ハンガリー、ポーランド、チェコがまともな外国人政策をしている中、オーストリアも選挙によって政権が変わり、やっと正気に返ったようで、よその国ではありますが喜ばしいと思います。

 

Asylum seekers will have to hand over cash and phones, Austria's new coalition says

http://www.telegraph.co.uk/news/2017/12/18/austrian-far-right-sworn-government-amid-protests/

http://newobserveronline.com/austria-invaders-must-hand-over-cash-and-cell-phones/

 

右上矢印左から Heinz-Christian Strache副首相 Sebastian Kurz首相 Alexander Van Der Bellen大統領)

 

クルツ新政権が先月発表した不法移民対策の新方針は次のようなものでした。

  • 難民申請をするには、手持ちの現金と携帯電話を当局に渡すこと。(没収した現金は難民申請者の基本的なケア費用にあて、携帯電話のデータは身元確認に利用する)
  • 難民申請を却下された者は直ちに国外追放とする。
  • Asylum(亡命、庇護)は一時的な保護だけとする。
  • 難民申請者が決定を待つ間は現金を支給せず現物支給(宿泊と食事)とする。
  • 「オーストリアで一日も働かず、社会保険料も払わない移民が何千ユーロもの福祉金を手にすることはもう起きない(副首相のFBより)」
  • 現在国中に適用されている医療上の秘密性は、外国から来た難民たちに持ち込まれた病気が基本的な健康管理に関連している場合は認めない。オーストリアは、これまで度々難民が伝染病を持ち込み問題となっていたが、前政権は医療の秘密生を根拠に隠蔽していた。(※以前オーストリアにシラミ媒介性回帰熱に感染しているソマリア人難民が来て問題となったことをお伝えしました。先進国にはない病気を持ち込む難民・移民。衛生問題に加えて、誰がその費用を払うのか?
  • 「安全」とみなされる国が相当に拡大される。北アフリカやサブサハラは難民となる理由がないので、もう難民希望者だとは考えない
パチパチパチパチパチパチ
 
クルツ首相は、オーストリアは多様性の国であるべきだとしながらも、全員に適用される基本的な価値を持つべきだと述べました。
彼は自分の政府は親EUだと言いましたが、難民の国別割当にはハンガリーやポーランドとともに拒絶する方針を明らかにしています。
(概要訳END
 
ハンガリーやポーランドはヴィシェグラード諸国の一員で、どこも基本的には反移民です。
オーストリア・ハンガリー帝国という国があったことをご存知でしょうが、オーストリアは単に西洋というわけでもないのです。
 
余談ですが
イスラムの脅威を認識してイスラム移民反対で知られるチェコのMilos Zeman大統領が、EUが国境管理を適切に行わないと、今後アフリカや中東から移民1000万人がヨーロッパに押し寄せてくると1月4日TVのインタビューで述べています。
そして大統領は、移民自身が知っていることであるが、移民たちの文化(イスラム)とヨーロッパの文化は両立できないと述べ、ヨーロッパ諸国でのムスリム勢力拡大が、閉鎖的なムスリムコミュニティの中で犯罪を大幅に増加させ、暴力のレベルを上昇(悪化)させてきたと言っています。(Milos Zeman: Further 10 Million Refugees from Africa Threaten the EU
参考までに、チェコの反難民感情について書かれた記事左下矢印はこちらです。
 

 

オーストリアに話を戻します。

今まで、オーストリアは寄生する難民に対して寛容でした。それが酷すぎたんでしょう。

昨年秋の選挙で反難民移民の勢力が勝ちました。

やじるしクルツ首相の国民党(ÖVP) シュトラーヒェ副首相の自由党(FPÖ)

 

 

外国人のタカリがどういうものだったのか、以下の記事を紹介しておきます。

Austria: Muslim migrants in Vienna receive more money than working class pensioners
NOV 22, 2017 10:00 AM BY ROBERT SPENCER

https://www.jihadwatch.org/2017/11/austria-muslim-migrants-in-vienna-receive-more-money-than-working-class-pensioners

 

昨年秋、オーストリアの財務大臣 Hans Jörg Schelling氏は、難民のコストが年間18億€(≒2450億円)かかり、同国の軍事予算19億€とほぼ同じだということを認めました。

※オーストリアの人口は880万人弱です。

 

2015年から15万人の難民を受け入れてきました。

居住する自治体によって彼らは毎月500€から900€(≒\7万弱∼\12万強)受け取っていました。低いところの600€を平均として1年間で7000€になります。

これを難民人数分で見ると全体で10億€となります。

そのうえ、これに含まれない住居費、教育費、医療費を足すと、だいたい18億€になります。

 

そして、このままでは移民のための国民の税負担がこれからもますます増える計算になるのです。

なぜかと言うと、いくつかの自治体が金額を削減したので、削減しないウィーンに難民が集まったからです。

 

ウィーンの難民への生活保護費は月額914€(≒12万4千円)です。

これは債務と失業率が増えているにもかかわらず、削減カットを拒絶した政治家の責任です。

 

その結果とても皮肉なことが起きています。

オーストラリア人の農民が一生懸命に働き詰めで手にする年金が月額620€

何もしない難民申請者が住居、教育、医療費以外に受け取るお金が月額914€

(概要訳END

 

ズィンミー(ムスリム支配下の非ムスリム)がジズヤ(税)治めていると難民は思っているのでしょうか?

 

 

最後に、オーストリアで何もしない難民が生活保護を受けていると書きましたが、正確さに欠けました。aya

彼らは多文化共生を推進するために様々な活動をしていました。過去記事をいくつか並べておきます。

 

・オーストリア:難民申請者の90%が最終的に落ち着くところは「生活保護受給者」

過激主義者は難民センターの難民たちに、「ここで静かにイスラム教徒として暮らせる、もうすぐオーストリアは自分たちのものになるだろう」こう言っているそうですよ。ガクブル

 

 

・オーストリア:チュニジア人移民が老夫婦を殺害した理由が恩知らずで馬鹿すぎて怖い!((+_+))

 
 
オーストリアの移民が多産で幼稚園や学校で急激に移民が増えていることが書かれています。
 

・オーストリア近況:公的補助金が投入されるイスラム系幼稚園ではサンタは悪魔と教える。etc.

 

・独:C型肝炎に感染させるためレイプ中に血が出るように唇を噛んだパキスタン人を母国が強制送還拒否!

ウィーンで、14歳のムスリマが「見知らぬ女性に「テロリスト」と罵られ、線路に突き落とされた。」と嘘をついた事件が書かれています。

 

・凶悪すぎるアフリカ・中東移民&欧米リベラル政府&お花畑移民大好き人間の合作、強姦殺人事件。

イタリア経由で過去に犯罪多数を犯したガンビア人がウィーンに入り込み、強制送還となったため逃げ、それを匿ったアメリカ人女性がレイプされ殺された事件と、アフガン難民3人が犬の散歩中の72歳の女性を襲撃し、うち一人の17歳のアフガン人がレイプして重傷を負わせた事件などが書かれています。

 

 

この記事はここでおしまいです。

 

三橋氏が逮捕されてびっくりしましたね。エ!

スティーブ・バノン氏の暴露本にもびっくりしましたけどね。気絶

でも、お気づきでしょうが、私はブログの説明(ページ上)にこう書いています。

“人ではなく意見に賛否を!人に盲従するのは思考停止の始まり。”

 

びっくりが終わったら、前を向いて歩き続けましょう!チューリップチューリップ青チューリップ紫チューリップチューリップ君

時間の浪費ほど大きな害はない。(ミケランジェロ)

There is no greater harm than that of time wasted.

 

 

AD