(4)古代パワーでビーイングタッチの旅~河野修一さんとー滝めぐり(4) | 古代パワーあふれるケアンズより~ラジオDJじゅんのスピつぶ

古代パワーあふれるケアンズより~ラジオDJじゅんのスピつぶ

世界最古の熱帯雨林とサンゴ礁に囲まれた古代パワーあふれるケアンズ。その古代の魅力を、ケアンズFM日本語ラジオのDJじゅんがスピリチュアルにつぶやきます☆


テーマ:

ツアーのハイライトのひとつ聖なる滝めぐりになります。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

 

まずはミラミラの滝です。

 

この日のミラミラは快晴。

肌寒い陽気でしたが、若者たちは水に入り、

滝つぼに接近する人もいました((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

滝つぼ付近で泳ぐというのは、ちょっと抵抗がありましたが、

この日のミラミラの滝はウェルカムモード満点な感じがしました(大人だなー)

 

しかし、

さすがに滝に近づくと神聖な波動を強く感じました。

太陽の逆光で透ける水しぶきは美しさと畏敬の念が混ざった独特の風景です。

 

 

 

 

「いい滝ですね。みなさんが行きたくなるのもわかる気がします」と河野さん。

 

 

次はジリーの滝。

これは、上から見る滝なんです。下から見るのは、かなりの険しいところを歩かないと行けないところなんです。

自分が気に入ってるのは、滝が流れるその岩肌の感じ。まるで黒龍の様なのです。もしくはステゴザウルスの背中みたい。

 

 

 

 

「岩が恐竜の肌みたいでしたね。

それにしても、本当は下から眺めたかったです。

下から眺めた時のエネルギーを感じてみたかったですね」と河野さん。

 

 

 

最後はエリンジャーの滝。

今回の印象はいつもとちょっと違う感じでした。これは全体的に言えるかも印象でした。

どの滝もウェルカムモードでした。もちろん、エリンジャーは3つの中でも飛びぬけて神秘性が強かった印象です。

 

 

 

 

 

「ここは、宇宙的なエネルギーを感じました。

イーチャン湖とザ・クレターにも感じたものです。

異次元の入り口であり、終わりであるような。

現実の世界のロジックではないような・・・」と河野さん。

 

 

 

 

3つの滝をめぐって改めて思ったのは、水の流れというのは「学びの宝庫」だということです。

それは般若心経の「空」であったり、老子の「道」であったり。

 

それは太古の自然であるテーブルランドが、その本質を強めている気がしています。

 

 

 

そして・・・

さらに古代パワーあふれる場所へと旅は続きます。

 

 

 

 

(5)につづく

 

 

☆「般若心経のことだまのお茶会」のメルマガはじめました。メルマガの登録はページ左上のフォームか、コチラよりお願いいたします。

 

 

↓よろしかったらクリックぷりーず

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

ケアンズじゅんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.