中央区 O様邸ができるまで-その2 | エクセルホーム・土地家屋調査士 古寺久德のブログ

エクセルホーム・土地家屋調査士 古寺久德のブログ

お客様が後悔するような家はつくらない。土地家屋調査士を併設し、法律相談や測量・登記申請にも対応。


テーマ:

皆様こんにちは。

今週も台風が接近してくる新潟ですが、全国的にも台風による被害が少ないことを祈るばかりです。

 

さて、今日は中央区で施工中のO様邸の様子をご紹介します。

 

 

地盤改良が完了し、基礎工事が始まりました。基礎はベタ基礎。ベースや外周立ち上がりの配筋が完了したところで、住宅瑕疵担保保険のための第三者機関による1回目の検査を受けます。

 

 

そこもあそこもみっちりチェックされて、無事合格いただきました。

 

 

検査が終わるのを待っていたミキサー車と圧送車が一気に稼働。まずはベースコンクリートを打設し、養生期間をおきます。

 

 

ベースの仕上がりが完了したところで、続いて立ち上がりの型枠が組まれます。

立ち上がりにもコンクリート打設がされたら、同時にアンカー(基礎と土台を固定させる金物)のチェックを行い、しっかりと養生期間をおきます。

 

 

型枠が外れて、最後に玄関や玄関クローク、浴室などの外気に触れる部分の基礎に高性能フェノール系断熱材を充填し土間コンクリートを仕上げます。省エネ住宅の性能として、熱欠損を抑えるなど断熱性能を高める施工方法です。

 

 

上棟当日。朝、少し雨が当たる天気でしたが、棟梁から塩と清酒でお清めをしてもらい、工事の無事を祈願して作業開始です。

 

 

夕方、雨もすっかり上がり、棟も無事上がって、上棟完了しました。

 

 

建物の外周には耐震面材「ダイライトMS」を貼ります。この面材は通気性に優れており、腐食しにくい素材でできている面材です。

このダイライトと筋交いの併用工法によって、より強く、かつ偏心率を低く抑えた耐震性の高い建物にしています。

ダイライトと筋交いを併用するすることで、外周にダブルの筋交いを施工する必要がなく(シングルの筋交いで足りる)、結果として断熱材の切り込みや欠損を防ぐことにつながります。

 

 

透湿防水シートは、遮熱性が備わった「タイベックシルバー」を貼ります。

屋根と壁両方で使い家を丸ごとラッピングして、夏は強い陽射しから躯体を守り、冬は屋内の熱を外に逃がしにくくしてくれます。

 

 

おまけ。

この現場は猫がたくさんいる地域なようで、道路を歩いていたり塀の上にいたり、ひっそりこちらを監視している子もいます。

束の間の癒し三毛猫

 

エクセルホームのホームページ http://www.excel-h.jp

 

 

最後に、土地家屋調査士のはなし。

 

10月1日は「法の日」

今週は「法の日」週間法務行政相談会というものがあり、今年、土地家屋調査士として相談員の担当となり、南区の白根地域生活センターに行ってきました。

他に司法書士や公証人の先生方が控えている部屋で気になる写真を発見。

昭和46年に撮影された写真のようで、私が卒業した白根小学校の旧校舎(木造校舎)が写ってました!

石炭小屋があったのも懐かしい・・・ ※昔は教室で石炭ストーブを使っていたんです。

 

 

土地家屋調査士 古寺久徳事務所 http://www.hisa-chou.jp

 

 

では、本日はこれにて上杉謙信毘沙門天

 

 

 

エクセルホーム、古寺久徳土地家屋調査士事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス