みなさん、こんにちは!

 

働き方改革コンサルタントのエキサイティングプロジェクトです。

 

 どんな感じの人間か?は、ラジオ出演した動画でご覧ください。

 (11分ちょっとなので、チャチャっと見れますよ。)

 

 

  → 初めましての方は、コチラもぜひご覧ください。(その8 起業して 編)

  

  → その1 幼少編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その2 社会人前編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その3 社会人後編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その4 うつ病発症と克服編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その5 転職活動編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その6 ブラック企業 前編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 →  その7 ブラック企業 後編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その8 起業して 編 は、こちらからどうぞ。(公開中

 

 

しばらく記事を上げておりませんでしたが、実は、いろいろと取材活動をしておりました。

 

ビジネス交流会や、ビジネスセミナー、とくに働き方改革に関するセミナーなどにも

いくつも参加してみました。

 

起業してから、半年経ちましたが、働き方改革セミナーと分類されているものは、

それこそ、20回以上参加してきました。

 

 

で、せっかくいっぱい参加したので、この際ですので、分かったことをご紹介します。

 

題して、「働き方改革セミナーに参加して分かった、5つのこと。」

 

1.もはや、どこででも、いつでもやっている。

  

 試しに、「働き方改革」 「セミナー」 「(地域名)」 などというワードで検索してみてくだ

 さい。それはそれは、ヤマというほど出てきます。

 

 やっているので多いのは、ITソフトウェア会社、通信ハードウェア会社、地方公共団体と

 いった感じでしょうか?

 

 基本的には無料というものが多く、時間は90分~180分程度が一般的です。地方でも

 主要都市などでは、いろいろとやっているものもありますので、ご都合に応じてお選び

 いただければいいかと思います。

 

2.講師は、ほとんどが社会保険労務士か大学教授で、何かが紐付いている。

 

 基本、参加費無料というのが多いのですが、それは後から、ソフトの宣伝だったり、機械の

 販売だったり、はたまた助成金の申請とか、労務管理の指南だったりということで、あくまで

 セミナーは、キッカケ作りの入口だというスタンスです。

 

 じゃないと、無料でセミナーってのも、虫が良すぎますからね。あくまで、そういうもんだと

  いうことを最初っから理解していけば、さしたる問題はないし、その場で決めず、持って

  帰って、しっかり検討すればよいだけの話ですね。

 

 それと、よく地方公共団体などがやっているセミナーの場合、大学の先生が講師の時が

  ありますが、これは、どちらかというと、先生の側が、これからの研究対象として、研究の

  内容を披露して、受講者の反応を見たり、これからの研究課題を先生が探しているという

  雰囲気のものが多いです。

  

3.内容は、ほとんどが法律やガイドラインの説明。

 

 これはどこのセミナーでも、ほぼほぼ一緒です。私のブログでも、肝は紹介していますので、

(→ やった!!再生回数が200回を超えました。をご参照ください。)

 

 実は、これを見ていただければ、セミナーでやっている内容が95%は網羅できます。

 

 要するに、法改正で厳しくなるので、今のうちから皆さんやりましょうよ!政府も本気

  ですよ。あなたの会社は大丈夫ですか?大丈夫じゃないですよね?じゃあやりましょう。

 

 ということです。さすがに、2行でまとめちゃうのは、セミナー開催されている方に怒られ

  ちゃうかな?でも、お忙しいビジネスパーソンの方々には、これくらいでちょうどいいかも

  しれませんね。

 

4.実際に、自分の会社でどうやって取り組んでいけばいいのかは、教えてくれない。

 

 前項でお示しした通り、あくまでセミナーの内容は、法律がこう変わるとか、こういう方向

  性で対策しないとマズいですよ、ということですので、例えば、時間管理はパソコンで、

  それも自己申告式のエクセルはだめですよ。(正確に言うとダメではなく、止めた方が

  いいということなのですが、私的にはアウトですので、ダメという表現にしました。)

 

 じゃあ、それって自分の会社ではどうやって対応したらいいの?という具体的な方策は、

  大勢いるセミナーですので、当たり前ですが、いちいち教えてはくれません。

 

 詳しくは、質疑応答で答えてもらうか、後で講師の先生に聞くか・・・。ですが、それぞれ

  採用している会社の基幹システムや、会社の勤務実態、社員構成、業界慣習などが

  複雑に絡み合ったそれぞれの会社にとって、無理なく適切に速やかに導入できる方法を

  考えてやらないと、

 

 まず間違えなく、失敗します。(断言できますよ。)

 

 巨額のシステム構築費を投入したものの、社員にほとんど浸透しないという例が、実は

  山ほどありますしね。

 

 そこは、いくら有名で優秀な社労士さんとて、ヒアリングしながら進めていかなければ、

  その会社に適合した働き方改革は、提供できません。

 

 ですが、世の中の社労士さんは、ほとんどの方が、「非常にお忙しい方ばかり」という

  ことなのです!

 

 この意味、察していただけますか?是非、忖度してください!もうこれ以上は、多方面で

 いろいろと問題ありそうなので、絶対書けませんが、

 

 であれば、どうしますか?

 → どうすればよいか、エキサイティングプロジェクトに聞いてみる。

 

5.講師は、自分自身の組織では、すでに働き方改革が初期の目的を達成している。

 

 講師の先生方は、組織が小さかったり、大学の先生だったりしますので、基本的には

 ご自分の組織では、すでに働き方改革と称せれるものは、完了しています。

 

 それ自体は特に問題ないのですが、それをセミナーの中で、これ見よがしにご披露

 される方が結構多いんですよね。いや~ホントに多いですよ、そういう講師の方。

 

 ウチの事務所は、全員、残業が月に2時間以内ですよとか、お客様からご依頼が

 あっても、自分が帰社した時には、すでに先方に見積りなどのコンタクトが取れている

 から、仕事が溜まらないんです、どうです?すごいでしょ!って・・・。

 

 そりゃ、先生なんですから。ご自分の組織がうまく回って働き方改革してるっていう

 のは、言ってみたら当たり前なんじゃ・・・。(これ以上は自重します、ハイ。)

 

 実際に受講者の方が知りたいのは、どうやってそういう仕組みが作れたのか?とか、

 どういうシステムをいれているのかとか、値段はいくらだったとか、ハード的な取り組み

 や顧客対応を含めたソフト的な対応策とか・・・。

 

 そういうことだったりしませんか?

 

 こればっかりは、いくら優秀な google先生でも、検索して簡単に出てくるものではない

 ので、実際に経営層から「働き方改革を進めなさい!」と指示を受けている総務人事の

 ご担当者の方、もしくは、経営者の方々が、

 

 「働き方改革の迷子」

 

 になってしまっているのが実情だと思います。実際、困ってませんか?

 

 例えば、時間管理。もはや世の中には、検索すれば山のように出てくる時間管理シス

 テム。安いのから高いのまで悲喜こもごも。こうなったら、やっぱ、安いのが一番だよね~

 って、なっちゃいますよね。

 

 働き方改革は、カーナビと、ほぼ一緒です。

 

 目的地(=どうなりたいか?)を設定すると、ナビが自動でルートを検索してくれます。

 いくつかあるルートのうち、最短距離なのか?最短時間なのか?どう選ぶかによって、

 一般道で行くのか、高くても高速を使うのかで、かかる料金が全然違いますよね。

 

 それと一緒です。

 

 じゃあ、どう目的地を設定して、いくらかけてもよくて、いつまでに目的地点に到達する

 のがいいのか?を決める必要があるんですね。

 

 そこら辺は、いっくらgoogle先生で検索してみたところで、残念ながら出ていません。

 なぜなら、その会社にあったシステムや仕組みというのは、会社ごとに違うからです。

 

 みんな一緒でよければ、もうとっくに働き方改革なんぞは、どの会社も終わっていて、

 死語になってるはずですが、

 

 「働き方改革」というキーワードが、新語・流行語大賞の候補にノミネートされている

 くらいですからね、推して知るべし・・・です。

 

 迷子にならないためには、ナビゲーションを正しく使うしかありません。どんなナビゲ

 ーション本体(=コンサルタント)を使うかによって、ルートの提示数とか、案内の丁寧さ

 だとかが、格段に違うのも、これまた現実です。

 

 では、どういうものを選んだらよいのか?当社では、それぞれの企業さんにピタッと来る、

 働き方改革の進め方の指南やプランをご紹介しています。

 → まずは、ヒアリングを受けて、どうするか判断する材料にしてみる。

 

 当社では、お問い合わせいただいた方とのご縁をとても大切にしています。例え、当社が

 対応できない場合でも、それに近しい方や、小職の人脈から、お役に立てそうな会社さん

 をご紹介するようにしています。

 

 また、お問い合わせいただいてご面談いただけた方とは、クライアントになりそうな方が

 いらっしゃった場合も、ご面談いただいたお礼として、必ずご紹介させていただくように

 しています。

 

 情報収集は、大歓迎です!

 → とりあえず、情報収集してみる。

 

   → その1 幼少編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その2 社会人前編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その3 社会人後編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その4 うつ病発症と克服編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その5 転職活動編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

 → その6 ブラック企業 前編 は、こちらからどうぞ。(準備中)

  → その7 ブラック企業 後編 は、こちらからどうぞ。(公開中)

 → その8 起業して 編 は、こちらからどうぞ。(公開中

 

 

ブログを紹介し合って人気ブロガーになれる 【アメクリップ】

 

ポチッとしていただけたら嬉しいです!


人気ブログランキング

 


にほんブログ村

AD