写真は日刊スポーツより)





こちらの動画を見て欲しいです。


https://youtu.be/kWf9TCbohuo

👆


ぜひシェアしたいと思い載せました。

僕は高校から、自分の頑張りの分、結果が返ってくる個人種目の自転車を始めました。

全く興味なんかなかった自転車。

バスケット、サッカーを今までやってきてました。


部活を始めていくうちに、学法石川高校自転車部は全国でも有名な強豪校である事を知っていきました。


僕の親はスポーツに対してほとんど口を出さない親で、おおげさにいうと無縁?ってくらい、スポーツに対する教育はなかったなあと思う。


自転車を始めるのに、敷居が高くスタートするのには、ロードバイクを買わなきゃ始められなかったんですよね、当時は。

だけど、僕も何するかをめちゃくちゃ悩んで、1ヶ月くらい悩んで、親にお願いして98.000円の楽天でロードバイクを買ってもらって、自転車競技スタートしたのは記憶に鮮明に残ってますね。

アルミの白のラレーって自転車。イギリス製の🇬🇧



でも、親には現場の裏方で頑張ってもらっていたなと思ってる。いつもそうだったなと思います。送迎とか、ご飯作りだったりとか。練習終わって、自転車で帰宅する時なんかは、電話して何時頃に家に着くから、ご飯用意しといて、とか。笑

練習終わって、栄養取って、仲間と下校して、あーだ、こーだ話して、帰宅して、用意してくれているご飯をさくっと食べて、風呂。みたいなね。

まさに親の協力なかったら無理でしたね。有難い。



少しずつ成績が出始めた、高校2年くらいからは、家から離れた須賀川市の整体には2ヶ月に一回くらいは連れて行ってもらってましたね。


僕の当時の顧問の先生は俗に言う鬼監督で、めちゃくちゃ怖かった。笑


監督が何を言ってくるのかを予想して、話をかけなければならない。希望、話は続かない。


勝手な暗黙のルールがあった。だから、全部員、全て予想して、動いてた。でも、盛んな歳だから怒られるかバレるか、ギリギリでふざけていた、かつ、自転車を必死に漕いでいた。

練習に行ってはサボりたいから、時間を合わせて、Uターンして、先生の前を通ったりとかね笑

今では笑い話😂


そこで、世渡りを学んだのかなぁ?笑


そんなこんなで、話せば長くなるけど、最高の高校生活だったと振り返りますね。



僕が通う整体には、当時。

競輪選手の佐藤慎太郎さんが通ってました。自分の親もそこにたまたま通ってた。だから、僕もそこの整体に通うことになる。

そこには、佐藤慎太郎さんの直筆サインがあって、かっこよかったですね。

覚えてます。サインの隣には、フェラーリと共に写る佐藤慎太郎さんの写真もあった!


佐藤さんは、僕の高校の先輩にあたる。


だから、よく監督から昔の話を聞いてた。


整体に通うも、、なかなか佐藤さんには会えなかった。会おうとしていたわけじゃなかったけど。


父親はツーショート写真も載っていた気がするたしか。


ある時、親が整体の人に頼んで、佐藤慎太郎さんの直筆サインをもらってきたことがあった。


僕はそれがとても嬉しく、毎日見えるように部屋の入り口の上に飾っていた記憶がある。


佐藤慎太郎さんのサインと共に、

一意専心と書かれてあった。



僕は、それから高校では精一杯、部活に打ち込み、高校2年で全国大会優勝。

3年時にも全国優勝、国際大会でも優勝をした。



大先輩を追いかけて、トレーニングに打ち込んでいたのだと思う。



高校三年生の卒業間際に、近くの温泉に部活の仲間と入りに行ったら、

たまたま、OBである佐藤慎太郎さんにお会いして、露天で裸で集合写真を撮ったのを覚えてる😂💪💪



だから、僕は高校時代から佐藤慎太郎さんに憧れていたなと思います。


そんな佐藤慎太郎さんが怪我からの復活をして、20191230日の

KEIRINグランプリで優勝したことは、本当に勇気をもらったと思いました。


テレビを見ていて大感動😭🎉🎉


最高でした。



志が素晴らしい大先輩だといつも思います。


一意専心


僕も自転車の道をまだまだ極めていきたいと思いました。

大器晩成型であると言うことを信じて💪






という話でした😌


今日もブログを読んでくださり、ありがとうございました。