「私、境界性パーソナリティー障害かも!」医師「普通です。」 | モラハラ・カサンドラ症候群の女性が脳科学と心理学で脱出する方法

モラハラ・カサンドラ症候群の女性が脳科学と心理学で脱出する方法

パートナーや家族のモラハラで悩む女性の多くはお金の支配を受け、毎日相手の顔色を伺う生活ですよね。そこから脱出するために脳科学と心理学を使い、お金の支配から脱出する方法をお伝えするブログです。


テーマ:



こんにちは。


脳科学×心理学で
モラハラ・カサンドラ症候群
脱出コンサルタント

田代裕貴です。


モラハラや金銭的支配
から脱出するための

メンタルの回復から
経済的自立の
アドバイスまでを
担当させて頂いて
おります。




起業家や経営者のご家族に
カサンドラ症候群の方が
多く、


家族、主にパートナーや親に
発達障害の可能性があって


家では時間があっても




な~んにもしてくれない



というお話をよく聞きます。



特に私達がカゼをひくなど
病気になっても


“看病する”どころか


な~んにもしてくれない

のです。


そこで、
フラストレーションがたまり
鬱になるか、
発狂するか

という状態になり


「私っておかしい?境界性パーソナリティー障害とか、何かの病気かも?」


と心療内科や精神科に行って


「あなたは普通です。」

と言われるのだそうです。



カサンドラ症候群で
発狂しそうなあなたのために
↓↓↓↓↓↓

 

 

 

LINE@はじめました!

お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

↓↓↓↓↓↓↓

LINEお友だち登録

またはこちら

 

  

 

 

プロフィールはコチラ

 

★お問合せはコチラ

 

 

 
友だち追加
 
 匿名電話で
ご相談できます
↓↓↓
 

モラハラ・カサンドラ症候群脱出コンサルタントさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス