こんにちは。

 

ジュニア運動塾では、多様性のある動きを沢山取り入れ身体能力向上のサポートをしています。

 

この中で、私が取り入れているのが、SAQトレーニングです!

 

SAQとは

S・・・スピード

   「重心移動の速さ」

 

A・・・アジリティー

   「運動時の身体をコントロールする能力」

 

Q・・・クイックネス

   「刺激に反応し速く動きだす能力」

 

このように定義づけられています!

 

 

どの競技にも必要とされている能力およびトレーニング方法です。

 

反射神経が良いね!瞬発力があるね!など言われる子ども達は、ASQ能力が高いのかなと考えています。

 

このような能力は自然の遊びの中で養われる能力です。

 

鬼ごっこや缶蹴り、ドッジボールなどなどです。

 

しかしながら現代は、遊ぶ場所が減少したり、タブレットなどでのゲームの進化で、外遊びが減っています。

 

以前は自然ともに付いていた能力を取り戻すために、ジュニア運動塾を開講しています!

 

まだまだ、このような取り組みは浸透していないのが現状です!

 

私は「遊びトレーニング」を個人的に進めています。

 

その中で、ケガの予防や子供たちのカラダの土台作りにつながります。

 

小学生中学生のケガも減少し、より長くスポーツを続けることが可能だと考えています!

 

成長痛と言われる、膝の痛み(オスグッド病)やかかとの痛み(シーバー病)、腰椎分離症。

 

我慢して続けていると、重篤なケガにつながりかねません!

 

子ども達からこのようなケガのリスクを最小限に抑える為にも、ケガしない身体作りをしていく必要があります。

 

その中で、SAQトレーニングのなかでは、身体を動かす準備(プリパレーション)、効率よく身体を動かすトレーニング等を

 

学ぶことができるトレーニングの一つです!

 

小中学生にスポーツの技術だけではなく、身体を動かす準備やカラダの使い方、カラダのアフターケア等を指導できるように

 

私ももっともっと広げていけるように頑張りたいと思います。

 

また、ご協力して頂ける指導者の方等がいましたらご連絡ください。

 

 

 

YouTube

Instagram