みなさん、こんにちは!

 

働き方改革コンサルタントの「エキサイテイングプロジェクト」、並河 康一です。

→初めましての方は、こちらからプロフィールもご覧ください。

 

どんな感じの人間か?は、ラジオ出演した動画でご覧ください。

(11分ちょっとなので、チャチャっと見れますよ。)

(再生回数が850回越え!ご覧いただきありがとうございます)

 

 → その1 幼少編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その2 社会人前編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その3 社会人後編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その4 うつ病発症と克服編 は、こちらからどうぞ(公開中)

 → その5 転職活動編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その6 ブラック企業 前編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その7 ブラック企業 後編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その8 起業して 編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 

<今回の記事はここから>

 

先週25日(水)、毎年恒例の定例総会&懇親会が、これまた恒例の中華街にあるローズホテル横浜にて行われました。

 

これまでサラリーマン生活が長かった私は、学生時代の人脈に全く興味がなかった身として、起業してから自身の人脈の幅の狭さを思い知ったので、

 

昨年より遅ればせながら参加させていただいております。今回で2回目です。

 

その縁で、「第35回 活躍するOB・OGたち」 に掲載していただいたり、思いがけず同じ学部の方とお知り合いになったり、

 

そこからのご縁で、歌手の 「松原 愛」 先輩ともお知り合いになることができました。

 

(松原先輩、いつもお写真ありがとうございます!)

 

さて、今回の総会に参加する主たる目的は、もちろん例の 「日大アメフト問題」 について、日大側がどういう話をしてくるのか?でした。

 

まあ薄々想像はしていたのですが、田中理事長・大塚学長は欠席でした・・・。昨年は、学長は来ていたのですがね。

 

『どうしても重要で外せない会議があり、残念ながら参加することができず、皆様にはくれぐれもよろしくお伝えください』 というコメントが寄せらせてました。

 

こういう時こそ、出てきて何を言われようとも対処するぐらいの姿勢が、信頼回復につながるんですが、

 

田中理事長も大塚学長も、そういう気概が感じられる人格でもないでしょうし、何よりメディアでの発言対応があまりにもお粗末で、出てきてしまうとかえって炎上してしまうというリスクを

事務方が考えて、

 

あえて出席せずということになったのかもしれないと、容易に想像できます。

 

その代わりといっては何ですが、総会で発言される方々は、まず冒頭で必ずアメフト問題に触れ、校友に謝罪のコメントをつけていらっしゃいました。

 

なんだか枕詞のような感じで、アメフト問題はそのうち終息し、今年出場できなかった箱根駅伝に来年は出場できますので、そちらに期待しましょう!

 

という流れになっていました。

 

校友会として、意見などはもちろん理事会の方にご連絡いただいているそうですが、それをどこまで聴く耳をもって誠実に対応するのか?は、かなりの疑問符だなとも感じました。

 

そんな流れの中、大学を代表してあいさつに立った 「経済学部 井尻学部長」 のお話しされた内容に、一筋の光が見えました。

 

現在就活中の学生の話になり、必ず企業側から今回のアメフト問題について聞かれてしまうということ、それでも母校に誇りをもって内定を勝ち取っているということ、

 

教員も学長を先頭に、学生たちを支えていくために頑張っていきたい!と 胸を詰まらせながら涙される場面も・・・。

 

こういう真面目に真摯に向き合っておられる教職員の方々が大半だということは、もちろん分かっているつもりですが、

 

日大・田中理事長用が報復人事を発令ー「週刊文春」編集部

 

という記事がでているので、

 

果たしてこれで本当に日大が良くなっていくのか?

このまま見ているだけで本当に良いのか?

 

いち個人のOBとしての力は、巨大組織 「日大」 に全く通用しませんので、やはりある程度「束」 になっていかないとダメかな・・・とも考えています。

 

これを読んでいただいている校友のみなさんも、SNSなどを通じて日大改革の旗を立てていただいたり、なにか 「束」 になれるご意見があれば、是非ぜひお寄せいただきたいです。

 

それと、今回で2回目となった総会への参加ですが、一番気になるのが参加メンバーの高齢化と女性の少なさです。

 

ヘタをすると、リタイアされた方々の 「養老会」 になってしまう気がします。特に私のような世代を含む、30~60代の校友が圧倒的に不足していて、

 

今回のように大学が窮地に立った際でも、力のある現役が 「束」 になれる土台ができていないという、ある意味危機的状況だと思います。

 

卒業生の大半がサラリーマンになると思いますが、サラリーマンは朝から晩まで忙しく、しかも社内や顧客との人脈で十分だと思いがちです。

 

私もずーっとそうだったのですが、私の人生観では、どうやらそれは大きな間違いのようです。

 

母校の人脈というのは、普段はあまり役に立たないし、行くだけ時間のムダと考えるのは、非常に損をしていたことが判明したのです。

 

幸いにして、神奈川支部の総会&懇親会は、着席で中華のコーススタイルですので、あまり疲れることもなく、しかも料理が非常に美味しい!

 

 

是非、神奈川県にお住いの校友さんは、次回から参加してください!(特に若い方と女性)

 

日大本部の校友会は年会費(1万円)がかかりますが、神奈川支部は無料です。エントリーだけでもしておいていただければ、自然と案内が届くようになりますので、

 

絶対に損はないと思います!

(→ 日大校友会 神奈川支部へのエントリーはこちらから)

 

次回、神奈川支部で行われる会合は、年初の賀詞交歓会です。こちらも着座スタイルですので、是非お越しくださいませ。

 

誰も知らないので不安だという方は、私とfacebookでお友達になって、私をめがけて参加していただいても構いませんので、

 

どうぞよろしくお願いします!!

 

(今回は、おめでたい獅子舞も登場しましたよ!)

 

<今回の記事はここまで>

 

<読者の皆様にお知らせ>

当社では、お問い合わせいただいた方とのご縁をとても大切にしています。例え、当社が

対応できない場合でも、それに近しい方や、小職の人脈から、お役に立てそうな会社さん

ご紹介するようにしています。

 

また、お問い合わせいただいてご面談いただけた方とは、クライアントになりそうな方が

いらっしゃった場合には、ご面談いただいたお礼として、必ずご紹介させていただくように

しています。

 

情報収集は、大歓迎です!

 → とりあえず、情報収集してみる。

 

   どんな感じの人間か?は、ラジオ出演した動画でご覧ください。

    (11分ちょっとなので、チャチャっと見れますよ。)

   

 

コピーライティング好調です!どんな記事を書くのか?は、以下をご覧ください。 

→ 経営者側が「ブラック企業」と呼ばれないために、最低限備えておきたい5つの事

 

コピーライティングのご依頼は、こちらからどうぞ。

→ コピーライティングの見積りを依頼する。

 

  → その1 幼少編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その2 社会人前編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その3 社会人後編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その4 うつ病発症と克服編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その5 転職活動編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その6 ブラック企業 前編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その7 ブラック企業 後編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その8 起業して 編 は、こちらからどうぞ。(公開中

 

 → プロフィールは、コチラからご覧ください。

 

ブログを紹介し合って人気ブロガーになれる 【アメクリップ】

 

ポチッとしていただけたら嬉しいです!


人気ブログランキング

 


にほんブログ