EVANCE、スーパーテクニック。。・・・(笑) | EVANCE-DG 開発日誌

EVANCE-DG 開発日誌

ライノセラス用プラグイン・モジュール「エヴァンス」開発者のワタシが、日々の感想やライノのTips、開発状況を綴っていきます。

4月23日のブログ記事のリングについて質問があったので、お答えします。

 

 

こういうの。

 

そもそも、一コマをどうやってぷっくりさせるかというのが意外とむずいみたいですが、

 

 

ライノ6では、この手が使えます。

 

まず、平面サーフェスを作って、その中央に球を配置する。(球でなくてもいいけど、作るの楽だから)

 

 

2つをブール和。…

 

 

Shift+Ctrlを押しながら、半球の部分だけを選択、上に引っ張る。

 

 

すると、いい感じにぷっくりする。(笑)

 

ぷっくりさせたら、球の部分をアントリムして取り除いておく。

 

 

これを「矩形配列」コマンドですき間なく配置。

 

全部選んで、エヴァンスのスーパーコマンド「サーフェスとポリサーフェスを一括マージ」を2度、実行する。サーフェスを並べただけの状態なので、右クリックの方のコマンドを使う。

 

 

すると、全てまるっと単一サーフェスに。

 

ここまで、あっという間にできるが、最新版のエヴァンスを持っていなくても、時間をかければできないことはない。

 

ご苦労様である。(笑)

 

これを斜めにして、長方形にトリムして丸めれば、、リングの表側の部分だけなら、シングルサーフェスで作ることが出来るという次第である。

 

 

リング全体をシングルサーフェスで作るには、上級バージョンのEVANCE GRANDE MAESTROが必要になるが、もし、それを使わないで出来るならやってみて、ぜひ、方法をご教授いただきたい。…ということだったのだ。

 

まあ、ワタシは歩くスーパーテクニック(爆)なので、、ワタシの常識はほかの人の常識ときっと、ずれていて、しばしば説明が足りないことがあるかと思うのだが、どうも、スイマセン。(笑)