『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』 第8話。 | アニメファンのひとりごと

アニメファンのひとりごと

現在放送中のTVアニメを観て、思ったことを書きます。

このケモミミはデイルの親戚だったのか。

「親戚…?」

「かわいいだろう ‍」

子供がいたのか。

こちらが奥さん。

なんか手塚アニメに出てきそうだな。

女の子なんだって。

山菜。

ラティナが見ていたら、「手伝ってくれるのかい」

できましたー!

みんなでお食事です。

イノシシの肉のシチュー。

おいしそうね。

ラティナが 「巫女のお告げ」 という言葉に反応した。

明らかに動揺してるな。

何か悪い思い出があるのか?

ケモミミがイノシシ狩りに出かけます。

まだおびえている様子。

この子がそれを敏感に察知した。

で、泣き出してしまった。

「泣きたいときは泣いていいのよ」 とか言われて

ラティナも泣き出してしまった。

鍋とフライパンを持って待ってるし。

今日の収穫。

えらい大きいイノシシだな。

「ラティナ、悪い子なんだって。だから生まれたところに帰っちゃいけないんだって。そう予言された」 って巫女に言われたのか。

「神の言葉は人には難しい」

心配するなってことね。そういえばデイルは神官だったよね。

あそぼー!

すっかり懐いちゃったね。

そうなると別れがツライのよ。

また遊ぼうね。

Bパートに入ったら、突然戦闘シーンになった!

道を岩でふさがれてしまった!

簡単にどかしちゃうんだけどね。

えらい物騒な歓迎だな。

みんなデイルの家族です。

デイルの実家に着きました。

デイルが 「くそババア」 と言っていたおばあさんにご挨拶です。

ほめられちゃいました。

「結婚式がある」 とか言われてるぞ。

ラティナが驚いている。

弟の結婚式かよ!

なんだよ、そのホッとした表情は。

ラティナは眠くなってしまった。

おやすみなさい。

デイルと別々の部屋で寝るの?

夜中にラティナの声で起こされた。

怖い夢を見ていたらしい。

それでいっしょに寝ていたら

それを親たちに見られた!

デイルにかけられたロリコン疑惑!

怒ってるし。

「デイル、大丈夫?」。残念だが、デイルは重度のロリコンなんだよ。違うかな。

今回も癒されました。