みなさん、こんにちは!

 

働き方改革コンサルタントのエキサイティングプロジェクト、並河です。

 

  どんな感じの人間か?は、ラジオ出演した動画でご覧ください。

  (11分ちょっとなので、チャチャっと見れますよ。)

  

 

 → その1 幼少編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その2 社会人前編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その3 社会人後編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その4 うつ病発症と克服編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その5 転職活動編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その7 ブラック企業 後編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その8 起業して 編 は、こちらからどうぞ。(公開中

 

今回展開するお話は、私の中では秀逸のとびっきり面白いネタです。是非、他人の不幸?

楽しんでお読みください。(笑)

 

 

苦しかった転職活動もようやく終わり、2013年2月より、建設関連のメーカー企業に入社

します。

 

それこそ、えっ!ここにあるの?っていう、ステータスMAXの都内某所某タワー(これ以上

言えません・・・ゴメンナサイ)に、事務所を構えています。

 

転職活動の成功も相まって、高いタワービルを下から見上げ、かなり高揚しました!!

 

入社初日、まずは、営業部長さんにご挨拶。その部長さんが、開口一番

 

「ふーん、キミは、並河(なみかわ)くんっていうんだ・・・、珍しい名前だねえ。ひょっとして、

お国は中国かい? 河(ホー)さんって、結構中国には居るからなぁ~。」

 

はあ? のっけから中国人?見た感じ70歳近い、おじいちゃん部長さんのこの言いように、

のっけから『おやおや、変な会社だぞっ~』 と、ドン引きです。

 

で、始業時間になると、まずはいろいろとオリエンテーションがあるのか?と思いきや、

会議室に呼ばれ、

 

「まずはこのDVDを見なさい。」

 

と言われて、広い会議室に1人で放置プレー。 DVDの内容は、その会社の製品PRビデオ

でした。

 

全部観ると2時間ぐらいらしいのですが、1時間ほど観たところで、突然、おじいちゃん部長

さんと他部署の課長さんが、2人とも慌てた様子で登場しまして、

 

「今から、課長が急用で栃木の工場に行かなきゃいけなくなって、ちょうどいいからキミも

一緒に行って工場見学してきたらどうだ?ちょっと遅くなるかもしれないけど、大丈夫?

 

 ・・・ 『ちょっと遅いってどのくらいなのか?突然栃木って・・・???』

 

??? がいっぱいになりましたが、入社当日に 「イヤです。」とはさすがに言えないので、

 

「ハイ、大丈夫です。」 と、当然答えますね。

 

そうなったら、もう会社のペースです。課長さんに車に乗せられて、遠路、栃木工場に向かう

わけですが、前日降った雪の影響などもあって、関越道はものすごい渋滞でした。

 

着いたら13時を超えてました・・・。昼ごはんも、ろくに食べさせてもらえずに。そもそも、

渋滞するのが明らかにわかっている状況で、なんで車で来るかなぁ???っていう

やるせな~い感じ包まれてました。

 

そこから課長さんは、工場担当者と何やら打ち合わせをし始めます。私はといえば、ひたすら

工場をぐるぐる回って、見学しました。

 

ところが、2時間たっても、3時間たっても・・・打ち合わせが全く終わりません。

 

工場見学も早々に終わっちゃったので、後は課長さんの横で、ひたすら、意味不明な話を

聴くのみ。分からないなりに話を聞いてると、どうやらこんなことなんだということが、ようやく

見えてきました。

 

 ・社長が先週九州の工場に行ったときに、製品を作る形材の管理状況を見て、激昂!

 ・その激昂により、他の工場でも状況を確認して、一刻も早く報告するよう命令が出た。

 ・本来、あの部長さんが来るべきなのに、課長がやらされていて、課長も不満たらたら。

 ・実際に課長さんが内容を確認したのだが、現状をそのまま報告すると、社長が激昂

 するので、どうやってごまかして報告しようか?

 

といった、きわめて生産性のない話を永遠としているではありませんか・・・。

 

結論が全然出そうもない雰囲気。しかも、課長さんのタバコがなくなったので、買ってきて

くれ!と言われ、車で右も左もわからない閑散とした工場地帯でコンビニを探しまくり。

 

そうこうしているうちに、時間は20時を超えてました・・・orz。

 

ようやく打ち合わせが終わったのが21時過ぎ。もう、ホントに orz としか表現できない

状況が、初日から繰り広げられまして。

 

家についたのは、結局24時過ぎでした・・・。

 

正直、こんなんで大丈夫かなぁ?と思いましたが、その予感はズバリ的中することになり

ます。

 

入社して1カ月。私の職歴で建築関連を長くやってきたということもあり、土木資材の部署

から建材課に異動することに。

 

1カ月で異動っていうのも、いま考えれば、どうかしてますけどね

その建材課には、課長がいませんでした。では、誰がマネージャーかといえば?

 

なんと、「社長」が直接管理する、肝いりの部署でした。

 

この会社は、東京と大阪に2つの本社があるというダブルスタンダード制を敷いていた

ので、毎日社長は基本的に大阪にいて、東京にはいつ来るか、秘書しか把握してませ

んでした(そういうところも、怪しさ満点だったわけです。)

 

異動して3日後、いよいよその社長が私の目の前に現れます。

 

おじいちゃん部長さんの横にある打ち合わせコーナーに、建材課のメンバーが全員呼ばれ、

社長も同席して、なんだか打ち合わせみたいな感じになっていた時、その恐るべきブラック

ストーリーが始まりました。

 

建材はなかなか売るのが難しい・・・などという感じで、話の雲行きがだんだん怪しくなり

始め、もう見るからに社長がイライラし始めて、ものすごい形相になっちゃった社長が、

ついに私に

 

「こらーーっお前ぇぇっ!!何で売れんのじゃ、ボケーーーっ!」

 

ボケーっ!ってさぁ、まだ私は建材課に来て3日目ですよって。当然「はぁ?」 という顔を

しますよね? そうすると、立て続けに、

 

「なんじゃ、その顔は!そういう顔を、客の前でやったら シバくぞぉー!コラァァーー!」

「あんなあ、お前の代わりは、なんぼでもおるんじゃっ! ボケっ、カス、死ねぇっーー!!」

 

恫喝というのは、こういうものなのか? もはや、どこぞの組事務所 かと思いました。

そして、この瞬間、

 

『これは、大変な会社に転職してしまった・・・』

 

と、後悔することに躊躇は要りませんでした。まさに、後悔先に立たず・・・。ですが、その

後も、スーパーブラックな事象が、次から次へと続きます。

 

私の1カ月前に中途入社してきた建材課の同僚は、執拗な社長の恫喝に、明らかに精神的

に病んでしまい、転職先を決めることなく逃げるように退職。他の課でも、社長とペアで営業

していた方(半年前に入社)も、即撃沈。

 

私にも、容赦なくブラック社長が襲い掛かってきました。

 

営業で外出していた私に、社長からケータイに電話が。

 

「お前なぁ、なんで出かけてんねや!いまどこにおんねん? ところでなぁ、あの××の

現場は、どうなってんねん?」

「えっ・・・。それは、私の担当じゃないんですけど・・・。

アホかぁっーー!なんでお前が知らんねんっ! あの現場は、もうそろそろ決まるはず

やのに、どうなってるんか、今すぐ事務所に戻って報告せいや!!

 

数日しかたってないのに、いきなりマネージャー扱いで、しかも今すぐって・・・。

 

そんな無茶ブリの電話が、それこそ朝・昼・晩、休日関係なしに、ひっきりなしに掛かって

くるわけです。

 

『これじゃぁ、みんな辞めちゃうわなぁ~』

 

社員すべてが、社長が激昂しないように、自分が恫喝されないように、真実を湾曲して

報告し、戦々恐々としているさまは、まるで

 

「〇朝鮮」

 

陰で社長は、将軍様と呼ばれるありさま。

 

以前の私なら、ここで耐えられなくなってやめていたでしょうが、コチラも転職活動で、

転職のコツと精神面ではかなり鍛えられていたこともあり、

 

ここで辞めても次の職がないので、怒られても蹴られても、次の職を見つけるまで、給料

もらいながら転職活動してやる!と、腹をくくったのです!!

 

それからというもの、社長の叱責や激昂も、あり得ない数々のブラック事象も、それこそ、

「ジャガイモが何かか言ってる?!」

くらいにしか思わないようにして、転職活動を本格化させたのです。

 

その甲斐あってか、それから4か月後、建設付帯の資材レンタル会社に転職が決まった

のでした。(精神的に病むことなく、無事に脱北できました。)

 

いま思えばですが、冷静に分析すると、以下のような怪しい事象があったわけなんです。

 

 ① 面接が、社長面接1回のみで、面接時の社長の態度が結構横柄だった。

 ② 履歴書提出の際、手書きのものを要求された。

 ③ 業容や売上額とはかけ離れた、会社の所在地や入居テナントの豪勢さ。

 ④ 売上金額や会社規模に似つかわしくない資本金の多さ。

 ⑤ 従業員が全員中途入社で、新入社員は一人もいなかった。

 ⑥ 就業時間管理が全くされていなかった。

 ⑦ 社長室が豪華絢爛で、金ピカ。しかも茶室付き。

 

①~④は、入社前に分かる内容ですよね~。特に青字の部分は、判断ポイントですね。

 

これは、今の私の立場で言わせてもらうと、完全に「ブラック企業あるある」なんですが、

実際、年齢的にも厳しく、年収的にもそこそことなると、せっかくもらえた内定を蹴とばす

勇気は、なかなか出なかったわけです。

 

でもまあ逆に言えば、この失敗で、いろいろなことを学ぶことができたとも思っています。

 

「入社前にブラック企業かどうかを見分ける方法。」 とか

「入社してみて、こんなことがあったら、病むより先に、即避難。」 とか

 

それこそ、本が書けそうです。(書いてみようかなあと、半分本気です。)

 

私としては、世の中の企業がブラック企業と呼ばれないように、是非取り組んでほしい

「働き方改革」 を一社でも多く、正しい方法で取り組んでいただくための活動と、現在、

ブラック企業の中で、歯を食いしばって頑張っておられるビジネスパーソンの方々に

 

留まるべきか、辞めて転職するべきかを、生々しい体験談を通じて、客観的に判断して

もらえるようなキッカケづくりを進めていきたい思いますので、

 

もし、ブラック企業のことで悩んでいらっしゃる方がいらっしゃったら、是非このブログを

その方にご紹介ください!

 

必要であれば、具体的にご相談に乗って、その方が少しでも幸福感を味わっていただ

けるようにお手伝いしたいと思います。

→ 自分の会社がブラック企業かもしれないと思っている方は、ここをクリック!

 

<読者の皆様にお知らせ>

当社では、お問い合わせいただいた方とのご縁をとても大切にしています。例え、当社が

対応できない場合でも、それに近しい方や、小職の人脈から、お役に立てそうな会社さん

ご紹介するようにしています。

 

また、お問い合わせいただいてご面談いただけた方とは、クライアントになりそうな方が

いらっしゃった場合には、ご面談いただいたお礼として、必ずご紹介させていただくように

しています。

 

情報収集は、大歓迎です!

 → とりあえず、情報収集してみる。

 

   どんな感じの人間か?は、ラジオ出演した動画でご覧ください。

    (11分ちょっとなので、チャチャっと見れますよ。)

   

 

 

 

コピーライティング好調です!どんな記事を書くのか?は、以下をご覧ください。 

→ 経営者側が「ブラック企業」と呼ばれないために、最低限備えておきたい5つの事

 

コピーライティングのご依頼は、こちらからどうぞ。

→ コピーライティングの見積りを依頼する。

 

  → その1 幼少編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その2 社会人前編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その3 社会人後編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その4 うつ病発症と克服編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その5 転職活動編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その7 ブラック企業 後編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その8 起業して 編 は、こちらからどうぞ。(公開中

 

 

ブログを紹介し合って人気ブロガーになれる 【アメクリップ】

 

ポチッとしていただけたら嬉しいです!


人気ブログランキング

 


にほんブログ村

AD

コメント(2)