みなさん、明けましておめでとうございます!

 

働き方改革コンサルタントのエキサイテイングプロジェクト、並河 康一です。

→初めましての方は、こちらからプロフィールもご覧ください。

 

  どんな感じの人間か?は、ラジオ出演した動画でご覧ください。

  (11分ちょっとなので、チャチャっと見れますよ。)

  

 

 → その1 幼少編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その2 社会人前編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その3 社会人後編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その4 うつ病発症と克服編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その5 転職活動編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その6 ブラック企業 前編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その7 ブラック企業 後編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その8 起業して 編 は、こちらからどうぞ。(公開中

 

いつもお読みいただきまして、ありがとうございます。

今年も、皆さまのお役に立てるような記事を書いていこうと思っております

ので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、年初早々ですけれど、ビジネスシーンにおける様々なコンテンツで、

2017年までで終わった、もしくはもう終わって欲しい、いわゆる 「ビジネスオワコン」 

をまとめてみました。

 

働き方改革的に言えば、『もう終わりにしたほうがよろしいのではないですか?』

というご提案です。

 

 

カウントダウン形式で、お送りします。では、スタート!!

 

第10位  ガラケー

 →  さすがに時代錯誤感が出てきました。音声電話での情報のやり取りに限界を

   感じずにはいられません。なにしろ、証拠も残らないしメモを取らなくてはならない。

   社内連絡であれば、LINEで十分ですし、お客様とのやり取りは、急ぎであれば、

   Facebookのメッセンジャー、急ぎで無ければPCのeメールで事足ります。もちろん、

   どうしても音声でのやり取りが必要ならば、電話もできるということで、さすがに

   もうスマホでいいんじゃないでしょうか?電話がしやすいという理由で、スマホと

   ガラケーの2台持ちも、もはや割り当て電波と電気エネルギーの無駄遣いと感じて

   しまいます。

 

第9位  メッセージ性のない、季節のご挨拶状(年賀状・暑中見舞いetc)

 →  年末年始、郵便局がエライことになって、どうやらパンクしてる模様です。という

   ことで、この際、郵便局での働き方改革の一環にもなりますので、印刷してただ送る

   ような時節のご挨拶状は、やめませんか?B to B の世界で、同じ企業さんの別の

   担当者さんから数枚同じものが届いたりして、「これって要るのかな?」とよく思って

   いました。B to C の世界や、プライベートでの年賀状や暑中見舞いを否定するもの

   ではありませんが、会社で機械的にひたすら印刷した年賀状を、さもめんどくさそうに

   一言書くか書かないかで、一生懸命たくさんの顧客に送ることに、意味合いを見い出

   せなくなってきていると感じますが、どうでしょう?見る側も、年始から時間がとられて

   非効率だと思いますし。来てない業者に気分を悪くする古い時代の方々に気を遣わ

   なくても、たぶん仕事はなくなりません。年賀状が来ないから、あの業者とは取引

   停止だ!なんて聞いたことありませんし、もし仮にそういう取引先だとしたら、お付き

   合いするのはどうかとも思いますし。

 

第8位  紙媒体での社内決済(交通費精算・稟議・○○申請書などのたぐい)

 →   これは、時短にもつながります。特に紙媒体を維持している最大の理由、諸悪

    の根源 「捺印行為」。 決裁者の印鑑がないと、見積や社内処理などが一向に

    進まないという不条理な状況を打開しましょう。ハンコをもらうために、決裁者を

    ケータイ電話で追い回し、口頭で承認をもらって印鑑欄に「口頭で承認済み」と

    記載するのって、ホントに内容を理解して決済出来てるのかな?って思いませ

    んか?

    豊洲問題で都庁から出てきた黒塗りの資料に、100人を超える印鑑捺印がなさ

    れていたのを見た時に、正直寒気がしました・・・。もう、電子決済でいいのでは

    ないでしょうか?

 

第7位  年末年始、お盆前の季節のご挨拶を目的とした営業訪問

 →  営業マンの最大の行動理由に「お客様へのご挨拶」がありますが、相手にとって

    も自分にとっても、最大なる時間泥棒ではないでしょうか?    

    年末にゾロゾロとエライさんが数名来られてカレンダーを手渡されて、年明けに

    なると同じメンツでゾロゾロ来られて年賀タオルを渡されても、特にお話しする

    ことはありませんし、訪問する側も、儀礼としてご挨拶に行ったところで、果たして

    どれだけ営業効果があるのか?はかなり疑問です。この手の、相手と自分の

    時間を搾取することに日本伝統の「儀礼」という常識を当てはめて、やるべきと

    強制することに、生産性をあまり感じられませんが、どうでしょうか?

    たぶん、年末年始のあいさつ回りをしなくても、仕事はなくならないと思います。

 

第6位  飛び込み営業訪問

 →  なんのターゲットも絞らず、もしくは業者リストをもとにしたとしても、アポなしの

    訪問営業は、対応する側にとっては、ただの嫌がらせだと思われても仕方があり

    ません。

    逆に、営業マンとしても、成約には全く至らない営業行動は、ただ疲れるだけ

    ですね。たまに、『飛び込み営業こそ営業度胸を付けるには最適だ!』とか、

   『飛び込み営業で、真の担当者を突き止められたら最大の成果だ!』 などと強弁

    する営業手法カウンセラーの方もいらっしゃいますが、今の時代、他の手法が

    いくらでもありますよね? お互い、貴重な時間を無駄にしているのでは思うの

    ですが・・・?

 

 

以上、10位から6位までを挙げさせていただきました。プライベートでは、まだまだ必要

なものも多いのですが、ことビジネスに限って言えば、もうオワコンでお願いします!

いうものを願いを込めた、あくまで小職からのご提案です。ぜひ、ご覧の皆さんの会社

でも、ご検討ください。当社でも、ご相談をお受けしています。

→ まずは、相談してみる。

 

5位~1位は、「その2」 でお送ります。

 

<読者の皆様にお知らせ>

当社では、お問い合わせいただいた方とのご縁をとても大切にしています。例え、当社が

対応できない場合でも、それに近しい方や、小職の人脈から、お役に立てそうな会社さん

ご紹介するようにしています。

 

また、お問い合わせいただいてご面談いただけた方とは、クライアントになりそうな方が

いらっしゃった場合には、ご面談いただいたお礼として、必ずご紹介させていただくように

しています。

 

情報収集は、大歓迎です!

 → とりあえず、情報収集してみる。

 

   どんな感じの人間か?は、ラジオ出演した動画でご覧ください。

    (11分ちょっとなので、チャチャっと見れますよ。)

   

 

コピーライティング好調です!どんな記事を書くのか?は、以下をご覧ください。 

→ 経営者側が「ブラック企業」と呼ばれないために、最低限備えておきたい5つの事

 

コピーライティングのご依頼は、こちらからどうぞ。

→ コピーライティングの見積りを依頼する。

 

  → その1 幼少編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その2 社会人前編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その3 社会人後編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その4 うつ病発症と克服編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その5 転職活動編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その6 ブラック企業 前編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その7 ブラック企業 後編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その8 起業して 編 は、こちらからどうぞ。(公開中

 

 → プロフィールは、コチラからご覧ください。

 

ブログを紹介し合って人気ブロガーになれる 【アメクリップ】

 

ポチッとしていただけたら嬉しいです!


人気ブログランキング

 


にほんブログ