こんにちは。急に寒くなりましたね。

体調を崩さないよう、十分にお気をつけください。

 

さて、今回は大学の友人と話していたら完成した、ちょっとした脳トレゲームを紹介したいと思います。

かなり単純なゲームなので、多分私たちが初ということはないと思いますが…。

 

ルールは至って簡単、「ある曲のメロディに合わせて別の曲の歌詞を歌う」だけです。

例えば、以下の有名な童謡「どんぐりころころ」の歌詞を、“5時の鐘”でも有名な童謡「ゆうやけこやけ」のメロディに乗せて歌ってみてください。

どんぐりころころ どんぶりこ

お池にはまって さあ大変

どじょうが出てきて こんにちは

坊ちゃん一緒に 遊びましょう

…いかがでしたか?2行目からどんぐりころころのメロディに戻ってしまった方が多いのではないか、と思います。

 

他にも、めだかの学校、富士の山、うさぎと亀(もしもし亀よ亀さんよ...)、仰げば尊し、蛍の光、赤い靴、汽車(今は山中 今は浜...)、あの子はたあれ、荒城の月、ドリフの大爆笑OP曲(隣組の替え歌)、ドリフのズンドコ節(海軍小唄の替え歌)などのメロディでもできますので、是非挑戦してみてください。

 

できれば歌詞を見ないでやってみましょう。私たちが歌を覚えるときは大抵歌詞とメロディをセットで覚えているので、それらを単体で思い出すのは結構難しいんです(歌詞を忘れた時に直前のフレーズから口ずさむとすんなり思い出せるのも、歌詞とメロディをセットで記憶しているからですね)。

また、赤い靴や荒城の月、ドリフのズンドコ節などは、どんぐりころころの歌詞とのミスマッチ感がとても面白くて盛り上がりますよ(笑)

 

2つの曲の歌詞の文字数が似ていないといけないので選曲が難しいのですが、童謡は七五調を利用した比較的単純なフレーズの曲が多いのでこのゲームに向いていると思います。

他の曲の組み合わせでもできると思うので、面白い組み合わせを見つけたら是非教えてください!

 

ではでは。