松の間

松の間

松下彰宏のOfficial blog

『Tokyo train』  1曲入り¥500(税込)




1. Tokyo train ¥500



「DREAMER」 1曲入り¥500(税込)




1. DREAMER




「現代人~イマジン~」 1曲入り¥500(税込)



1. 現代人~イマジン~



「色は匂へど 散りぬるを」 1曲入り¥500(税込)



1. 色は匂へど 散りぬるを




「heartful」(tax in \1,500)


収録曲
・幸せの定義
・Hello !
・言葉 rerecording



Mini Album
「四季ならべ」(tax in \1,500)
松の間-四季ならべ


収録曲
1,春になれ
2,また夏が来る
3,寂しさは秋のせい(remixing)
4,Orion(rerecording)
5,生命の詩



PLASTIC
『Good ol'days-I-』(tax in \1,500)



収録曲
1.10min'WAY
2.ALIVE
3.MUSIC JUNKY

『Good ol'days-U-』(tax in \1,500)



収録曲
1.DREAM MAKER
2.Close to you
3.Today's my day




たぶこれblog開始!!
http://ameblo.jp/tabu-kore/





LIVE SCHEDULE
チケット予約  メールはこちら








元気してます!

そしてありがとうございます!

ちゃんと受け取ってます。


今年は冒頭から目まぐるしく、

まだLive決めれてません。

申し訳ないです。


ただひょんなことから、某プロジェクトに巻き込まれ、

音楽以外でジョニーから紹介してもらった方と

ガッツリ演劇を作ったりしてます。

自分でも信じれません 笑


世に出る作品にはならないかもしれませんが、

それでも現在役者さんと打ち合わせしたり、

マネージャーさんと交渉したり、

かなり刺激的だし、世界が広がってます。


まぁきっかけをくれたのはジョニーなので、

めちゃ感謝してます!本当に!


いろんな人がいて、いろんな才能があって、

人間て面白いなーって思います。


いろんな人と出会って、いろんな価値観があって、

あーなんとなくわかる、って思ったり

思わなかったり、

でも全部その人の中では成立してて、

言葉で表現するのは難しいんやけど、

だからこそ自分は音楽に携われてて良かったと思う反面、

だからこそLive早くやりたいなーって思います。

音楽と向き合えたらなーって思います。


そんな本日現在でした!


ということで!

一つまた年輪刻みましたが、

出来ることを精一杯やりつつ、やりたいことを夢見ながら、

この歳も頑張っていきます!


そしてまたみんなと笑顔で会える日を楽しみにしてます!


追伸

こちらもあるきっかけをいただきまして、

近々通販を再開しようと思ってます。


おそらく2月中旬くらいに告知出来るかなぁと。


楽しみにしててください!


では!


明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いします!




いただいたお花をいけてみました。


なんだか我ながら独創的で良い感じ 笑

花瓶があることも意外でしょ?笑


見よう見まねなので細かいところはご愛嬌ということで、

花も緑もあるだけで、相当パワーもらいますね。


今年も意欲的に頑張っていきましょー!



ということで、昨日一通り年内も落ち着き、

ようやく年末気分を味わっております。


今年を振り返ると、健康面良くなかったですね、、

まぁ今年の年始から足を引きずりながら京都を散策したりもしてたんで、冒頭から身体を酷使してたような。。。


ライブの本数もかなり控えめだったかなぁ

でもその内バンドスタイルが多かったので、

一本一本は充実してた印象です。


仕事面で言うとかなり多忙を極めてました。

多くの初挑戦もさせていただいたので、

とてもありがたいことですが、音楽に還元する時間が取れなかったので、

個人としては少し不本意でしたね。


たくさんの出会いと、そして別れもあり、

ご縁のあった方に関しては、その瞬間瞬間を大切にしなくてはなぁと改めて感じた一年でもありました。

あちらこちらに手を伸ばして、触れられる範囲が多くなった分、少し散らかってる印象があるので、

来年はそれらの歯車がしっかりと合い、上手くワークしてくれれば良いなと思ってます。


あとはやっぱり音楽かな。

もう少し向き合える時間を確保できるよう、

過ごせたらと思います。


来年は新しい扉を開く年だと思っているので、

その扉が自動ドアではなく、自らの手で押してくぐれる扉であるよう、しっかりと力をつけて進んでいきます!


では皆さん、

今年もありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

そして来年もまた良い一年でありますように。