フーロ手順 | 海老沢稔のブログ“えびぶろ”

海老沢稔のブログ“えびぶろ”

麻雀業界にずっと携わってきて、ある日突然麻雀プロになることに挑戦することになった、ある男の麻雀的日常。

  と、いうわけで。


  麻雀の話なんかでも。


  今回はフーロ手順の話などです!鳴くときの行為の順番ですね~


  競技なんかだと、発声→さらす→牌を持ってくる→打牌、が推奨されることも多いですが。


  一般的なフリーなどにおいては、発声→さらす→打牌→牌を持ってくる、がいいと思います。


  競技手順の先に取牌、はフリーだとテンポが合わなくてちょっと好かれないことも多いですね~


  しかし。ちまたでよく見る、さらす→打牌→発声→取牌なんかもあまりよくありません。  行為より発声が先、も麻雀においては基本的なお約束。

  チーしようとしてメンツさらしてて発声遅い間に、先にポン!とか言われるのもよく見かけますが、邪魔ポンというよりはチーの発声が遅いのが明らかに悪いです。


  そしてこれもよく見る、発声→打牌→さらす→取牌

 
  これもホントにやめた方がいいです!


  例1

  



  上家の5pをチーするとテンパイするカタチです。

  発声だけして先に打牌したのち、下家が切る牌によってさらすメンツを変えることで、確実に有利な選択ができてしまいます。

  例2

  

  

  ツモリ四暗刻イーシャンテン。8sは一枚目のポンは見送ろうと思ってるところです。写真では上家の打牌ですが。これが対面が“チー”と発声して8sを切ったところだとすると…

  さらすメンツによっては






  こうかも知れない。これなら8sをポンするわけですが。メンツさらさないで打牌されると、ポンしていいかどうかもわからない。

 
  その間に上家にチー、とか言われたら、トラブルになりかねません。


  メンツは絶対に先にさらしましょう!

  そもそも7sをチー、って言った人のさらすメンツが567だったときと789だったときの対応は一瞬で大きく変わる場面も存在します。


  慣れないとなかなかフーロ手順のくせなんか治らない人もいるかと思いますが。ゲーム性に関わることなので、この際治してみてくださいね~


  そんな話でした!