「皆さん、静かにしてください。それでは授業を初めます。」

( ・-・)


(はい、ユーファニ先生。)

ヾ(・◇・)


「なんですか、ファティック君?」

( *・ω・)ノ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

小学校で好きだった授業は?

 

▼本日限定!ブログスタンプ

 

あなたもスタンプをGETしよう


あなたもスタンプをGETしよう

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(今日は競馬の授業をやってください。)

( °∇^)ノ


「あなた達に競馬はまだ早いです。そんなのは大人になってからやりましょうね。」

(o´・∀・)o


(でも・・・。)

(・・、)


「どうしたんですか、ファティック君?」

(゜〇゜;)


(おいらの父ちゃん、いつも競馬で負けて家で酒呑んで暴れるんです。母ちゃんもおいらも殴られるんです。)

(´ノω;`)


「えっ?」

(;・∀・)


(でも、本当の父ちゃんは優しいんです。おいら、父ちゃんのこと大好きなんです。だから・・・おいらが父ちゃんに競馬を教えてやりたいんです。当たったら優しい父ちゃんに戻るはずなんです。)

o(;д;o)


「そうだったんですか・・・?今週末、『オークス』というレースが行われます。先生がファティック君の力になれるかどうかは分かりませんが、その『オークス』に的を絞った授業にしてみましょう。」

o(ゝω・´★)


「ありがとう、ユーファニ先生。」

(*T^T)


******************


「さて、今年もこの時期がやって参りました。」

(o≧▽゜)o





(ユーファニ先生・・・なんですか、これ?)

(゜.゜)


「【宝塚記念ファン投票】です。『宝塚記念』というレースに出走させたい馬を選んで投票するんです。どの馬を選ぶかはその人の自由なんですよ。」

ヘ(・o・Ξ・o・)ヘ


(へぇ~。)

(;゚∇゚)


「例年なら【宝塚記念ファン投票用紙】というのが、競馬場やWINSで配布されるんですが、今年はコロナの影響で競馬場もWINSも閉鎖されていますからこの【宝塚記念ファン投票用紙】はないみたいですね。」

(*゜ー゜)ゞ⌒


(ユーファニ先生、これ・・・『宝塚記念』じゃなくて『オークス』の授業でしたよね?)

( *´・ω)/


「ファティック君、慌てないでください。ちゃんと『オークス』に繋がりますから。」

ヾ(^^ヘ)


(そうなんですか?)

ヽ(・ω・ヽ)


「その為、今年はインターネット投票だけになるみたいです。では、実際にファティック君に投票してもらいましょうか?」

(゜∇^d)!!


(おいら、あんまり詳しくないんで適当に選んじゃいますけど・・・それでもいいですか?)

(o゜◇゜)ノ


「構いません。その前に・・・ファティック君、昨年の『オークス』の勝ち馬はなんていう馬かご存知ですか?」

(・∀・)b


(えっ?ちょっと待ってください、調べてみます。え~と・・・ラヴズオンリーユーという馬です。)

ヽ(゜ー゜)


「じゃあ、ラヴズオンリーユーを選択してもらっていいですか?」

o(゚∀゚o)


(えっ?でも、この馬に投票する気はないんですけど・・・。)

(*´・з・)


「実際に投票するしないはファティック君に任せます。取りあえず、ラヴズオンリーユーを選択してもらってもいいですか?」

(・◇・)


(ユーファニ先生がそこまで言うのなら・・・。先生、選択しました。)

(*・∀・)ノ





「ファティック君、ラヴズオンリーユーの馬番号ですが何番になっていますか?」

d(^∇゜*)


(えっ?【0575】となっていますけど・・・。)

(゜゜)


「それじゃあ、『オークス』は【正逆575番】の馬が狙い目となります。」

♪v(*'-^*)^☆


(ホントですか、ユーファニ先生?)

Σ(・∀・;)


「さぁ~?今年は【宝塚記念ファン投票用紙】の配布がないと言いましたね。これが一区切りとなってファン投票用紙からの瞬間的サインが終了のきっかけとされたとしてもおかしくはないのですが・・・仮に、今年も瞬間的サインが継続してくれるなら【正逆575番】の馬が狙い目となります。」

(艸ε≦●)♪


(先生、これ・・・父ちゃんに教えてもいいですか?)

!щ(゜▽゜щ)


「いいですよ。ファティック君のお父様の喜ぶ顔が見られるといいですね。」

((o(^∇^)o))


(【正逆575】・・・もし、正575も逆575もどちらもダメだった場合は・・・父ちゃん、ユーファニ先生の所に怒鳴り込みに行っちゃうと思いますけど・・・。)

( ̄∇ ̄;)


「そ、そうなんですか?」

ヾ(;゚;Д;゚;)ノ゙


(あれっ?ユーファニ先生、顔が青いですよ。どうしたんですか?)

(((*゜艸゜))