になんていう高橋まつりさんの事例は、会社としての管理監督責任と、その長の厳罰は免れないのではないか?

 

と個人的に思ったところで、裁判してもロクな結果が出てこないこの国は、果たして正常な法治国家なのでしょうか?

 

3年経った今だからこそ、分かってきた事実や不当判決の妥当性などが改めて議論されるべきです。

 

そういう事を、愚直に地道にやって行かないと、この国の就労人口における日本人の割合がどんどん減っていき、やがて東アジア・東南アジア・中央アジアなどからの人材で埋め尽くされることでしょう。

 

日本人が働ける場所がどんどんなくなっていき、そしてAIが活用され、本当にその人しかできない仕事をしている人のみが、この国で生きながらえていくことになるのではないでしょうか?

 

私は最近、そんなことを思いながら、毎日その日1日できることを最大限実行して、そして明日死んでしまったらされで仕方ないということを実践しています。

 

こんなブログを書いていても、明日自分の命と会社がある保証は何もないのです。

 

だからこそ、忘れてはいけないことは絶対に忘れずにやるべきです。毎年この時期になれば、かならず電通事件のことは思い出すようにしています。

 

そして元号が変わる来年も、ずーっと忘れてはならないと感じますので、また書きました。

 

誰かがどこかで言い続けないと、この国ではどんな悪質な事実でも風化してしまいます。しかもその風化スピードは、年を追うごとに早くなっている気もします。

 

昔は「人のうわさも75日」といわれましたが、今では3日くらいな感じさえします。

忘れないことも、重要だなあと感じる日々を今日も送りました。明日もまたそうします。

 

私の紹介内容以外の過去記事、

 

→「音楽スクールお探しなら、是非カサメミュージックスクールを見てから決めてください!」はコチラからどうぞ。(公開中)

 

※もし内容が良ければ、フォロー(読者登録)をお願いします。

 

<今回の記事はここまで>

 

 

<読者の皆様へのご案内>

日本カルチャー協会の横浜関内校と市ヶ尾校で、来年1月~3月まで、3種類の講座を担当させていただくことになりました。

詳しい日程と場所などにつきましては、コチラのブログ記事 → 「来年1月~3月まで講座を開設することになりました。(横浜関内校・市ヶ尾校) をご覧くださいませ。

 

<読者の方へのお知らせ>

当社では、お問い合わせいただいた方とのご縁をとても大切にしています。例え、当社が

対応できない場合でも、それに近しい方や、小職の人脈から、お役に立てそうな会社さん

ご紹介するようにしています。

 

また、お問い合わせいただいてご面談いただけた方とは、クライアントになりそうな方が

いらっしゃった場合には、ご面談いただいたお礼として、必ずご紹介させていただくように

しています。

 

情報収集は、大歓迎です!

 → とりあえず、情報収集してみる。

 

   どんな感じの人間か?は、ラジオ出演した動画でご覧ください。

    (11分ちょっとなので、チャチャっと見れますよ。)

   

 

コピーライティング好調です!どんな記事を書くのか?は、以下をご覧ください。 

→ 経営者側が「ブラック企業」と呼ばれないために、最低限備えておきたい5つの事

 

コピーライティングのご依頼は、こちらからどうぞ。

→ コピーライティングの見積りを依頼する。

 

  → その1 幼少編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その2 社会人前編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その3 社会人後編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その4 うつ病発症と克服編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その5 転職活動編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その6 ブラック企業 前編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その7 ブラック企業 後編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その8 起業して 編 は、こちらからどうぞ。(公開中

 

 → プロフィールは、コチラからご覧ください。

 

ブログを紹介し合って人気ブロガーになれる 【アメクリップ】

 

ポチッとしていただけたら嬉しいです!


人気ブログランキング

 


にほんブログ