池上彰氏と言えば、グラフのメモリを操作して印象操作をやったり、真っ赤な嘘を堂々としゃべったりする“歩く嘘つき”として有名な人ですが、今度は「日本にも移民局が必要だ」なんて言っています。

これは対談なのですが、まるでステレオタイプの発言で、不安も解消されず移民局の必要性もわかりませんでした。パンダ残念

こういうことを言っていました。矢印

  • 欧州のテロは移民が起こしたのではなく移民2世、3世が起こした
  • 移民という背景を背負い、教育が受けられず定職に付けないのでテロをする      ひとことシーア派指導者のタウヒディ氏は「人類はいつから失業すると自爆テロをを行うようになったのか?」と皮肉を言っています。テロはイスラムが根本原因だとの意見です。仏教に走った失業者のテロはないですよね。)
  • 教育が大事と言いながら、教育を受けたテロリストは結構いることを認める
  • テロを難民やイスラムのせいにするのはステレオタイプこの思想こそステレオタイプsei
まとめるとこういうことでしょうか。矢印
移民受入とは、教育の有無とは関係なく、世代を経て時間の経過とともに、その破壊力が増加して社会が崩壊する爆弾ドンッメラメラ
 
うーん。困
移民局ではなくて、国境管理を厳重にして、警察のリソースを強化した方がよさそうです。
 
しかし、移民を入れ続けると警察にもコントロールできなくなるのです。
英国やフランスのテロもそうです。
テロを生み出す原動力、地域社会の支配者の交代虫食いにされる領土、本当にボロボロになります。
 
先日、スウェーデンに移民したソマリア人が改宗者を見つけて私刑を扇動していることを紹介しました。これも、警察が介入していません(正確には出来ない)ので、支配できていないことになります。
 
そのスウェーデンから最近の記事を紹介します。
 
 

界唯一のフェミニスト内閣を自認するスウェーデンでの暮らしが、女性にとって日増しに危険になってきています。(レイプの多発もそうですが、ここではまた別の問題をお伝えします。)

 FGMイメージ

 

首都ストックホルムを含めた国中で過激ムスリムの支配を受ける地区があります。

スウェーデンの国営放送も加わったレポートが、スウェーデンに住む少なくとも15万人の女性がFGM(女性器切除)を受けたと結論付けました。

ほとんどが無菌室でもなく麻酔もないような状況下で手術されています。

2015年の報告では“たったの”3万8千人だったので、数の多さに政府は驚いています。

この急激な増加で最も考えられる原因は、スウェーデン政府が、国連難民条約EUの難民条約規約に従っていることです。

やじるし

Sweden Changing: 150,000 Women Undergo FGM, Authorities Admit Large Areas UNDER ISLAMIST RULE June 22, 2017 10NEWS

 
2030年までにこの忌まわしい人権侵害の根絶を目指している国連は、今年2月に国連事務総長が女性器切除の根絶のための国際デー(2月6日)事務総長メッセージを発表しています。
多様性や人権を振りかざしながら人権侵害冷、これもそのいい例です。
 
 
ウェーデン国教会のストックホルム教区監督は女性同性愛者のエヴァ・ブルンネ氏(写真下)が務めています。
以前にも港町の教会の十字架を外してメッカの目印をつけようと言っていました。
船乗りにはムスリムやヒンドゥーがいるからというのが理由です。(確か実現していません)
今回は、教会にムスリムのためのお祈り空間を作ろうと言い出して非難されています。
その理由は、空港や病院にはすでにどの宗教でも使えるお祈り部屋があるということですが、それならば、教会ではなくて、波止場に作ればいいことです。(どんな展開になるのでしょうか?)
やじるし
 
ほとんどのムスリムは同性愛者が嫌いですけど、大丈夫なんでしょうか?
欧米ではムスリムに殺された同性愛者もいます。
中東が酷く東に行くほど寛容らしいのですが、その寛容な地域はどうかというと、
インドネシアは最近記事にしました。逮捕、鞭打ち、同性愛者には色々と危険です。
ブルネイは、2014年5月1日にイスラム教に基づくシャリア刑法が施行、シャリア刑法には,外国人や非イスラム教徒であっても適用される規定があると、在ブルネイ日本大使館が注意を呼び掛けています。(同性との性行為は棒打ち、懲役、罰金などの刑罰となります。)
 
 
ウェーデンの司法大臣Morgan Johansson 氏(写真下)は、現行のヘイトクライム法に「性の同一性表明」を加えるつもりであると述べました。
「彼らは特別に脆弱で長年ヘイトに晒されてきました。」と言い、政府がこの問題にしっかりと焦点を当てることが重要だと述べました。
2014年から「性同一」を法に加えることを検討していて、前回選挙でも修正を公約していました。
また、政府は来年7月までには、ヘイトクライム法から「人種」を削除しようと考えているそうです。
大臣によると、人類を人種にさらに分けることは科学的でないからだということです。?*
 
トルドー首相のリベラル内閣カナダで、最近上院を通過した法案がありますが、それは罰金や投獄の可能性もある「性同一」に対するヘイトクライム法です。
これは代名詞を使う時に好まれる方を使用するよう強制されるとして反対意見も出ています
 
レズビアンを初めて公表した首相が率いるオンタリオ州は、子供が性別を変えたいと訴えることについて、もっと過酷な法案が通過しました。
子供が性同一でないことを認めない親から、行政が子供を引き離す権限を持つものです。(お人形遊びをする男のことか、男装する女の子などを親が咎めてはいけないということでしょうか?ちょっとよくわかりませんでしたaya
 
スウェーデンのある児童精神科医は、「自分の性別を変えたいと言っている子供が毎年100%増えています。そしてそれは年々低年齢化しています。」と言っています。
やじるし
 
 
いやはや、なんか過激派みたいで怖いです。イスラムの宗教ポリスとどこが違いますか?
 
スウェーデンのカオスを私の過去記事からちょっと抜粋しました。

スウェーデンは、警官の8割が辞職を考えていて毎日3人が辞表を提出して、

55地区もの警官が入れないNO GO ZONE(国が統治できない領土)があるのです。

 

欧州の中で、人口比率で最も多くIS戦闘員を抱えている国の一つであるスウェーデンは、ISに参加して帰ってきたムスリムにはご褒美をあげて再生活をスタートさせる自治体もあります。政府がクリスマスの電飾を禁止したのも、理由がおかしいのでムスリムの心情に配慮したと見られています。

 

国家が今までの国をリセットして、移民難民の住処として開放すると宣言しています。

国の歴史、先祖の偉業、言葉、文化、全部を移民に歩み寄るよう求めています。

最近では、「新しい標準スウェーデン語」といって、移民が疎外感を抱かないように、彼らの言語訛りをスウェーデン語に取り込むことを始めました。ばかぁ

 

また、ただでさえ高額な税金を、移民のために上げる必要があるかもしれません

(社会保障費と税金を合わせた「国民負担率」スウェーデン58・9% 日本43・4% クリップ参照

 

苺畑よりさまも、スウェーデン警察官の内情告発について記事を書かれています。ネコの肉球

スエーデン、移民による犯罪実情を告発した警察官、ヘイトクライムで捜査対象に

 

内閣24人の閣僚中、12人が女性ですが、男女平等と言いながら、公務員という恵まれた楽な仕事に女性が多くいる(公務セクター7割以上が女性。そのため住民当たりの公務員数が日本よりずっと多い)のも、多文化主義、ジェンダーフリー原理主義国の特徴です。

ジェンダーフリーは、弱者の女性を男性の犠牲の上に平等化するため、事実上の女尊男卑になります。(女性車両だけ作り痴漢を疑われて亡くなる男性まで出ている今の日本に似ています)

 
このような状態で、ますます驚くのがこれ。下矢印?*
 
国が滅茶苦茶になろうとお構いなしの政府ですが、警察は助けを求めているようです。
 
 
ウェーデン国家警察長官のDan Eliasson氏(写真下)が国営テレビで支援を求めました。
「“Help us, help us!” 」
もう警察の手だけでは治安が保てなので、国民的な支援が必要だと訴えかけました。
 
安全保障当局によると、イスラム国(IS)の思想を持つ多数のイスラミストが国中をうろついていて、多くの場所で公務員たちは警察の護衛なしに仕事ができない状況になっています。
 
NO-GO-ZONEは55から61になりました。(15から23になったという報告と同じものだと思われます。)この増加は数だけでなくそのエリアの大きさも含まれています。
 
国連など諸機関とも連携しているセラフィム勲章受賞者の専門家Johan Patrik Engellau氏は、
「私たちが今まで知っていた、きちんと組織された、ちゃんとした平等主義のスウェーデンの終わりではないか、個人的には内戦が起きても驚かない、ひょっとするといくつかの場所ではもう始まっているのかもしれない。」
と言っています。
 
警察署長のLars Alversjø 氏は、
「ストックホルムのいくつかの地域は無法地帯です。
すべての民主国家の柱である法支配が、スウェーデンでは崩壊しつつあります。」
と述べています。
 
スウェーデン国防大学の研究者Per Magnus Ranstorp氏は、
「最も酷い地区は過激派が乗っ取ってしまいました。警察が機能停止になったために、法と安全が脅かされています。そしてますます悪くなっていて、スウェーデンは壊滅的な状況下にいます。」
と述べました。
 
NO-GO-ZONEのことをスウェーデンではEXCLUDED AREAという意味で呼びます。
この中では、スウェーデンの法律がジャングルの掟とイスラム法のシャリアの混在したもの置き換えられていますsei
 
例えスウェーデンのフェミニスト政権が明日の反撃を選んだとしても、この現状をひっくり返すほどの自衛組織がありません
8割の警官が辞職を考えているということからもわかる士気喪失の警察官
伝統的に平和主義者のこの国の軍隊は無いに等しく
それらを立て直すお金もありません
 
Johan Patrik Engellau氏は、
スウェーデン政府は支配権を失ったことを理解しているようには見えません
この悪化をもう止められないという地点があります。
移民を入れた結果としてこの地点に到着したのかどうか私にはわかりません。しかし、近づいていることを恐れています。
もし私たちがちょうどここで、明確な力強い行動(移民停止と多文化共生主義停止)を取ることが出来たら、私たちは非情な困難を伴いながらもスウェーデンを救えるかもしれません。」
 
実際には政治エリートたちは、このような行動をとる様子もありませんし、これらの問題を公に話し合おうともしていません。
 
ですからスウェーデンは近い将来、外国からの助けを必要とするでしょう。
国家警察長官のDan Eliasson氏の助けを求める“祈り”はスウェーデン国内の支援者(国を思う市民たち)に対してものでしたが、近い将来、国際社会はスウェーデンの人道危機回避のために介入しなくてはならなくなるでしょう
By Nicolai Sennels. Jihad Watch, June 2017
やじるし
 
 
フェミニスト内閣は、事実と、このような数々の国内からの提言を無視して、
 
多文化原理主義の過激派と化し、言葉狩りにうつつを抜かし、本当の今ある敵を見ようともせず、いきなりロシアを敵として軍事訓練。
下矢印
スウェーデンは、ロシアの脅威に備えて今年7月1日から、1999年以降に生まれた男女全員が徴兵対象となりました。(AFP)
 
イスラム移民による国内の領土虫食いを許し、国内での支配権喪失が進行しているときに、
「クリミアの例がある」と言って脅威でもないロシアに向けて軍事訓練らしいです。ゲラゲラ
 
内政問題を解決できないからと言って、今脅威でもない外敵を作って目を逸らさせる、
よくある話です。
 
 
 
 
AD

リブログ(3)

  • このままいくと、未来の日本なのか!?

    「こんなこと本当にあんのーー?」現在進行形で、あるんです。 EU近辺の移民問題を抽象的なものではなく、具体的に生じている、治安問題、としての情報を提供してくれるブログである。その語り口のやさしさと現実とのギャップは、もはや恐怖を感じざるを得ない。 理想に走る支配層(政権)に、理想…

    zuruzuru4

    2017-07-09 00:00:00

リブログ一覧を見る