梅津信幸「なぜコンピュータの画像はリアルに見えるのか」 | 遠藤雅伸公式blog「ゲームの神様」

梅津信幸「なぜコンピュータの画像はリアルに見えるのか」

 NTT出版さんから、梅津信幸「なぜコンピュータの画像はリアルに見えるのか」をいただいた。
遠藤雅伸公式blog「ゲームの神様」-なぜコンピュータ画像はリアルに見えるのか
 「コンピュータグラフィクスってなに?」「光をとらえる目のはたらきとは?」「画像は人や社会に何をもたらす?」などヒトの目とコンピュータの巧妙なしくみと題した解説本だ。
 非常に砕いた形で分かりやすく説明してあるし、挿し絵や写真も多いので、軽く読めるところも悪くないのだが、既にCGについてある程度以上の知識を持っている人だと得るところは少ないかな。入門編なイメージです。
なぜコンピュータの画像はリアルに見えるのか―視覚とCGをめぐる冒険/梅津 信幸
¥1,995
Amazon.co.jp