騙されたと思ってやってみて♡

 

 

今日はわさび味

英語講師のためのWEB屋、わたなべですラブ

 

夕飯がおでんだったのですが、

辛子がなくて。

わさびで食べてみましたが、

完全におでんに負けていましたがーん

 

 

SEO対策って、

気になってる人も多いかと思います。

(全く気にしてない人は、少しばかり気にしてくださいニコ

人が集まる場所を作るためには、多少なりとも必要な知識です。)

 


SEOとは…検索エンジン最適化

簡単に言うと、Googleで検索された時、上位に表示されるようにページを作ろう対策です。上位に表示される条件は、Googleさんしか知りません。


 

つまり。

 

英語教室を必要としている人に、

教室の存在を知ってもらうため、

検索されたら、

最初のページか2ページ目には表示されるよう、

ホームページやブログを作り込むことです。

 

 

このSEO対策。

 

いろんなコンサルさんが、

いろんなことを言っていますが。

 

結局のところ、

読み手(我々にとっては見込み生徒さん)にとって

わかりやすく、親切であることが、

一番のSEO対策です。

 

先日紹介した、メールアドレスに直接リンクをはる方法も、

SEO対策のひとつではあるけれども、

それ以前に、

見込み生徒さんに手間をかけさせない、という

気配りであると思います。

 

≫ 関連記事: ☆を@に変えて…って書いてません?

 

 

以下、今すぐできて、

効果を割とすぐ実感できる

アメブロユーザーのためのSEO対策を、

3つ紹介しますね。

 

どれもSEO対策として効果的なものではありますが、

いずれも、

見込み生徒さんへの気配りのひとつです。

 

その気配りを、

Googleさんは見ています。

 

 

 

ブログのタイトルに検索してほしいキーワードと地名を入れる

 

ひらめき電球ブログ管理画面→設定・管理→基本設定→「タイトル」で変更

 

ここに、自分が何者であるか、何をしていて、どこにいるのか、を書きます。

 

例えば。

リトルキッズ -絵本で学ぶ親子英語教室- ○○市△△町

というブログタイトルにすると。

 

「私はリトルキッズという教室のもので、

絵本で学ぶ親子英語教室をしています。

場所は○○市△△町です。」

 

と、自己紹介している感じになります。

 

そうすると

「○○市」で「英語」「教室」を探している人や、

「親子」「教室」、「親子」「英語」を探している人に、

みつけてもらいやすくなります。

 

その他のキーワードで検索された場合も、

「これを書いているの誰だろう?

ああ、△△町の英語教室さんなんだ~」と、

存在に気付いてもらえたりします。

 

 

ブログタイトルは、コンパクトな自己紹介。

 

限られた字数の中に、

自分のしていること、自分がいる場所を、

「私がお客だったらこういう単語で検索するな~」という想像をしながら、

組み立ててくださいね。

 

 

 

ニックネームに検索してほしいキーワードと地名を入れる

 

ひらめき電球ブログ管理画面→設定・管理→スマホの方はブログプロフィール、PCの方は設定・編集→プロフィール編集→「ニックネーム」で変更

 

このニックネームが、アルファベットの羅列とか、

自分の名前だけになっている人が、結構多いですね。

ここもGoogleさんは見てますよ~。

 

ブログタイトルと同じように、キーワードと地名を入れましょう。

気持ちブログタイトルよりは短めがいいです。

ニックネームなのに書き込み過ぎると、なんか押しつけがましいのであはは…

 

例えば。

英語講師のためのWEB屋です。

というのが、このブログのニックネーム。

 

WEB屋の仕事は全国どこでも、全世界どこでも、

スカイプさえあれば可能なので、

地名は書いていませんが。

 

「英語講師」と「WEB」というキーワードを入れています。

 

本当にSEO対策だけを考えるならば、

「全国どこでも対応!英語教室のホームページを作ります!」

とかの方が、検索に強くなりそうですが…

 

※一般的に「WEBサイト」よりも「ホームページ」という言葉の方が、浸透しているので。

 

あんまりガツガツしている感じは出したくないので、

ちょっと控えめにしてます(笑)

 

このニックネームは、誰かのブログにペタしたり、

いいねをしたときに、表示される部分です。

 

さりげなく、自分が何者で、何をしている人なのか、

入れ込んでくださいね♡

 

 

 

毎日の記事のタイトルに、教室名(orレッスン名)と地名を入れる

 

これをしている人は、

すご~~~く少ないですっ!!!

 

例えば。

「英語で手遊びをしてみよう!【親子英語】○○市」

というタイトルの後半。

 

これを繰り返し書き続けることで、

「親子英語」「○○市」で検索されると、

1ページ目に出てくるようになります。

 

 

毎回入れたらしつこくないですか?とも思われるかもしれませんが、

人は慣れるもので…

毎度入っているからこそ、

常連さんは、そのうちその部分を読まなくなります。

 

でも。

Googleさんは見ています。

ここ、見てますよ~。

 

そして、ふら~っと来た人も見ています。

 

なんとなく読み聞かせに自信がなくて。

「読み聞かせ 読み方」などで検索して、

そのページにたどり着いたとします。

 

見込み生徒さんが、

その記事に共感してくれたと仮定して、

「講座やってるんだ~、え?○○?それなら行けるかも!」

と思ってもらえるかもしれません。

 

講座という言葉もなく、場所も書いてなかったら、

「いい記事読んだな~♪」で終わっちゃう可能性大です。

 

記事のタイトルに、レッスン名と地名を入れるのは、

しつこい売込みでもなければ、

SEO対策のためだけでもありません。

 

それを必要としている人に、

ちゃんと情報が届くようにするために、

すべきことです。

 

 

 

以上、

今すぐできて、割と効果をすぐに感じられる

3つのポイントを紹介しましたにこ

 

ブログのタイトルも、

ニックネームも、

記事のタイトルも、

 

自分が何者で、何をしていて、どこにいるのかを、

最初に相手に伝えるためのものです。

 

どこの誰ともわからない人に、

ガツガツ営業トークされたら嫌じゃないですか?

 

あと、初対面から自己PRが激しすぎる人も

私は苦手です汗

 

控えめだけど、

伝えるべきことは伝える。

 

 

なんならGoogleさんを理想の生徒さんだと思って、

Googleさんに伝えるつもりで

ブログを書いてください。

 

≫ 関連記事: 生徒さんを選り好みする♡

 

 

Googleさんて名前では、機械的すぎますかね?

 

瀬尾さん(40代主婦、小学生の保護者)

という設定はどうでしょう。

設定はあなたの理想の生徒さんの設定でいいんですが笑

 

ぜひ、瀬尾さんのために、

わかりやすい記事を書いてあげてくださいねスキ

 

※SEOさん

 

 

 

 

 

Googleさんの中の人は、日々成長しています。

小手先の対策はすぐに見抜かれ、時代遅れになります。

 

生徒さんへの気遣いを、

最近のGoogleさんは大事にしていると…

インターネットにはまって20年の私は、思います。

 

 

 

 

サービス・料金・お申し込み
制作実績 | SEO対策 | 教室開業