【日本シネマデイズ開催のご報告】

ロシア連邦アムール州政府主催 第19回アムールの秋映画祭にて、一般社団法人ユーラシア国際映画祭とアムールの秋映画祭合同企画として第3回となる日本映画セレクション「日本シネマデイズ」がアムール州州都のブラゴベシチェンスク市の公立図書館の特別会場にて開催されました。

 

 


日本映画上映は本映画祭の枠内で2019年からアムールの秋映画祭公式パートナーである一般社団法人ユーラシア国際映画祭が企画し、今年は3回目となる。
今年上映された映画は以下の7作品。

9月13日にブラゴベシチェンス市立図書館特別会場で行われた日本シネマデイズ開幕式では、アムールの秋映画祭の代表、セルゲイ・ノヴォジーロフ氏の挨拶の後、

一般社団法人ユーラシア国際映画祭の増山麗奈代表、自身の監督映画「魂〜岩田守弘 卒業」を上映する監督で俳優の木下順介氏、日本シネマデイズ通訳コーディネイターのドミトリー・トカチェンコ氏の挨拶がありました。


「日本シネマデイズは今年3年目になり、アムールの秋映画祭の魅力の一つとなっている。来年も再来年もずっと続けてね。日本というと芸者と侍というイメージがありますが映画を見るとその時代の繊細なさまざまな感覚や風土がわかり、特に今は日本に行きたいけど行けないから、本当に嬉しい」と、アムールの秋映画祭現地代表のオルガ・スミルノバさんの挨拶がありました。


「この日本シネマデイズは、2017年から東京で行われたロシア映画祭in東京をお手伝いしたことからご縁が始まり2019年からアムールの秋映画祭で開催しています。日露のご縁は深まり今年は、合同映画』歳三の刀』の撮影も映画祭に合わせて行っています。パンデミックの中でも文化を通じて友情を深め、毎年果実が大きく実っていることに感謝します」と私、増山麗奈代表は語りました。


2日目は日本で撮影されたシンガポール映画「信念のメリーゴーランド」主演の女優、華ケ瀬喜子が、ロシア語での舞台挨拶を務めました。

3年目となる今年は、日本シネマデイズはある意味アムールのお馴染みレギュラー演目の一つとなりました。会場はほぼ満席。日本好きの観客の方がコスプレをして集まってくれていました。

上映はとても好評で、その日に来れなかった露日協会の方々にも上映を見せたいと、日本シネマデイズの露日協会との合同追加上映が決まりました。
また、毎年上映していた増山麗奈映画のファンクラブもできた、と伺いとても嬉しかったです。



追加上映の際に希望する監督さんの作品のアフレコバージョンを制作してみないか、とか、露日協会のマリアさんと相談もしてみたいと考えています。

貴重な作品を預けてくれた監督の皆様、作品を本企画を行ってくれたアムール政府、ロシア文化庁、アムールの秋映画祭実行委員、プログラムディレクターのアレキサンドラ・ジューコワ、テクニカルディレクターのアルトゥール・エバシュエンコさん、字幕翻訳を担当してくれた
金井 伸好さん、ANJIさん、樫本真奈美関西大学ロシア語教授、通訳者の坂上イリーナさん、作品選定にご協力いただいた株式会社プリネッツピクチャーズ、、「明日のSHOW」水谷匡宏プロデューサー、全ての関係者の皆様に感謝します。

【監督インタビュー】
● 「信念のメリーゴーランド」マーク・シュア監督ラムリー・シュエン監督 華ケ瀬喜子
https://youtu.be/--FX9evP2YY

● 「アイアンプレッジ」袴田くるみ監督 小原正至プロデューサー
https://youtu.be/XkdHrvRlNzo

● 「V tuber渚」GAZEBO監督
https://youtu.be/kNgF3WU6Xxg

 


【2021年日本シネマデイズ上映作品】

◯「Vtuber渚」監督 GAZEBO
”Виртуальный Ютюбер”
30мин
GAZEBO

◯「Iron pledge」アイアンプレッジ」袴田くるみ監督
”Душа Морихиро Ивана ”
Окончание Обучения в Большом
17мин

◯「Revolution Launderette 信念のメリーゴーランド」MARK CHUA  
  LAM LI SHUEN監督 (日本・シンガポール合作) 71min
”Революция в прачечной”
71мин
Лиз ли Сюзан, Марк Чуа

◯「WOMAN TRAIN 」 増山麗奈監督
“Женский иоезд”
6мин
Рена Масуяма

◯「BUGAKU 」  源光士郎2部作
“Бугаев“ 【武の美】
Минамото Кострома  川端健一 監督

“Цукимоно”  【憑き物】 
Косицука Мичиаки 腰塚光晃 監督

◯「RandomCall」 大神田リキ監督
”Слуайный Вызов ”
78мин”
Рики Оканда.

◯「魂 Tamashi Morihiro Iwata The Graduation」 木下順介監督
”Дзюнсукз Киносита
Желеный залог”
12мин
Куруми Хакамада

Report on the Japan Cinema Days

At the 19th Amur Autumn Film Festival organized by the government of Amur Region, Russia, the third Japanese film selection "Japanese Cinema Days" was held at a special venue of the public library in Blagoveshchensk, the capital of Amur Region, as a joint project of Eurasia International Film Festival and Amur Autumn Film Festival.

Japanese film screenings will be organized within the framework of the festival by the Eurasia International Film Festival, an official partner of the Amur Autumn Film Festival, starting in 2019, and this year will be the third time.
The following seven films were screened this year.

At the opening ceremony of the Japanese Cinema Days held on September 13 at the special venue of the Blagoveshchensk City Library, Sergei Novosyrov, the representative of the Amur Autumn Film Festival gave a speech, followed by Maria Sinelnikova, the representative of the Russian-Japanese Society in Blagoveshchensk, and Olga Smirnova, the local representative of the Amur Autumn Film Festival. Ms. Olga Smirnova, the local representative of the Amur Autumn Film Festival.

Greetings were given by Ms. Rena Masuyama, representative of the Eurasia International Film Festival, Mr. Junsuke Kinoshita, director and actor who will screen his film "Soul - Morihiro Iwata Graduation", and Mr. Dmitry Tkachenko, Interpretation Coordinator of Cinema Days Japan.

"The Japan Cinema Days began in 2017 when we assisted in the Russian Film Festival in Tokyo, and in 2019 we will be hosting the festival in Amur. The relationship between Japan and Russia has deepened, and this year we are shooting a joint film, "Tosa no Katana," in conjunction with the festival. We are grateful that even in the midst of a pandemic, we have been able to deepen our friendship through culture, and every year the fruits are bearing great fruit," said Rena Masuyama, our representative.
On the second day, actress Yoshiko Huakase, who starred in the Singaporean film "Merry-Go-Round of Belief," filmed in Japan, gave a speech in Russian.

Now in its third year, Japan Cinema Days has become one of Amour's regular and familiar performances. The venue was almost full. Japan-loving audience members gathered in cosplay.

The screening was so well received that we decided to have an additional joint screening with the Russo-Japanese Society of Japan Cinema Days to show the film to the Russo-Japanese Society members who could not come that day.
I was also very happy to hear that a fan club has been formed for the annual screening of Rena Masuyama's films.

I would also like to discuss with Maria of the Russian-Japanese Society if we could try to produce post-recorded versions of films by directors who wish to have additional screenings.

I would like to express my gratitude to all the directors who entrusted me with their precious films, the government of Amur for organizing this project, the Russian Agency for Culture, the executive committee of the Amur Autumn Film Festival, Aleksandra Zhukova, the program director, Artur Evashenko, the technical director, and the subtitle translator.
I would like to thank Nobuyoshi Kanai, ANJI, Manami Kashimoto, Professor of Russian at Kansai University, Irina Sakagami, the interpreter, Prinetz Pictures, Inc. for their help in selecting the film, producer Tadahiro Mizutani for "Tomorrow's Show," and all the people involved.

------------------------
映画「歳三の刀」帰国報告交流会 日野 
お申し込み↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/ft9xd 
【日時】2021年10月10日(日)13時~
【場所】日野新町交流センター 
【登壇】増山麗奈監督         

【参加費】5,000円 (ユーラシア会員割引 3500円) ロシアティ軽食付き 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

令和3年度栃木県文化活動等助成事業  

[栃木・新選組祭り~映像とトークの集い~] 

お申し込み↓ 

https://tochigi1016.eurasia-film.com 

【日時】 2021年10月16日 14時〜  

【参加費】 一般 1500円 中学生以上学生 1000円 

【場所】 栃木総合文化センター 

【出演】 刀匠・高野和也氏「刀剣の作り方とその魅力」  

 コスプレコンテストも開催! 

 増山麗奈監督  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

10月30日から11月2日 グランドニッコー台場にて 

増山麗奈 昇龍アート展示されます 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

最後までお読みいただきありがとうございました!